★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

最強のふたり

2012年09月01日 | ★★★★+(4.5/5)

【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、トマ・ソリヴェレ、シリル・マンディ、ドロテ・ブリエール・メリット

さぁ、人生に繰り出そう。

不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップは、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリスは生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいく... (シネマトゥディより)

車椅子で生活している大富豪のフィリップと介護者として雇われた黒人青年ドリスとの友情を育んでいく姿を描いた実話をもとにしたヒューマン・コメディ。
監督は長編4作目となるエリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ。

確かにフィリップとドリスは最強のコンビだ。そしてフランソワ・クリュゼとオマール・シーの演技も最強!! 監督と脚本もコンビで最強ふたりづくしの作品でしたー。
予告編からすでに感動してたんだけど、期待を裏切らない感動、そして笑いありでした!!
フランス映画だけどちょっとアメリカよりの感じでしたね。そしたら...ハリウッドでリメイク決定してるとか....。

実話をもとにしていて障害者と介護者のお話なのにこんなに笑えるとはビックリ。全く感動の押し売りをしていないのに最後にはしっかり感動してしまいました。主演のお二人はお初だけど、この二人以外は考えられないのでは?と思うほどハマリ役でしたね。

フィリップからすれば義務的で腫れ物に触るような接し方をされるよりも、ドリスのような口が悪くて障害者を障害者とは思わないような言動や接し方をしちゃうような人のほうがありがたいでしょうね。ドリスからしてみればいつもと変わらない自分なだけなんですけどね。

時には二人で賭けをしてパトカーに追いかけられたり、大空を飛んでみたり、気持ちよくなるお店に連れて行ってもらったり、マリファナ?を吸わせてもらったりと全く障害者と健常者の区別なく楽しんでる様子が観ていてこちらも楽しくなりました。いくらフィリップの足に感覚がないからといってお湯をかけちゃうのはびっくりしたけど...。
でも....あの鼻血ブー(和訳ナイス)な絵の良さは全くわからない。まだドリスが描いた絵のほうがマシだったような??? お金持ちの人の趣味はわかりませぬなー。

音楽のセンスが良かったですね。インストもすごく好みで良かったけれど、アース・ウインド&ファイアーの♪September等やクラシックの名曲もナイスな選曲でしたね。アース~の曲に合せて踊りだすドリスに周りの人たちも踊り出すというシーンが良かった♪

どこまでが実話でどこまでが脚色されてるのかはわからないけれど、二人の絆は最強だったというのがとても伝わってきました。ラストに映るご本人たちからも伝わってきましたよ。

ラストのレストランでのドリスの粋な計らいには泣けたよーもう!!

★★★★.7


よろしければポチッとお願いします♪

 

最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]
フランソワ・クリュゼ,オマール・シー,オドレイ・フルーロ,アンヌ・ル・ニ
アミューズソフトエンタテインメント



最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]
フランソワ・クリュゼ,オマール・シー,アンヌ・ル・ニ,オドレイ・フルーロ,クロティルド・モレ
アミューズソフトエンタテインメント

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (32)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超能力者 | トップ | 踊る大捜査線 THE LAST TV サ... »

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすがyukarin (ノルウェーまだ^む)
2012-09-02 00:26:24
yukarinさん☆
さすが上手い事言う!
そうなの、感動の押し売りをしていないのに、しっかり感動させてくれるところが、この映画のいいところよね。
テーマは重たいのにしめっぽくないところもいいわ☆
ドリスのような、心から相手のことを思ってする介護が自分にできるのか・・・いろいろ勉強になりました。
ドンパチないのに (まっつぁんこ)
2012-09-02 03:07:21
感動しちゃいましたか?(笑)
たしかにE.W.FのBoogieWonderlandのシーンは良かったですね。
こんにちは。 (BROOK)
2012-09-02 13:48:30
冒頭がラストに上手く繋がって行く展開がかなり良かったです。

ラストで見事なまでのハッピーエンド…
ドリスの計らいが素晴らしかった!
Unknown (mig)
2012-09-02 14:15:15
良かったよね~★
これはほんとお気に入り。
黒人青年にかえたとこが映画らしいしよい脚本になったけど実話通りだったらフツウというか、、、
フランス映画ってよりハリウッドっぽいから
あちらでリメイクしたがるのもわかるけど
リメイクすんなーって感じよね 
黒人青年は人気の若手黒人にやらせるとか
障害者のおじさんがコリンファースとかウワサ
やめてくれーー
あれっ? (ひろちゃん)
2012-09-02 14:51:10
ごめんね(^_^;)昨日コメ入れたつもりがσ(^◇^;)
yukarinちゃんも予告編から感動?私も~♪
あれだけ予告編で期待させられましたが、期待を裏切らない作品でしたよね(^_-)-☆
驚いたのは実話に基づいているのに、障害者を扱っているお話なのに、かなり笑ったことかな。
予告編以上に笑えたって凄いですよね(^_^;)

私も二人とも初めて観る俳優さんでしたが、最強で最高の二人だったと思います^^
それから音楽がいいよね~♪
アース~は大好きだから、セプテンバー、ブギーワンダーランドにノリノリでした!

久しぶりに(笑)yukarinちゃんと評価が同じで嬉しいな♪
こんにちは (dai)
2012-09-02 15:06:00
自然に感動したという表現が合うような、
非常によく出来た作品でしたね。

音楽も良かったですよね☆
Unknown (えふ)
2012-09-02 17:53:39
まじで鼻血ブーの絵画を買うとはね・・・
金持ちのセンスはわかりませんなー(苦笑

ラストは急に熱いものがこみあげてきちゃったね!
いい映画でしたね。。。 (小米花)
2012-09-02 20:45:02
今晩は~。

本当に楽しくて、温かくて、笑って、ウルウルで、、、。

冒頭のカーチェイス、高揚感が高鳴りました(笑)。
時間が戻ってお話しが始まるって、私は好きなパターンなんですよぉ。

最後のドリスのはからい、素敵でした。ドリス君、成長したね~っておば(ぁ)さんは泣けました(笑)。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2012-09-03 12:52:03
最初は泣くのを覚悟してたのにあれあれ笑いが....
でも最後にはうるうるきちゃいました。
いやらしさがない感動作でしたね。

介護に関しても勉強になりましたね。
ドリスを見習わなきゃですね!
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2012-09-03 14:54:49
ドンパチしか興味ないわけではないです(笑)
BROOKさんへ (yukarin)
2012-09-03 14:59:49
冒頭のシーンの使い方がうまいですよね。
何があるの?と思わせてそういうことか~と。
その先がまた良かったですね。
ドリスやるなぁ~♪
migさんへ (yukarin)
2012-09-03 15:07:18
実話をどう描くかで面白さも変わると思うけど、黒人という所がまた良かったのかもね。
あとハリウッドぽい所も観やすかったから、リメイクもやりやすそうだけどコレ観てるしなぁ。

>コリンファースとか
そうなんだ...でも相手との相性が良くないとダメになりそう。というかリメイクはいらないような...
ひろちゃんへ (yukarin)
2012-09-03 15:26:51
一緒♪一緒♪
予告で何度も見てて期待しちゃったのにそれを裏切らない内容で素晴らしいですね。
いっぱい笑えたしハッピーエンドだしで素敵な作品でしたよね。
音楽の選曲もいいですよね~誰でも知ってる曲だしノリが良いし♪
久しぶりにひろちゃんと同じ評価でうれしいでーす!
daiさんへ (yukarin)
2012-09-03 15:54:10
そうですね~自然に感動したというのがぴったりの作品でした。
音楽も素敵でしたね♪
えふさんへ (yukarin)
2012-09-03 15:56:44
どうみても鼻血ブーだよねー(笑)
くれると言われてもちょっと...
ラストはやられた~という感じでした。
小米花さんへ (yukarin)
2012-09-03 16:07:44
良かったですね~温かくて素敵な作品でした。
最後のドリスの計らいには自然に泣けてしましたね。

>時間が戻ってお話しが始まるって、私は好きなパターンなんですよぉ。
私も好きです!!なんかわくわくしますよね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-09-03 21:57:56
『50/50』の時と同じで、こういう腫れ物扱いをしないヤツが一番いいヤツなんですよね。
ドリスは本当にいいヤツなんだと思います。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-09-04 12:59:54
こんにちは♪
ドリスは本当にいい人ですよね。
こういう人がいるから周りも明るくなるんですよね。
『50/50』もそうでしたもんね!
こんばんは。 (オリーブリー)
2012-09-05 22:34:47
あの画はまさに鼻血ブーでした(誰かの漫画みたい?笑)
イチイチ的確な笑いを誘い、ドリスの憎めないキャラと押し付けない優しさが良かったわ。
久々、温かな気持ちになれました。
オリーブリーさんへ (yukarin)
2012-09-06 12:56:00
こんにちは♪
お金持ちの好みはわかりませんね^^;
ドリスのキャラがとっても良くて最後まで優しい気持ちで観られましたね。
気持ちは伝えて (q  本音で対等)
2012-09-07 22:12:07
そりゃー知らない世界を知ったら
「ぎょぇぇぇぇぇぇっっっ」とか
「セックスの処理は!??!」とか
「耳モミモミ」とか
色々とある
でも実は それがポイント高い
行動が制限っていう辛さより
気持ちが伝わらないほうが辛いもの
Earth,Wind & Fireの
意味がまた上手くシンクロしたー

くそーっ!いいぞーーーーっっっ!

qちゃんへ (yukarin)
2012-09-10 12:54:02
うん、気持ちが伝わらないのはつらいよね。
Earth,Wind & Fireの曲がまたいい。
素敵な作品だったな。
今晩は☆彡 (mezzotint)
2012-09-11 18:00:32
yukarinさん

お邪魔するのが遅くなりました!
そうなんです。過剰な期待で観たもので、、、。
号泣ものなのではと思ったらちょいと違いました。
でもなかなか感動的なお話でした。
ドリスが自然体でフィリップに接する姿は良いですよね。
是非福祉関係の方に観て頂きたい作品です。
私もドリスから教えてもらったなあ。
mezzotintさんへ (yukarin)
2012-09-12 13:00:35
こんにちは♪
私も泣けるものかなーと思ってたのですが、
意外に笑いが多くって...でも感動的なお話ではありましたね。
ほんと福祉関係の方に観てほしい作品ですよね!
ドリスをみらなわなきゃーと思いました。
こんにちは (maki)
2013-03-22 09:39:35
障害というどうしても暗くなってしまうため描写しづらい部分も、上手い事ユーモアとあたたかみに変えてしまう上手い作品でしたね
とっても素敵だ~~~と思って見終わりました
ラストで結局ドリスはやめちゃうけれど、無敵の友情は続いているというのがまたいいですね
こんにちは♪ (yukarin)
2013-03-22 12:43:56
とても明るくて素敵な作品でしたね。
普通ならそんなことしていいの?と思うシーンでも笑ってしまいました。
素晴らしい出会いですよね。
ラストでやめちゃっても友情は続くという所がいいですよね。
こんばんは! (ヒロ之)
2013-03-25 01:31:35
号泣って程じゃなかったですけど、後半にかけてじわじわと感動が来る作品でした。
障害者を扱った作品なのでもっと内容的に重いのかと思っていましたが、からっと明るくなっていて凄く見やすかったです。
とても素敵な作品でした。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2013-03-30 00:05:05
こんばんは♪
そうですね、じわじわ感動してくる感じですね。
障害者ものとなるとつい重いのかなと思ってしまいますが、クスッとするシーンもあって良かったですよね。
Unknown (ふじき78)
2013-06-22 05:32:10
ひどいこと言っちゃうと、いい話になったのは奥さんが死んでたからだな。奥さんが生きてたらどう想像してもいい話にならない。

リメイクねえ。
物が物だけに「日本版も作ろう」と言いだす人がいないだけいいか。
ふじき78さんへ (yukarin)
2013-06-24 12:53:08
奥さんがいたらまた違ってたかもしれませんね。
リメイクしなくても、こういういいお話は別にあると思うんですけどねー
1+1=∞ (iina)
2015-09-17 08:22:09
>実話をもとにしていて障害者と介護者のお話なのにこんなに笑えるとはビックリ。
難しくなりそうな話題を、よくこれほどに笑えるヒューマン・コメディに仕上げたものです。^^

>二人の絆は最強だったというのがとても伝わってきました。
それもそのはずです。1+1が2にならず、それ以上の力を発揮するのは、ふたりの仲がお互いを高め合ったからだと思います。

iinaさんへ (yukarin)
2015-09-20 23:28:34
笑えても嫌みがないのがいいですよね。
本当に最強のふたりでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『最強のふたり』試写 (Nice One!! @goo)
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ....
【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ....
「最強のふたり」 (或る日の出来事)
よい話ではある。
最強のふたり (あーうぃ だにぇっと)
最強のふたり@シネマート六本木
最強のふたり (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情もたまには良いもんだ。
心は自由。『最強のふたり』 (水曜日のシネマ日記)
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
最強のふたり (風に吹かれて)
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
最強のふたり / Intouchables (Untouchable) (勝手に映画評)
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。....
★最強のふたり(2011)★ (Cinema Collection 2)
INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12 【解説】 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン....
最強のふたり (Memoirs_of_dai)
“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
『最強のふたり』 (ラムの大通り)
(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電動車椅子に乗っている白人と それを介助している黒人。 このふたりに“最強”とい...
最強のふたり (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ
最強のふたり (心のままに映画の風景)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採...
最強のふたり ---試写会--- (こんな映画見ました~)
『最強のふたり』 ---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首...
『最強のふたり』 (こねたみっくす)
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。 実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ...
最強のふたり (to Heart)
さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ 車い....
最強のふたり・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も異なる二人は、何時しかお...
おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』 (Healing )
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも) をW受賞。 ハリウッドリ...
最強のふたり (Said the one winning)
主演の2人も揃って最優秀男優賞を獲った、まさに“最強のふたり”パリで暮らす富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)ハングライダーの事故で頸椎損傷となり、首から下を動かすことが出来なく車椅子の生活が長く続いている。この日住み込みの介護...
『最強のふたり』 2012年8月28日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『最強のふたり』 を試写会で鑑賞しました。 大分待たされた挙句、20分押しで時間掛り過ぎたプレミア試写会でした おかげでエンドロール見ずに途中退場を余儀なくされてしまった 【ストーリー】  不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フ...
~『最強のふたり』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、グレゴア・オスターマン出演。
『最強のふたり』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
映画「最強のふたり」 (FREE TIME)
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。
最強のふたり(2011)☆★INTOUCHABLES (銅版画制作の日々)
さぁ、人生に繰り出そう。 好き度:+5点=85点 大きな期待を胸に抱き、、、。ちょっとたいそうですが。早速鑑賞して来ました。東宝シネマズ二条にて・・・・。 てっきり大感動ものでお涙ちょうだいのようなものを期待していた私、ちょいと肩透しを喰らってしまいま....
無敵~『最強のふたり』 (真紅のthinkingdays)
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...
最強のふたり (Akira's VOICE)
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  
最強のふたり (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月15日(土) 19:25~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『最強のふたり』公式サイト フリーパスポート8本目。 もっと押し付けがましいのかと思っていたが、あっさり爽やかだった。 予告編での雪合戦での「投げ返してこいよ!」と、「これ...
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた~(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
最強の友情 (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...
最強のふたり/フランソワ・クリュゼ (カノンな日々)
フランスをはじめ世界各国で大ヒットを記録したという実話に基づいて描かれた感動のヒューマンドラマです。感動するかどうかは実際に観てみなければわからないことですけど、私は ...
最強のふたり (佐藤秀の徒然幻視録)
有無を言わせる暇もない明るさ 公式サイト。フランス映画、原題:Intouchables、英題:Untouchable。エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー ...
映画レビュー「最強のふたり」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
◆プチレビュー◆車椅子の大富豪と貧しい黒人青年の友情物語「最強のふたり」。実話をベースにした笑って泣ける愛すべき佳作だ。 【70点】 事故で全身麻痺になった大富豪フィリ ...
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
心から笑うこと 「最強のふたり」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
首から下が麻痺してしまった富豪フィリップの介護役に応募してきた黒人青年ドリス。ドリスは失業手当が目当てなので遠慮も礼儀も障害者への配慮もない。が、数多いた応募者の中でフィリップが気に入ったのはドリスだった。 監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ...
最強のふたり      評価★★★★★ (パピとママ映画のblog)
昨年の東京国際映画祭でグランプリと主演男優賞に輝いた、実話をベースにしたドラマ。揃って男優賞を受けた「PARIS」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シーの主演で、他には「ぼくの大切なともだち」のアンヌ・ル・ニ、「屋根裏部屋のマリアたち」...
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...
映画「最強のふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「最強のふたり」観に行ってきました。頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから...
最強のふたり (にきログ)
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あらすじ 不慮の事故で全身...
最強のふたり (悠雅的生活)
先導。ウザい詩。Earth, Wind & Fire。
最強のふたり (だらだら無気力ブログ!)
とっても良い映画だった。
最強のふたり (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「わ~観れたの~ね?ね?あぁそうだよそうだねと腑に落ちた感あ
No.332 最強のふたり (気ままな映画生活)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...
映画『最強のふたり』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマー...
最強のふたり (いやいやえん)
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうで...
最強のふたり (銀幕大帝α)
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ....
「最強のふたり」 (首都クロム)
 生き方・好み・経歴…どこにも共通項がなさそうで、人生ごと全く別々でも、不思議と馬が合う彼らのような出会いがとても愛おしく感じられました。爽やかで、豪快で、少しも飾らなくて、素直。とても気持ちがいい。パンフにあった“親切は素早く盛れ”という言葉が印象的...
『最強のふたり』『恋のロンドン狂想曲』をギンレイホールで観て、手堅いなやふじき★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
『最強のふたり』 五つ星評価で【★★★まあ、ちゃんとしてるよね】 なかなか縁がなかったのだが、 ギンレイホールが掛けてくれてやっと見れた。 確か公開中にツイッターで ...
1+1 (もののはじめblog)
こんな映画が創られた。 このふたりは 車椅子の大富豪とその介護者 人は相互に欠点を補いあえる 『 1+1=∞ 』 にも なり得る 本当のタイトルは「最強のふたり」