★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ローマ法王の休日

2013年03月13日 | ★★★(3/5)

【HABEMUS PAPAM】 2012/07/21公開 イタリア 105分
監督:ナンニ・モレッティ
出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ、マルゲリータ・ブイ

神さま、
なせ、
私なんですか?

[Story]
ある日、ローマ法王が逝去した。システィーナ礼拝堂には各国の枢機卿が集結し、次期法王を決める選挙“コンクラーヴェ”が開催されることに。投票は新法王が決まるまで何度でも繰り返される。誰もが法王という重責に尻込みし、本命視されていた枢機卿たちも規定の票数を獲得するには至らず、時間ばかりが過ぎていく。そんな中、天の配剤か運命の悪戯か、まったく予想されていなかった無名の枢機卿メルヴィルが不意に新法王に決定してしまう...


ローマ法王が逝去され新法王に選ばれたメルヴィルが、あまりのプレッシャーのために逃亡してしまうというヒューマン・コメディ。監督は『親愛なる日記』『息子の部屋』のナンニ・モレッティ。主演は『昼顔』『美しき諍い女』のミシェル・ピッコリ。

『ローマ法王の休日』でコメディというので『ローマの休日』の男女逆転バージョンな面白い作品かと思ってました。そしたら....笑えるようで笑えないちょっとイタイ内容でした、、、。申し訳ないが途中睡魔に襲われました、、、。まぁある意味ローマ法王の休日ではあるんですがね。

ローマ法王だって普通の人間です。そりゃプレッシャーはありますよねぇ。しかし逃げ出すなんて....びっくり。それに根比べ....いやコンクラーヴェ(教皇選挙)で枢機卿たちが皆“私が選ばれませんように...”と祈ってるのがおかしかったです。あと煙の色がわかりづらい....笑えたのはそのくらいですかねぇ。この仕組はトム・ハンクス主演の『天使と悪魔』で勉強済みだったのが良かった。

新法王に選ばれたメルヴィルが私は法王の器じゃないと逃げだし、街の中で人々との出会いによって自分の立場を見つめ直しそしてがんばります!という話なのかと思ってたら...予想もしないラストにびっくりでした。
メルヴィルが街の人たちと世間話をしたり、劇を楽しんだりと一般世間の人たちの様子を知る法王様っていいなーと思ってたんですがね。これヴァチカンからクレームはなかったんでしょうか、、、。

メルヴィルを演じたミシェル・ピッコリさんがかわいいおじいちゃんでしたわー。
それとちょっとヨハネ・パウロ2世を思い出しました。 ←好み


現実にベネディクト16世は2月28日午後8時(日本時間3月1日午前4時)に退位されました。てっきり逝去されないと交代しないもんだと思ってたんですが退位はアリなんですね。しかも600年ぶりだそう。そして今、コンクラーヴェが行われているというタイムリーさ。新法王が決まった時、この作品を思い出してドキドキしそうー。 ←んなことないだろう

★★★.2

追記(03/14):13日夜(日本時間14日未明)に新法王フランシスコ1世が決まりましたね。最初、煙がグレっぽかったとかで、みなさんどっちだよ!とツッコミ入れてたんだろうなと思うとクスクス。お顔は....まぁまぁでした(笑)

ローマ法王の休日 [DVD]
ナンニ・モレッティ,ミシェル・ピッコリ,イエルジー・スチュエル,レナート・スカルパ,マルゲリータ・ブイ
Happinet(SB)(D)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コロンビアーナ | トップ | エイリアン バスターズ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中途半端 (まっつぁんこ)
2013-03-13 11:29:07
コメディーに徹すればもっと面白い作品になったのに残念。
タイトルは「ローマ法王の逃亡失敗」とかにして(笑)
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2013-03-14 12:47:51
そうですね、逃げ出すお話でここまでやるなら面白くしちゃったほうが良かったですよね。
設定は面白いのに~ちょっと残念でした。
こんにちは (maki)
2013-03-18 09:44:48
設定も面白いしコメディ向きかとも思うのですが、
このラストに衝撃を受けて深く心に残るものがありました
重圧と責任、それも全世界に向けてのあの言葉は
率直で、それでいて人間の弱さもあらわれているものでしたね
法王も神ではない。自分のために祈って下さいという姿は悲哀さもあり素晴らしくも見えました

ただ、ほんとにコミカルにして、最後には一般の人々の姿を知り自分をみつめなおす事によって、法王になる決意をするという前向きな作品でも良かったようにも思います(てか、そういう話かとおもってた)

それにしても下馬評にものってなかった彼が選ばれたのって、絶対裏工作ですよね^;
そんなに嫌か、法王は(笑)
makiさんへ (yukarin)
2013-03-20 22:56:59
こんばんは♪
私もラストは前向きな話だと思ってたので驚きました。
もうちょっとコミカルに作られてても良かったかなと思いましたね。

>絶対裏工作ですよね^;
そう思っちゃいますよねぇ。
そういえば実際も本命がいないと言われてたとかでまさか...(笑)タイミングが合った鑑賞だったのでいろいろ想像しちゃいました(汗)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ローマ法王の休日 (あーうぃ だにぇっと)
ローマ法王の休日@シネマート六本木
ローマ法王の休日 (佐藤秀の徒然幻視録)
ローマ法王のスピーチ 公式サイト。イタリア映画、原題のHabemus Papamは新法王が決まった時に発表されるラテン語の決まり文句らしい。英題:We Have a Pope。ナンニ・モレッティ監督・出演 ...
ローマ法王の休日 (試写会) (風に吹かれて)
神の思し召しじゃないの?公式サイト http://romahouou.gaga.ne.jp7月21日公開監督・脚本: ナンニ・モレッティ  「息子の部屋」ローマ法王が逝去し、次の法王を決めるコンクラー
『ローマ法王の休日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ローマ法王の休日」□監督・脚本 ナンニ・モレッティ□キャスト ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ■鑑賞日 8月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満...
【ローマ法王の休日】法皇だって人間だ (映画@見取り八段)
ローマ法王の休日~ HABEMUS PAPAM ~    監督: ナンニ・モレッティ    出演: ナンニ・モレッティ、ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、マルゲリータ・ブイ 公開: 2012年7月21日 2013年2月26日。DVD観賞。 え~…フィクション...
ローマ法王の休日 (そーれりぽーと)
軽くてほのぼのとしたタッチのコメディーのように思える劇場予告編で楽しみにしていた『ローマ法王の休日』を観てきました。 ★ 予告編作った人が恨めしい程に、予告編から受けた印象とは違う、新法王の苦悩と翻弄される周囲を描いた重苦しい映画でした。 正確に書くと...
ローマ法王の休日 (映画感想メモ)
選ばないで。神様、絶対に私だけは選ばないで! いい加減あらすじ 新しい法王を決め
『ローマ法王の休日』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
法王逝去に伴い行われたコンクラーヴェでは、何人かの有力候補者に票は集まるものの、なかなか一人に絞り込まれない。だが何度目かの投票の際にようやく新法王が決まるのだが、それは下馬評にも上らないような人物だった。そして当の本人はあまりのプレッシャーに押しつぶ...
ローマ法王の休日 (だらだら無気力ブログ!)
ちょっと邦題に騙されたかな。
ローマ法王の休日 (悠雅的生活)
就任会見。保育障害。かもめ。
「ローマ法王の休日 」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Habemus Papam」…aka「We Have a Pope」2011 イタリア/フランス ローマ法王/メルヴィルに「昼顔/1967」「美しい諍い女/1991」「ランジェ公爵夫人/2007」のミシェル・ピッコリ。 ヴァティカン報道官に「「カイマーノ/2006」のイエルジー・スチュエル。 グレ...
『ローマ法王の休日』 映画が楽しめない、という人に (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ローマ法王は、かつてローマ帝国の首都だったローマの司教である。  数あるキリスト教の教会の中でも、ローマ・カトリック教会はもっとも信徒が多く、その数は11億人以上と云われる...
ローマ法王の休日 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月31日(火) 20:00~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:0円(フリーパスポート) 『ローマ法王の休日』公式サイト フリーパスポート21本目。 そのタイトルと予告編から「英国王のスピーチ」のような笑いありの感動作と勝手に推定。 ところが、重苦しく話が...
「ローマ法王の休日」 法王の結論 (はらやんの映画徒然草)
ローマ法王が亡くなった後に、次の法王を枢機卿たちが選ぶ会議のことを「コンクラーベ
ローマ法王の休日 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ローマ法王の休日/HABEMUS PAPAM 2011年/イタリア/105分 監督: ナンニ・モレッティ 出演: ミシェル・ピッコリ/イエルジー・スチュエル/レナート・スカルパ/ナン...
『ローマ法王の休日』 (ラムの大通り)
(原題:Habemus Papam) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画のタイトルって、 奇をてらいすぎてニャい。 あの有名な映画をパクってる。 「一見、そう見える...
映画『ローマ法王の休日』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-64.ローマ法王の休日■原題:Habemus Papam■製作年・国:2011年、イタリア・フランス■上映時間:105分■字幕:岡本太郎■観賞日:8月4日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本・精神科医:ナンニ・モレッティ□脚本:フランシェスコ・ピッコロ、フェデリカ...
ローマ法王の休日 (いやいやえん)
「神様、一生のお願いです。どうか私が選ばれませんように―。」コンクラーヴェ(ヴァチカンで開催される法王選挙)において、システィーナ礼拝堂に集められた各国の枢機卿たちは、全員が必死にそう祈っていた…!(笑) 聖職に身を置いて目指す最終地位といえば法王...
ローマ法王の休日 (こんな映画見ました~)
『ローマ法王の休日』---HABEMUS PAPAM---2011年(イタリア)監督:ナンニ・モレッティ出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、ナンニ・モレッティマルゲリータ・ブイ ある日、ローマ法王が逝去した。 システィーナ礼拝堂には各国の枢機卿が集結....
ローマ法王の休日 (映画の話でコーヒーブレイク)
チラシを見て面白そうなので、早速映画館に行ってきました こんな映画作っちゃっていいんですかね? バチカンからクレームはこないんでしょうか?  次期法王や枢機卿(カーディナル)たち。ローマカトリック教会の頂点に立つ方々なのに・・・。 何だかカワイイおじいちゃ...