★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ビッグ・アイズ

2015年01月24日 | ★★★+

【BIG EYES】 2015/01/23公開 アメリカ 106分
監督:ティム・バートン
出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、ダニー・ヒューストン、ジョン・ポリト、クリステン・リッター、ジェイソン・シュワルツマン、テレンス・スタンプ

大きな瞳だけが
知っている。

Story:1950年代から1960年代にかけて、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す。作者のウォルター・キーンは一躍アート界で有名人になるものの、何と実際に制作していたのは内気な性格の妻マーガレットだった。自身の感情を唯一表現できるBIG EYESを守るため、マーガレットは自分が描いたという事実の公表を考え... (シネマトゥディより)


60年代に大きなブームとなった“ビッグ・アイズ”シリーズをめぐる実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻の驚きの実話をティム・バートンにより映画化した作品。

ティム・バートンだからこれはすごく楽しみにしてた作品。
ダンナの絵かと思ってたら実は奥さんが描いた絵だった.....これが公表された時はさぞ世界中はびっくりこいたでしょうねぇ。ま、ゴーストと言えば日本でも音楽業界ではいろいろありましたが、、、

大きな目が特徴の子供.....あんな調子こいた男が描けるとは到底思えないのだけれど、本人が描きましたと言ったら信じてしまうものなんでしょうか。
内容的にドロッとしたものなのかと思いきや、クリストフ・ヴァルツさんの口八丁手八丁な演技を見てたら妙な痛快さがありましたわ。特に後半での裁判あたり...コントかよっと笑ってしまった。こういう役をやったらピカイチですなぁ~面白かった。

マーガレットって男を見る目がないよね、、、。冒頭でも娘を連れて家を飛び出すシーンから始まり、2度目も同く家を飛び出してきた。
でも、ウォルターのおかげで絵は知られるようになったわけで彼は絵を売る才能があるんだから、描きましたなんて言わなくてもうまくやっていけたと思うのに...やはり誰かに絵が認められたい思いもあったんでしょうね。

キャストも個性的だしテンポもよく、なによりも“ビッグ・アイズ”シリーズの絵に見とれてました~あの目に吸い込まれてしまいそうでした。マーガレットご本人も出演されてたそうで、ベンチにボーっと座ってる老夫人がいてなんなんだろうと思ってたんですがご本人だったんですねー。

今だったらゴーストにされたらすぐに訴えたりできそうですが、当時は女性の立場も弱かったんでしょうね。時代が変わってハワイでの告発のシーンは気持ち良かった。しかし裁判シーンで弁護士がいなくなってもテレビドラマの知識でもやれるんですね 笑。へんな小芝居には爆笑ー。最後は画家らしい決着の付け方でした。

あまりティム・バートンらしさはなかったけど実話ものだから仕方がないですね。どこまで忠実に描かれているのかわかりませんが、実際はかなりドロドロな展開だったんでしょうね。あまりそういう部分がない描き方をしてたのが観やすくてよかったかなと思います。

★★★.8

 

ビッグ・アイズ [DVD]
ダニー・エルフマン,スコット・アレクサンダー,ラリー・カラゼウスキー
ギャガ

 

ビッグ・アイズ [Blu-ray]
ダニー・エルフマン,スコット・アレクサンダー,ラリー・カラゼウスキー
ギャガ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怪しい彼女 | トップ | ANNIE/アニー »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2015-01-25 00:49:01
そっかーアニーももう公開かぁ。
観れてないのがたまっていくなぁ。

今回はティムっぽくなかったなぁ。
ヴァルツさんが最高♪💗
おはようございます。 (BROOK)
2015-01-25 07:07:06
冒頭で男性優位の時代と語られていたので…
ウォルターとマーガレットの関係はここまでこじれてしまったんでしょうね。
まだまだ女性が弱かった時代のようで…。

それにしても、クリストフ・ヴァルツの演技は面白かったです。
こういったキャラが良く似合いますね♪

たしかにバートン監督っぽくなかったのは、
ちょっと残念でもあり。
こんばんわ (にゃむばなな)
2015-01-25 23:04:35
クリストフ・ヴァルツとおう名優を起用しているのですから、こういうゴーストペインターの話は被害者側ではなく加害者側から撮って欲しかったですね。
それでこそのティム・バートンのはずですから。
migさんへ (yukarin)
2015-01-26 10:31:25
アニーも公開...早いよね。
今回のお話は実話ものだから仕方ないのかなと。
本当にヴァルツさん、良かったね~最高♪
BROOKさんへ (yukarin)
2015-01-26 10:33:57
こんにちは。
今だったらまた違ってたんでしょうね。
いずれにしても夫婦はうまくいかなかったかもしれませんが。
ヴァルツさんは本当にすごいですよね。
とてもハマリ役で楽しませていただきました。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2015-01-26 10:36:30
こんにちは。
そうそう、ヴァルツさんの演技が目立ってて
ウォルターが主役のように思えました。
にゃむばななさんのおっしゃるとおり加害者側から撮ったほうからティム・バートンらしかったかもしれませんね。
Unknown (ふじき78)
2015-04-27 00:26:53
ヴァルツさんの怪演も凄かったですが、娘役の子が何気に可愛かった。一番小さい娘時代はビッグ・アイズより、奈良美智が描く少女の方に似てた。
ふじき78さんへ (yukarin)
2015-05-03 17:56:26
ヴァルツさんの印象が大きい。娘役の子わすれたー 笑
奈良美智さん....あ、なるほど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ビッグ・アイズ』 (時間の無駄と言わないで)
コスプレしたジョニー・デップの出て来ないティム・バートン映画は久し振り。 非ファンタジーもだいぶ久々。 オープニングの印刷工程とか最初の町並みとかは如何にもティム・バ ...
ビッグ・アイズ/BIG EYES (我想一個人映画美的女人blog)
ティム・バートンが珍しくジョニーも出さず、実話の映画化に挑む 実在の画家マーガレット・キーンとその夫ウォルター。 60年代のポップアート全盛期に衝撃を与えた"ビッグ・アイズ"シリーズをめぐる秘密が明かされる。 自身もBIG EYESシリーズのファ...
ビッグ・アイズ~はBig Liesを知っている (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Big Eyes。ティム・バートン監督。エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、デラニー・レイ、マデレーン・アーサー、ダニー・ヒューストン、ジェイソン・シュ ...
『ビッグ・アイズ』 (2014) (相木悟の映画評)
大きな瞳が訴えかけるアート界の業! 芸術と商売について考えさせられる、含蓄のある一作であった。 大きな瞳をした子供たちの画を描き、60年代のポップアート界を席巻した“ビッグ・アイズ”シリーズ。本作は、その作者であるマーガレットと夫のウォルターが巻き起...
劇場鑑賞「ビッグ・アイズ」 (日々“是”精進! ver.F)
私が、描いた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201501230000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【ライブアクション】【BD2枚3000円2倍】【 】アリス・イ...価格:1,500円(税込、送料込)
ビッグ・アイズ/エイミー・アダムス (カノンな日々)
ティム・バートン監督が1960年代アメリカのポップアート界にブームを巻き起こした「ビッグ・アイズ」シリーズの作者である実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻のスキャ ...
ビッグ・アイズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(P) “ビッグ・アイズ”シリーズ全般と楳図かずおの描くキャラクターが
『ビッグ・アイズ』 (こねたみっくす)
ティム・バートンならウォルター・キーン目線で描くべきでしょう。 1960年代にアメリカで実際に起きた、ウォルター&マーガレット・キーン夫妻間のゴーストライター事件ならぬゴー ...
「ビッグ・アイズ」:有楽座のラスト・ショー (大江戸時夫の東京温度)
有楽町のTOHOシネマズ有楽座が2月27日で閉館になるということで、最後のロード
『ビッグ・アイズ』 2015年1月24日 TOHOシネマズ有楽座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ビッグ・アイズ』 を鑑賞しました。 2月27日で閉館の決定している有楽座ですので 私はこれが最後でしょう・・・ 昔はニュー東宝シネマ1,2ってあったころが懐かしい。 有楽座は30年前にはヒュートラの近辺だったんですよね。。。 【ストーリー】  1950年代から196...
ビッグ・アイズ (心のままに映画の風景)
1958年。 離婚を決意したマーガレット(エイミー・アダムス)は、娘ジェーンを連れて家出。 サンフランシスコで似顔絵描きを始めたマーガレットは、パリで画を学んだという社交的なウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、結婚する。 2人の画を売ろう...
ビッグ・アイズ  監督/ティム・バートン (西京極 紫の館)
【出演】  エイミー・アダムス  クリストフ・ヴァルツ  ダニー・ヒューストン 【ストーリー】 1950年代から1960年代にかけて、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す。作者のウォルター・キーンは一躍アート界で有名人になるも...
『ビッグ・アイズ(Big Eyes)』ティム・バートン監督、エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『ビッグ・アイズ』(Big Eyes)監督 : ティム・バートン出演 : エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツテレンス・スタンプ、ジェイソン・シュワルツマン、他 ※Memo
いつもと違うティムバートン作品。(;´∀`)~「ビッグ・アイズ」~ (ペパーミントの魔術師)
このときにもっと食ってかかってたらここまでいかなかったろうか。 いやそもそも出会ったとっからして、マーガレットは騙されていたわけで。 私には娘と絵しかなかった。・・・それが ウォルターという「共犯者」を得てマーガレットの書いた「ビッグアイズ」は売れた....
ゴーストペインター~『ビッグ・アイズ』 (真紅のthinkingdays)
 BIG EYES  1958年。専業主婦のマーガレット(エイミー・アダムス)は横暴な夫の下から 逃げ出し、一人娘ジェーンとサンフランシスコで暮らし始める。似顔絵描きを 始めたマーガレットは、ウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)という画家と 出...
ビッグ・アイズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ビッグ・アイズ』をTOHOシネマズで見ました。 (1)昨年の佐村河内事件が未だ記憶に生々しかったり、丁度TBSTVで『ゴーストラーター』が放映されたりしていることもあって、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「based on the true event」の字幕が映...
「ビッグ・アイズ」 (或る日の出来事)
ティム・バートン監督にしたら、ずいぶん普通の映画だなあと思った。
映画ビッグ・アイズと、本「良心をもたない人たち」 (映画の話でコーヒーブレイク)
実話に基づくティム・バートン監督の作品です。 「ビッグ・アイズ」と呼ばれた大きな目と悲しげな表情の少女の絵。 1960年代この絵を巡ってアメリカでこんな事件が起こったことを知らなかったし、 昨年から映画館に貼られたポスターから本作がこんなストーリーだったは想....
「ビッグ・アイズ」 奪われたアイデンティティ (はらやんの映画徒然草)
主人公のマーガレットが劇中で、自分が描いた絵は自分の子供のようなものと言う。 す
「ビッグ・アイズ」 奪われたアイデンティティ (はらやんの映画徒然草)
主人公のマーガレットが劇中で、自分が描いた絵は自分の子供のようなものと言う。 す
ビッグ・アイズ ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
世界中でブームとなった絵画シリーズをめぐり、実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻が引き起こした事件の行方を描く伝記作品。妻が描いた絵を夫が自分名義で販売し名声を手にしていたことから、アート界を揺るがす大スキャンダルへと発展していく。監督は、自...
ビッグ・アイズ (ダイターンクラッシュ!!)
2015年2月1日(日) 14:15~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(映画サービスデー) 消えた二人。ともちんより背が低いキンタロー。は、どんだけ小さいんだ。 『ビッグ・アイズ』公式サイト ジョニー・デップとのコラボが、いい加減飽き飽きしたティム・バートンだ...
ゴーストペインターもいたんです! (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「ビッグ・アイズ」を鑑賞しました。 1960年代、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す 作者のウォルター・キーンは一躍アート界で有名になるが何と実際に制作していたのは内気な性格の妻マーガレットで・....
『天才スピヴェット』『ビッグ・アイズ』を目黒シネマで観て、子は鎹になる映画とならない映画だふじき★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『天才スピヴェット』 五つ星評価で【★★★スピヴェットのショタなところが可愛い】 スピヴェットの父ちゃんは荒野のカウボーイちっくな人物で、日本でいえば侍。 彼の二人 ...
『ビッグ・アイズ』('17初鑑賞13・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月13日(月) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 字幕版。