★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

リリーのすべて

2016年03月22日 | ★★★★+

【THE DANISH GIRL】 2016/03/18公開 アメリカ R15+ 120分
監督:トム・フーパー
出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、セバスチャン・コッホ、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ

あなたの愛で、
本当の自分になれた。
夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。

STORY:1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼される。その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩むことに... (シネマトゥデイより)


世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話をもとに、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。監督は『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』などのトム・フーパー。第88回アカデミー賞ではアリシア・ヴィキャンデルが助演女優賞を受賞。

夫のアイナーがたまたま妻ゲルダの女性モデルの代役をしたことで、自分の中の女性が目覚めてしまったというおはなし。一度目覚めてしまったらもうとまらないわけで....それからの夫としてのアイナーと女性のリリーの比率が少しずつ変わっていく過程がとても丁寧に描かれてました。

今ではさほど珍しいことでもなくなったけれども当時は病気扱いでしたね。放射線治療が怖かったんですが、、、。劇中にも未遂になったけど精神病院送りになった人もいたんでしょうね。

アイナーとリリーの二役を演じたエディ・レッドメインの演技はとても素晴らしかったです。リリーの時の女性へのなりきり度が半端なかったですね。見た目にいかにも女装って感じだったのに、ある角度や雰囲気で本当に美しく見える所もあって、可能なら彼にも主演男優賞をあげたいくらいでしたね。

妻のゲルダを演じたアリシア・ヴィキャンデルの助演女優賞は納得。はじめは戸惑いながらも次第にリリーに対して理解をしていく過程の繊細な演技もお見事でした。ゲルダもまさか自分でスイッチを押しちゃうとは思わなかったよね。激しく後悔しただろうなぁ。でもアイナーというかリリーを見捨てずずっと支えていく姿は素晴らしいですね。

120分間リリーに釘付けで観てました。最後は切なかったけれども完全にリリーになれたから幸せでしたよね。今は技術が進歩してるけど、あんなにつらい思いまでして女性になるなんてよほどの強い意思がないとだめなんですね、、、。

ところで、ハンス役の方がどーしてもスパイ映画の悪役に思えてしまって、、、、 笑
たぶん髪型だと思うけれど、ぜひボンドくんの悪役でお願いしたいわー。わりと好みです。

★★★★.7
鑑賞日:2016/03/21

 

リリーのすべて ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
エディ・レッドメイン,アリシア・ヴィキャンデル,ベン・ウィショー,セバスチャン・コッホ,アンバー・ハード
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Ginza&Yurakucyo de Tabemo... | トップ | コードネーム U.N.C.L.E. »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スイッチ (まっつぁんこ)
2016-03-22 13:24:48
ゲルダが押さなくてもいずれ入ってしまったんでしょうね。
ハンス役はプーチン大統領の伝記映画に出て欲しいです(笑)
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-03-23 20:59:04
男女によって見方も変わってくるかも知れませんが、私はリリーよりもゲルダに釘付けでしたね。
ダンナが変わっていくのに、それを戸惑いながらも悩みながらも受け入れる強さ。
あれは男には持ちえない、女性ならではの強さだと思いましたよ。

それにしてもエディ・レッドメイン・・・、本当は女性じゃないの?と思っちゃうくらいでしたよ。
Unknown (Nakaji)
2016-03-24 22:11:07
エディ・レッドメインが途中からめっちゃきれいで可愛く見えたな~

>アリシア・ヴィキャンデルの助演女優賞は納得

本当にそう思った。
しかしこの奥様すごいよね。彼女みてたら本当に泣けてきて、そして愛しくなったよ~
二人ともお見事 (ノルウェーまだ~む)
2016-03-26 00:04:00
yukarinさん☆
アイナーとリリーとその中間と、全てを物凄く上手く演じていましたね。
女性が芽生えたアイナーと、男装をするリリーとを演じ分けるって凄い!
でもやっぱりゲルダの演技、さすが助演女優賞でしたね~
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2016-03-28 22:52:24
いつかはそうなってたでしょうね。

ハンス役の俳優さん....実はプーチンに似てるなと思いながら観てました 笑。ぜひ出てほしいですわ...って何を描くんでしょう 笑
にゃむばななさんへ (yukarin)
2016-03-28 23:00:58
こんばんは
ゲルダに釘付けになるのもわかります。
本当に強い女性でしたね。

エディ・レッドメインの演技は女性以上に女性らしかったです。演技とはいえ....素晴らしかったです。
Nakajiさんへ (yukarin)
2016-03-28 23:18:13
そうそうだんだんきれいになってくんだよね。
すごいなーと思った。

奥さんのゲルダもすごい人だよね。
悩みながらも受け入れたしほんと強い女性だったね。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2016-03-28 23:36:00
アイナーとリリーの演じ分けもすごいですよね。
男としてのアイナーと男装をするリリーは同じなのに全く違いました。
ゲルダ役のアリシアも助演女優賞は納得でしたね。
Unknown (ふじき78)
2016-09-08 22:21:14
あくまで個人的に感覚として思う所なんですが、女性の心を持つ男性が自らの女性性を突き詰める瞬間、とっても性に奔放に見えてしまう、女子はそんなにガツガツしないだろうと思うくらいイケイケに突き進んでしまう。そんな旦那のスイッチを知らずと押してしまったグレタが不憫でした。
ふじき78さんへ (yukarin)
2016-09-12 22:47:48
なるほど!そうなのかもしれませんね。
スイッチさえ押さなければ...と思うと切なくなりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リリーのすべて (あーうぃ だにぇっと)
リリーのすべて@TOHOシネマズ日劇 ジャパンプレミア
『リリーのすべて』 2016年3月9日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『リリーのすべて』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 チケットは7分で完売と言っていたが、もうちょい経ってた気もするw エディ・レッドメインとトム・フーパー監督の舞台挨拶であったが トム・フーパー監督は優しさがにじみ出ていた。 【ストーリー】  1926年...
【映画】内なる乙女が覚醒!『リリーのすべて』 (アリスのさすらい映画館)
リリーのすべて(2015)イギリス /ドイツ/アメリカ 原題:The Danish Girl 監督:トム・フーパー 原作:デヴィッド・バーショフ 脚本:ルシンダ・コクソン  出演:エディ・レッドメイン /  アリシア・ヴィカンダー/ ベン・ウィショー...
リリーのすべて~芸術は変身だ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Danish Girl。イギリス=ドイツ=アメリカ。デヴィッド・エバーショフ原作、トム・フーパー監督。エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィシ ...
リリーのすべて ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとしたきっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、そんな夫を献身的に支え続けた妻の葛藤と感動の愛の物語を描いたドラマ。主演は「レ・ミゼラブル」「博士と彼女のセ...
『リリーのすべて』 トランスジェンダーの先駆者とそれを支えた人 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督作品。  原作はリリー・エルベという実在の人物をモデルにした小説。日本語訳では『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』となっているが、原題は「The Danish Girl」となっていて、「デン...
『リリーのすべて』 トランスジェンダーの先駆者とそれを支えた人 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督作品。  原作はリリー・エルベという実在の人物をモデルにした小説。日本語訳では『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』となっているが、原題は「The Danish Girl」となっていて、「デン...
映画:リリーのすべて The Danish Girl 価値観を揺さぶられる映画(って新しいかも?!) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
最近ビックリしたニュースのひとつは、以下。 ウォッシャスキ-兄弟が、      ↓ ウォッシャスキ-兄妹に      ↓ ウォッシャスキ-姉妹となって、完成! 兄弟揃って、性別違和だったとは! そのウォッシャスキ-姉妹の最新作ジュピターで、...
私が彼の妻ならば・・・。『リリーのすべて 』 (水曜日のシネマ日記)
世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマです。
『リリーのすべて』 (こねたみっくす)
どんなに頑張っても男は女にはなれない。そして敵わない。 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークの画家アイナー・ヴェイナーことリリー・エルベと、彼から彼女へと変わり ...
『リリーのすべて』 (こねたみっくす)
どんなに頑張っても男は女にはなれない。そして敵わない。 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークの画家アイナー・ヴェイナーことリリー・エルベと、彼から彼女へと変わり ...
「リリーのすべて」☆せつなさ100% (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
妻のゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい。 納得のアカデミー賞助演女優賞受賞だゎ。 せつなく唇を震わせて涙をこらえる妻の姿に、真実の愛を感じずにはいられない。
リリーのすべて (とりあえず、コメントです)
1920年代のヨーロッパを舞台に、ある芸術家夫婦の歩んだ運命を描いた深い愛のドラマです。 トム・フーパー監督&エディ・レッドメインのコンビなので、どんな映画だろうと気になっていました。 命を掛けても自分の心に素直に生きようとした主人公の強さと、夫の変化に戸惑...
これほどの愛~『リリーのすべて』 (真紅のthinkingdays)
 THE DANISH GIRL  1926年、デンマーク。コペンハーゲンで暮らす風景画家のアイナー・ヴェイ ナー(エディ・レッドメイン)は、肖像画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィカンダー) にモデルの代役を頼まれる。  自分の性別に耐え難い違和感を抱き、世界...
リリーのすべて (風に吹かれて)
わたしはリリー 公式サイト http://lili-movie.jp 実話を基にした映画 原作: リリーのすべて (デヴィッド・エバーショフ著/ハヤカワ文庫)監督: トム・フーパー  「英国王のスピー
リリーのすべて (to Heart)
あなたの愛で、 本当の自分になれた。 夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。 THE DANISH GIRL 上映時間 120分 映倫 R15+ 原作 デヴィッド・エバーショフ『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』(講談社刊) 脚本 ルシンダ・コク....
リリーのすべて/THE DANISH GIRL (我想一個人映画美的女人blog)
世界で初めて女性への性転換手術を受けたデンマークの画家リリーエルベの実話を 「英国王のスピーチ」ではアカデミー賞監督賞受賞「レ・ミゼラブル」などのトム・フーパーが映画化 名作を数本生み出してるけどまだ43歳。 原作は、デヴィッド・エバーショフの「...
リリーのすべて (心のままに映画の風景)
1926年デンマーク。 風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼され、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。 それ以来、リリーという女性として生活していく比率が増し...
「リリーのすべて」☆せつなさ100% (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
妻のゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい。 納得のアカデミー賞助演女優賞受賞だゎ。 せつなく唇を震わせて涙をこらえる妻の姿に、真実の愛を感じずにはいられない。
"How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『リリーのすべて』The Danish Girl監督 : トム・フーパー出演 : エディ・レッドメインアリシア・ヴィキャンデルベン・ウィショーセバスチャン・コッホアンバー
リリーのすべて (そーれりぽーと)
最初に性適合手術を受けた人のはなし。 『リリーのすべて』を観てきました。 ★★★★ 前々から女装したらジュリア・ロバーツにそっくりになりそう、と書いてきたエディ・レッドメインが、実際に女装する映画を観る日が来るとは。 やっぱり似てます。そして、似すぎない...
〔劇場鑑賞〕リリーのすべて (ジャスターの部屋)
? 世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。メガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞した『英国王の ...
リリーの誕生は・・・ (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「リリーのすべて」を鑑賞しました。  1926年デンマーク 風景画家のアイナー・ヴェイナーはく画家の妻ゲルダに女性モデルの代役をきっかけに自身にある女性の存在を意識する それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナ....
リリーのすべて (C’est joli ここちいい毎日を♪)
リリーのすべて '15:イギリス ドイツ アメリカ ◆原題:THE DANISH GIRL ◆監督:トム・フーパー「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」 ◆主演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ...
リリーのすべて (こんな映画見ました~)
『リリーのすべて』---THE DANISH GIRL---2015年(イギリス/ドイツ/アメリカ )監督: トム・フーパー出演: エディ・レッドメイン 、アリシア・ヴィカンダー、マティアス・スーナールツ ...
引き金をひいたのは奥さんちゃうん?~リリーのすべて~ (ペパーミントの魔術師)
今頃か~いというくらい2ヶ月以上遅れてアップしとりますどもども。 これね~。もともとアイナーの中にはリリーがいたんでしょ? 過去に封印したはずの女性の部分がはっきり表に...
『キャロル』『リリーのすべて』をギンレイホールで観て、ふむふむふむふむふじき★★...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
同性愛映画二本立て。 ◆『キャロル』 ▲ケイト・ブランシェットに秘かに「おらはこう見えても筋金入りの鉄ちゃん」と遠回しに告白するシーン。 五つ星評価で【★★★二人の......