★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ダイアナ

2013年10月20日 | ★★★+(3.5/5)

【DIANA】 2013/10/18公開 イギリス 113分
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェームズ、キャス・アンヴァー

[Story]
1995年、ダイアナが夫のチャールズ皇太子と別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。ある日、彼女の良き友であり、治療師でもあるウーナの夫が倒れたと連絡が入り、ダイアナは急いで病院に駆け付ける。そこで彼女は、優秀な心臓外科医ハスナットと出会い...


36歳の若さでこの世を去ったダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポットをあて、知られざる最後の恋を描いたドラマ。監督は『es [エス]』『ヒトラー 〜最期の12日間〜』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。

忘れもしない日曜日のお昼過ぎのニュース速報。とても素敵な方だなと思ってたから亡くなったと知った時は本当に悲しかったし衝撃的な出来事でした...。

もちろん字幕版で観てきました。めずらしく吹替版よりも字幕版のほうが上映回数が多かった。やはり実在の人物を映画化ですから本人になりきったナオミ・ワッツの声で観たいですもんね。吹替版の米倉涼子さんはどうだったのだろう...。

パパラッチに追われて精神的にも辛かったダイアナさんを思うと、亡くなってからもこうやって最後の恋とかでプライベートを描かれるのはかわいそうに思ってしまいます。それにハスナット・カーン氏も今頃になってまた話題にされるし、ドディ・アルファイド氏の家族もね....。どうやらイギリスでは酷評だとか(汗)

タイトルが“ダイアナ”だからもっと内面に迫ったお話なのかと思ったんですが、私たちがマスコミから知った情報の詳細が描かれているという感じでした。
ナオミ・ワッツは見た目は似てないけど、細かい仕草や雰囲気などは似てると思ったし、観ていくうちにダイアナさんに思えてきました。あの上目遣いは似てる。

ひとりの女性として描かれてますが、これはどこまでが真実でどこまでが色づけされてるのでしょう。いずれにしても孤独だったんだなと、そんな中でハスナットみたいに普通の女性として接してくれたら好きになっちゃうよなぁ。金持ちかと思ったら思ってた以上に庶民的な人だった、、、。

ハスナットとの恋愛がメインで描かれてたのでこちらが本物の恋として受け取れるのですが、そうするとドディの扱いがひどいわー。実際の所、ドディへの愛情はどうだったんだろう。あのクルーズの写真とかは記憶にあるけど、それは彼女から......ってホント???これホントだったらドディがかわいそう〜。

全体的にさらりと描かれている感じで感動ものではなかったですね。それにダイアナさんのイメージもだいぶ違ってとれてしまう。すでに亡くなってるしプライベートはもうそっとしてあげたい。

★★★.7 (ナオミ・ワッツの頑張りにおまけ)

 

ダイアナ [Blu-ray]
ナオミ・ワッツ,ナヴィーン・アンド・リュース,ダグラス・ホッジ,ジェラルディン・ジェームズ,キャス・アンヴァー
Happinet(SB)(D)

 

ダイアナ [Blu-ray]
ナオミ・ワッツ,ナヴィーン・アンド・リュース,ダグラス・ホッジ,ジェラルディン・ジェームズ,キャス・アンヴァー
Happinet(SB)(D)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴースト・エージェント/R.I.P.D. | トップ | 最高のふたり »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひとりの女性として… (BROOK)
2013-10-20 06:06:41
知らなかった真実を知ることで、ダイアナの秘密を無理やり見てしまった感じがしますね…。
どこまでが真実なのか分かりませんが、亡くなってもなおこういった作品でこういう風に描かれてしまうのは、ちょっと可哀相でもあり…。
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-10-20 13:47:11
ダイアナさんにとって最後まで自分を売らなかった人間がハスナット氏だけだったとか。

プリンセスとしてのイメージしかなかったダイアナさんも一人の女性。だからこそ幸せになって欲しかったという感想が残りましたよ。

それにしても外国人目線で描くと、どんな王族も一人の人間としてじっくり見れますね。
こんにちは (たいむ)
2013-10-20 16:39:43
そうそう、もっと内面深く切り込んだダイアナ寄りの作品かと思ってましたが、さらなるスキャンダルの真相と裏話を見せられた気分でした。

私は人気の高い”プリンセス”という雲の上の人のままでいいんじゃない?って思いました。
Unknown (はるみん)
2013-10-20 17:21:31
エレベーターのシーンはこれから彼女に起こることが分かってるので、とても切なくなりましたが、全体的には感動というより、週刊誌ネタ的になってるような気がして。知ってしまってよかったのかなと思いました。(^^;
ちょっと意外 (ノルウェーまだ〜む)
2013-10-20 19:09:01
yukarinさん☆
この手の映画もご覧になるのねー
ちょっと意外な気もするわ☆
この映画を観ようかどうか迷っていたけど・・・

ダイアナが本当に愛したのはハスナット氏だったとすると、ハロッズのB1にある大きくゴージャスな「ダイアナ&ドディ」のモニュメントがよけい虚しく見えるne・・・
Unknown (えふ)
2013-10-20 19:24:12
字幕のほうが多かったですんかー!?
こっちは吹替えがメインでしたわ。
米倉の・・・ちょっと太い声質がイメージとは違いましたが、、、
それほどブーインングせずに見れましたが(苦笑
作品自体が、イメージと違って、
亡くなる数年前〜ってことで・・・
なんかパパラッチに追われて・・・
孤独なダイアナを見て・・・
暗くなりましたわ。。。
BROOKさんへ (yukarin)
2013-10-20 20:36:25
こんばんは♪
なんか...恋愛事情まで知ってしまって申し訳ないような気もしました。
どこまで真実なんでしょうかね。
もうそっとしてあげたいように思いました。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2013-10-20 20:39:52
こんばんは♪
ハスナットさんと結ばれて幸せになって欲しかったと思いますね。
それだけに切なかったです。
たいむさんへ (yukarin)
2013-10-20 20:53:02
こんばんは♪
ここまで恋愛がしめているとは思いませんでした^^;
この作品はひとりの女性として描きたかったんでしょうね。

>雲の上の人のままでいいんじゃない?って思いました
私もそう思いますね。そういう方面での「ダイアナ」もみたかなったかな?
男は当て馬に?! (q テレビドラマのノリ)
2013-10-20 22:40:01
節操のある無しは別にして(スキャンダルの多々)
凄いのは「親友の夫が危険な状態にある病室」
で、たまたま出会ったからその瞬間
一目、会ったその瞬間 恋の花火が、どっかん
って・・・立場も何も考えてなかったと
ま〜その。 ダイアナもオンナ盛りだし(爆)
もっとも どこの世界も
 障害のある恋っちゅーのは メラメラ盛り上がりまくるのよね
ドディ氏が悪く言われるけど
私は「炎のランナー」の人!超セレブ!!!とチェックしてた
ドディ氏の父上は、この恋に「王室との金利の繋がり」とか策略してたのかな〜
なんて観終わって考えちゃって・・・完全サスペンスのノリ
はるみんさんへ (yukarin)
2013-10-20 23:07:40
こんばんは♪
特にラストのエレベーターのシーンは切なくなりますね。
私もここまで映画にしてしまっていいのかなと思いました。
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2013-10-20 23:10:22
ダイアナさんは好きだったので観てきました。
意外ですかねえ(笑)

モニュメントがあるんですね....
なんか...ドディさんがかわいそうになっちゃぃましたよ。
えふさんへ (yukarin)
2013-10-20 23:13:25
めずらしいでしょ!
吹替えが気になったけどブーイングでなかったのなら良かったほうなのかな?
ラストがわかってるだけに全体的にも切なかったですね。
qちゃんへ (yukarin)
2013-10-22 12:59:11
あれ...本当に一目惚れだったんかな?
それはそれでいいけど、ハスナットはいい感じに描かれてたけど、ドディさんかわいそう、、、

>王室との金利の繋がり
それを考えるとサスペンスになってくるね。
実際どうなんだろ...
でも、どちらにしてもそれぞれソッとしてあげたい。
こんばんは〜〜 (マリー)
2013-10-30 23:32:35
ドディさんって、ただの当て馬だったのかなぁ・・・
そうだと、なんか命も落としちゃって可哀想な気も・・・

見覚えあるシーンが随所に見られて、あぁこんなだったのかとイロイロ分かった。
あの時はただ見てた。

この世に一番未練があったとしたら、やっぱりウィリアムとヘンリーだよねと思うと切なかった。
マリーさんへ (yukarin)
2013-11-05 09:28:57
こんにちは♪
ドディの描き方はちょっとね....かわいそうに思いましたよ。
実際はどうなのかわからないけど。

見覚えのあるシーンはああこの裏側はこんなだったのかなーとか思いながら...

>一番未練があったとしたら
私も同じく思いましたね。
孫の顔が見たかっただろうし....切ない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ダイアナ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ダイアナさんの離婚間際の時期から亡くなっ
映画:ダイアナ Diana 注目は何たって、演じるのが ナオミ・ワッツ!!だったのだが... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
注目は何たって、ダイアナ演じるのが、ナオミ・ワッツ! 予告編ですっかり「成り切ってる!」と思わせ(写真)、期待が大きかった。 なぜそこまで喜ぶかというと、彼女は、ニコールキッドマン同様、出身はオーストラリア(元イギリス植民地) その彼女が、「元」とはい...
劇場鑑賞「ダイアナ」 (日々“是”精進! ver.F)
元英国皇太子妃の“真実”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310190001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送...
ダイアナ (悠雅的生活)
ジャンクフード。黒髪のウィッグ。世界一有名な女性。
ダイアナ/ナオミ・ワッツ (カノンな日々)
1997年の突然の交通事故死で世界中を哀しみで覆いこんでしまった元イギリス皇太子妃ダイアナの姿、その知られざる一面に迫るヒューマン・ドラマです。『ヒトラー 最期の12日間』のオ ...
『ダイアナ』 (こねたみっくす)
プリンセス・ダイアナ。彼女は自由を失ったプリズナーか、誇りを持ったプリンセスか、それともワガママでも愛を求める女性だったのか。 世界一有名な女性として、イギリス皇太子 ...
「ダイアナ」みた。 (たいむのひとりごと)
36歳の若さで他界した世界で最も有名な女性のひとりであるダイアナ元英国皇太子妃の最期の数年を描いた映画で、ダイアナ個人とその哀しきロマンスを描いた作品。とにかく、ナオミ・ワッツのなり切りっぷりがお見事
ダイアナ (はるみのひとり言)
「ありがとう」の試写会で観せていただきました。浜村さん30分みっちり喋らはりましたね〜。でもいつも入場時には浜村さんとありがとう娘がお出迎え、帰りにはありがとう娘がお見送りしてくださって、そんなありがとうの試写会が好きです。<ストーリー>1995年、ダイア...
ダイアナ(時間の都合上、吹替) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Diana 監督:オリバー・ヒルシュビーゲル 出演:ナオミ・ワッツ, ナビーン・アンドリュース, ダグラス・ホッジ, ジェラルディン・ジェームズ
ダイアナ / Diana (勝手に映画評)
1997年8月31日、パリでパパラッチに追い回された末の事故で亡くなった、元イギリス皇太子妃ダイアナの、離婚の少し前から亡くなるまでの約二年間のダイアナを描いた作品。 ダイアナを演じたのは、ナオミ・ワッツ。世界中に顔を知られた人物ですので、演じるのはかなりハ....
ダイアナ ・・・ テレビドラマの世界?! (Said q winning)
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: ナオミ・ワッツ 、ナヴィーン・アンドリュース 、ダグラス・ホッジ 、ジェラルディン・ジェイムズ 、チャールズ・エドワーズ 、キャス・アンヴァー 、ジュリエット・スティーヴンソン故・ダイアナ妃結局は、 プリンセ...
ダイアナ (試写会) (風に吹かれて)
愛を求めたけれど公式サイト http://diana.gaga.ne.jp10月18日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー 〜最期の12日間〜」 「インベージョンン」1995年、ダ
「ダイアナ」王室を離れて生きる道を掴んだ志半ばで散ったダイアナ妃の1人の人間としての孤独 (オールマイティにコメンテート)
「ダイアナ」は1981年に英国王国の皇太子妃となったダイアナが1995年に離婚後の2年間1997年8月31日に交通事故で死去するまでの描いたストーリーである。世界から ...
ダイアナ ★★ (パピとママ映画のblog)
『インポッシブル』などの演技派女優ナオミ・ワッツが主演を務め、1997年に交通事故死した元イギリス皇太子妃ダイアナに迫る感動作。20歳で英国王室に嫁いだ若く魅力的な女性が出産や離婚を経験し、しなやかに変貌と自立を遂げる姿を描き出す。メガホンを取るのは、『ヒト...
ダイアナ (心のままに映画の風景)
1995年。 チャールズ皇太子と別居中のダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、優秀な心臓外科医ハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い、その気さくな人柄に心惹かれていくが…。 36歳の若さでこの世を去ったダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポット...
『ダイアナ』 (2013) / イギリス (Nice One!! @goo)
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: ナオミ・ワッツ 、ナヴィーン・アンドリュース 、ダグラス・ホッジ 、ジェラルディン・ジェイムズ 、チャールズ・エドワーズ 、キャス・アンヴァー 、ジュリエット・スティーヴンソン 試写会場: よみうりホール ....
ダイアナ 英国王室って自由なのね〜 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【58うち今年の試写会6】1997年8月31日(日)、どこだったか忘れたけど佐川急便の配送所で取引業者のアウトレット市が開催されていて、友達と買い物に行き、ビラボンのセミドライスーツを超破格値(確か5000円)で購入できて、ルンルンで帰ってきたら、ダイアナ妃が事故...
『ダイアナ』 2013年10月26日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダイアナ』 を観賞しました。 公開2週目の週末というのに上映も夕方以降になり客入りも2〜3割という状況でした。 大盛況だったのは、まどかマギカでいかにもヲタクな人たちであふれていた 【ストーリー】  1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太...
映画「ダイアナ」 (FREE TIME)
映画「ダイアナ」を鑑賞しました。
『ダイアナ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダイアナ」 □監督 オリバー・ヒルシュビーゲル□脚本 スティーブン・ジェフリーズ□キャスト ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、       ジェラルディン・ジェームズ、チャールズ・エドワーズ、キ...
ダイアナ (とりあえず、コメントです)
元イギリス皇太子妃ダイアナの最後の2年間をナオミ・ワッツ主演で描いたドラマです。 どんな人生を送ってきた人だったのだろうと気になっていたので楽しみにしていました。 ナオミ・ワッツの熱演と共に、自分らしく生きようと必死にもがいていた一人の女性の姿に もっと幸...
ダイアナ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 映画を見る限りダイアナは結構大胆な性格だった。
『ダイアナ』試写会で鑑賞〜 (pure breath★マリーの映画館)
          世界で最も有名で、最も愛され、最も傷ついたプリンセス。 『ダイアナ』 監督・・・オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本・・・スティーヴン・ジェフリーズ ヘアメイク・・・渡辺典子 出演・・・ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダ....
「ダイアナ」 (或る日の出来事)
ひとりの男との恋愛を中心にした話になっていたのが意外。映画は、真面目で普通だったな…。
ダイアナ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ダイアナ '13:米 ◆原題:DIANA ◆監督:オリバー・ヒルシュビーゲル「ヒトラー 最期の12日間」 ◆主演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェイムズ、チャールズ・エドワーズ、キャス・アンヴァー、ジュリエット・ス...
ダイアナ (miaのmovie★DIARY)
ダイアナ [DVD](2014/04/02)ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンド・リュース 他商品詳細を見る 【DIANA】 制作国:イギリス  制作年:2013年 1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と 別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。ある日...
ダイアナ (miaのmovie★DIARY)
ダイアナ [DVD](2014/04/02)ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンド・リュース 他商品詳細を見る 【DIANA】 制作国:イギリス  制作年:2013年 1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と 別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。ある日...
映画・ダイアナ (読書と映画とガーデニング)
原題 Diana2013年 イギリス イマジカBSで観賞 ダイアナ元皇太子妃死亡事故の前、2年間にスポットをあてています ダイアナを演じるのはナオミ・ワッツ本人の特徴を捉えるべく頑張っていましたが、物真似の域をでていないような?それに本人のほうが断然...