★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

バクマン。

2015年10月04日 | ★★★★

2015/10/03公開 日本 119分
監督:大根仁
出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー

Story:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが... (シネマトゥディより)

 

DEATH NOTE』の大場つぐみと小畑健コンビによる大ヒット漫画を実写映画化した青春ドラマ。2人の高校生がタッグを組み漫画家となり、少年ジャンプでの連載を目指して奮闘する物語。監督は「モテキ」の大根仁。


原作は未読。予告編で健くんと隆之介くんのコンビならこれは観ないと!!と楽しみにしておりました。原作のお二人のエピソードがベースになっているんでしょうか。 ←全くしらない、、、

遙か...遙か昔...「ジャンプ」購入してましたよ。「サンデー」も買ってました。若い頃は漫画命なくらい読んでたけど、今はほとんど読まないし買わないから昔の作家さんしかわからないですけど。

漫画家さんは本当に過酷なお仕事ですよね。ほとんど陽のあたらない生活、締め切りにおわれ、睡眠不足...あんな状態だったら病気にもなりますよねぇ。
それにアンケートの数次第で打ち切りの危機もあって、精神的にもよろしくない環境ですね。

面白かった!!!
イケメン二人を一緒に堪能できるお得感!!
漫画家や編集部の舞台裏がとても興味深かった!

恋愛部分もほとんどなかったのが好印象。てっきりお互い成功して結婚するんかと思ったわ 笑。それに実在の漫画のタイトルや出版社が実名で出てくるのはなかなかないですよね。それだけジャンプは凄い雑誌なんだなと実感しました。
劇中に出てくる原稿の作画は小畑先生自身が描かれているんですね。

ライバル漫画家とのバトル?シーンはアクションシーンそのもの。執筆シーンにプロジェクションマッピングが使用されてるのも斬新でした。役者の演技が加わり執筆の過程を早送りで見てるようで迫力ありましたよ。地味な執筆作業をこういう手法で描くとは驚きました。

ライバルの漫画家さん、天才という設定でしたが猫背で変わり者という感じですごい天才には見えなかったかな。それと高校生漫画家ということだけど家にこもって執筆してて、学校でも寝てて...先生からお説教も食らわないし親も全く出てこない 笑。という気になるツッコミどころはありましたが全体的に面白かったのでまぁいいか。

友人は、健くんと隆之介くんの役どころは逆なんじゃないかと言ってました。私は知らないので特に違和感なく見られましたけど皆さんはどうなんでしょう。

どうやら原作は長いようなので、それを約2時間に収めるとなるとかなりカットされていますよね。原作のどこまでが描かれているのかわかりませんが、もしかしたら続編とかありそう??? また二人のコンビが見てみたいです。

同人誌レベルですが一通りやったことがあるので、Gペンやカブラペン、丸ペンとか懐かしくなりました。何度か先輩のお手伝いでベタ塗りとかスクリーントーン削り等しましたね。プロへのスカウトがあったくらい上手な方でした。お元気かな?

原作も面白そうなので時間が出来たら読んでみたいです。

★★★★
鑑賞日:2015/10/04 

※TOHO cinemas free passport #1

 

 

バクマン。Blu-ray 豪華版
佐藤健,神木隆之介,染谷将太,小松菜奈,桐谷健太
東宝

 

バクマン。DVD 通常版
佐藤健,神木隆之介,染谷将太,小松菜奈,桐谷健太
東宝

 

バクマン。Blu-ray 通常版
佐藤健,神木隆之介,染谷将太,小松菜奈,桐谷健太
東宝

 

映画バクマン。 小畑健イラストワークス (愛蔵版コミックス)
大場 つぐみ
集英社

 

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)
小畑 健
集英社
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ARTNIA(アルトニア) @新宿 | トップ | あなたを注文します (ドラマ) »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2015-10-05 05:36:03
原作が20巻で今回実写化されたのは2,3割程度なので、
ヒット次第では続編もありそうです♪

プロジェクションマッピングを使った演出はとても見応えがありましたよね。
ああいった使い方、今後他の作品でも増えるかもしれません。

終盤ばバタバタッと終わってしまったのが気になるところですが、
最後まで楽しめました。
こんにちは。 (みぃみ)
2015-10-07 16:29:11
yukarinさん、絵もお上手なのですね。
すご~~い

アンケート葉書の使い道を知り、
出してなくてよかった…と思いました。
というか、知ってしまったので、
出せなくなりました(^_^;)。



イケメンも堪能できましたねっ。
主演の二人に加えて、山田君もたくさん登場したので、
至福☆でした。

しかも、某作で対戦してた二人が、今度はタッグを組んで
染谷君と戦ってるし♪。

BROOKさんへ (yukarin)
2015-10-10 22:54:00
こんばんは。
2,3割とは...評判も悪いないようなので続編もありますね。
プロジェクションマッピングもこういう使い方があるんだーと思いましたね。これからも増えるでしょうねぇ。
みぃみさんへ (yukarin)
2015-10-10 23:20:51
いえいえ、ヘタでも描くことはできますから 笑
イケメンをしっかり堪能しました 笑
山田くんも良かったですよね^^

そうそうあの二人は某作では敵同士だったのが今作では仲間というのも面白いですね。
染谷くんもああいう役もうまいですね。
ネタ (ふじき78)
2015-10-12 10:38:18
山田孝之がマンガ家役なら不死身(MONSTERZ)でOK。染谷将太は健康じゃないと世界が危険なのでNG(ストレイヤーズ・クロニクル)

サイコーとシュージンの原稿が落ちそうな時、リリーフランキーが代原かくのもありかなと思った。
ふじき78さんへ (yukarin)
2015-10-13 23:00:34
なるほど!
あ、ストレイヤーズ・クロニクルは観てないんだった。
Unknown (FREE TIME)
2015-10-20 20:41:42
こんばんは。
マンガ家の過酷さが痛い程に読み取れる作品でしたね。
自分も以前はジャンプを購読していましたが。ところどころで歴代作品の名セリフが出てくるのが個人的には痛快でした。
Unknown (タケヤ)
2015-11-11 22:14:05
yukarinさん、同感!
最高のエンターテイメントでした。面白かった!

僕も健君と神木君は好きです。(ホモではありません。)
カッコ良くて演技が上手い所がオジサンから見ても
実に素晴らしい(笑)

役どころが反対というのは僕も鑑賞前に聞きましたが・・・
原作未読なので全然違和感なかったですね。
続きがやるのならぜひ観たいです。
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2015-11-13 13:52:02
こんにちは。
漫画家さんの大変さがよくわかりましたね。
特にと週刊はきついなーと
歴代作品の名台詞とか出てくるとテンション上がりますね。
タケヤさんへ (yukarin)
2015-11-13 13:55:24
面白かったですね!
主演のお二人はほんと演技もうまいし見た目も良いしで見応えもありました。

役どころは...違和感なかったですよね。
原作を読んでいたらまた違ったのかもしれませんが。
できることなら続きも観たいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「バクマン。」の感想 (週刊少年ジャンプの感想)
私が入ったときには、お客さん少なくてガラガラでした。人気ないのね 内容も ダメだなぁ なんか違うなぁ の連発 音と映像が微妙にズレてる気もするし、音割れしてるような、 ...
バクマン。 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 高校生コンビが漫画家になって少年ジャン
劇場鑑賞「バクマン。」 (日々“是”精進! ver.F)
夢は、日本一の漫画家になること… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201510030000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】新宝島 (豪華初回限定盤[映画「バクマン。」BOX]) [ サカ...価格:2,656円(税込、送料込) ...
バクマン。 (Akira's VOICE)
ワクワクしっぱなしで面白かった!!  
現実は厳しい。『バクマン。』 (水曜日のシネマ日記)
大場つぐみと小畑健による大ヒット漫画を実写化した作品。高校生2人がタッグを組み漫画家への道を目指す物語です。
『バクマン。』 2015年9月26日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『バクマン。』 を試写会で鑑賞しました。 大根監督らしいテンポの良さとエンドロールの演出だったんだけど 映画としては長く感じた。 【ストーリー】  優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木...
映画『バクマン。』★最高☆バク走する彼らの夢は終わらない (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165247/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作未読ですが オモシロ満載の予告編から、超☆楽しみにしていまし...
『バクマン。』実写映画の3つの魅力 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  週刊少年ジャンプの王道ともいえる新妻エイジのマンガに対抗するため、原作担当の高木秋人(たかぎ あきと)と作画担当の真城最高(ましろ もりたか)が編み出した戦法、それが「邪道」だ。彼らは邪道なマンガを引っ提げて、少年ジャンプの激烈な人気...
映画:「バクマン」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年10月7日(水)。 監  督・脚本:大根仁 原  作:大場つぐみ・小畑健 キャスト: 真城最高:佐藤健・高木秋人:神木隆之介 亜豆美保:小松菜奈・福田真太:桐谷健太 平丸一也:新井浩文・中井巧朗:皆川猿時 新妻エイジ:染谷将太・川口たろう:...
バクマン。 ★★★★★★★(7点) (現役TV局員の Love Cinema!)
評価:★★★★★★★☆☆☆(7点)<8点以上→オススメ/7~6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>"バクマン。"(2015年/日本/120分)公開:10月3日監督:大根 ...
バクマン。/佐藤健、神木隆之介 (カノンな日々)
原作コミックは面白く人気が高い作品ということで名前を知ってたくらいでTVアニメは見たことありませんでしたが、予告編が面白そうだったしキャストも好みなこともあって期待して ...
バクマン。/佐藤健、神木隆之介 (カノンな日々)
原作コミックは面白く人気が高い作品ということで名前を知ってたくらいでTVアニメは見たことありませんでしたが、予告編が面白そうだったしキャストも好みなこともあって期待して ...
バクマン。~るろうに剣心vs.寄生獣 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。大場つぐみ、小畑健原作、大根仁監督。佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太。週刊少 ...
バクマン。  (Break Time)
明日から、3連休です・・・
「バクマン。」漫画家を目指した先に知った漫画家の過酷な現実と読者の支持なしには続けられないという漫画誌の現実 (オールマイティにコメンテート)
「バクマン。」は原作・大場つぐみ、作画・小畑健によるバクマン。を実写化した作品で、集英社の週刊少年ジャンプに持ち込みした2人の高校生コンビが連載を勝ち取り、ジャンプで ...
バクマン。★★★★ (パピとママ映画のblog)
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して....
『バクマン。』 (pure breath★マリーの映画館)
               友情、努力、勝利、そして恋。                   目指せ、ジャンプの頂点。 『バクマン。』 脚本・監督・・・大根仁 原作・・・大場つぐみ / 小畑健 出演・・・佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩....
バクマン。 (だらだら無気力ブログ!)
コレは実写化成功だな。
バクマン  映画感想 (にきログ)
映画を見てきたので感想です。 原作漫画アニメともに途中まで知っている人間です。 原作はジャンプで所々読んでたんですがコミックスは買っていなかったためうろ覚え なおかつ終盤はほぼ読んでない状態ですね ちなみに漫画は最近ドラマをやったデスノートと同じ原作と...
『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★映画である事】 原作マンガ未読。 なので、誰が似てて誰が似てないというのは分からない。 マンガを一回でも描いた事がある人は分かると思うが、 マンガ ...
『バクマン。』('15初鑑賞70・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月3日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。
『バクマン。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バクマン。」□監督・脚本 大根 仁□原作 大場つぐみ、小畑 健□キャスト 佐藤 健、神木隆之介、桐谷健太、新井浩文、山田孝之、       リリー・フランキー、宮藤官九郎、小松菜奈■鑑賞日 10月4日(日)■劇場  チネチ...
バクマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 少年ジャンプ連載の人気漫画を大根仁が映画化。遊び心たっぷりの映像と漫画への愛があふれるエンディングロールなど楽しかったけれど、終盤が駆け足すぎちゃったのは難点でした。  作品情報 2015年日本映画 監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、小松菜奈 上映...
「バクマン。」:ラブリーで感動的な青春エンタテインメント (大江戸時夫の東京温度)
いい! 映画『バクマン。』サイコーです(いや、主人公の名前じゃなくって)! ワク
映画「バクマン。」 (FREE TIME)
映画「バクマン。」を鑑賞しました。
バクマン。 (miaのmovie★DIARY)
【bakuman】 制作国:日本 制作年:2015年 秀才で漫画原作作家を志望する秋人から「俺と組んで漫画家にならないか」 と誘われた最高だが、当初は拒絶。しかし、声優を目指す片思いのクラス メイト・亜豆(あずき)美保と「漫画家として、声優として、お互いの夢が...
ベタな話も勢いで乗り切っちゃったね~。(;´∀`)~「バクマン。」~ (ペパーミントの魔術師)
神木くんが、この映画のPRでテレビにでるたんびに 佐藤健の写真集作りたいってそればっかいうもんだから 健くんの顔ばっか見ておわってしまった。・・・・以上。 いや、さすがにそれだけじゃモノが飛んできそうなんでもう少し。 ふたり揃って初めて意味のあるものだ...
「バクマン。」 友情、努力、勝利 (はらやんの映画徒然草)
大場つぐみさん、小畑健さんの「DETH NOTE」コンビのコミック「バクマン。」
バクマン。  監督/大根 仁 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 健  神木 隆之介  染谷 将太  小松 菜奈  山田 孝之 【ストーリー】 優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(サイコー)は、漫画原作家を志す高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初....
バクマン。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが机の上などにめちゃくちゃに積み上げられていて酷い有様。  そこへ....
漫画家になろう! (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「バクマン。」を鑑賞しました。 高い画力を持ちながら普通の生活を送ってきた高校生 真城最高は、同じクラスの高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。 週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む2人は編集者・服部に才能を認めら...
ジャンプよ永遠なれ~『バクマン。』 (真紅のthinkingdays)
 作画担当の真城最高(佐藤健)とネーム担当の高木秋人(神木隆之介)の二人 は、高校二年生の夏休み最後の日、初めて描いた漫画を集英社に持ち込む。 そこには、憧れの漫画週刊誌 「少年ジャンプ」 の編集部があるのだ。編集者・ 服部(山田孝之)に見込まれた二...
「バクマン。」 (ここなつ映画レビュー)
思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ~。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があっ...
バクマン。 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、小松菜奈、よーかいくん、今井隆文、五頭岳夫、小野敦子、稲村優奈、高橋綾沙、重廣レイカ、矢柴俊博、中川晴樹、勝矢、岩瀬亮、中村無何有、神農直隆、ノゾエ征爾、本多力、三浦俊輔、...
バクマン。 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
バクマン。 '15:日本 ◆監督:大根仁「まほろ駅前番外地」「モテキ」 ◆主演: 佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太 ◆STORY◆“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そう...
バクマン。 (2015) (のほほん便り)
とにかく、キャスティングが抜群で、テンポよく、青春・成長物語として、とても面白く見ることが出来ました。さすが、大根仁監督作品。ディテールの遊び心が心憎いです。個人的に......