★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と、趣味のひとりごと日記♪

ダブル・キラー

2012-07-31 | ★★★+(3.5/5)

【ENEMY AT THE DEAD END】 2010年劇場未公開 韓国 91分
監督:チョ・ウォニ
出演:チョン・ホジン、ユ・ヘジン、ソ・ヒョリム、イ・ジョンホン

妻子を殺され、死に損ないの人生を送ってきたミンホ。時が経ち脳卒中で入院した彼は、同室に入院して来たサンオプが、かつて妻子を殺害した男だと気付く...。

愛する妻子を殺された男と殺した男の壮絶な死闘を描いた密室シチュエーションスリラー。
主人公は脳卒中で身体がいうことをきかない状態で始まって、まさかこのまま病室のベッドで寝たまま続くのかー?と思ったらその通りでした(笑)。

偶然、同じ病室の隣同士になった男二人。それは妻子を殺された男・ミンホと殺した男・サンオプ。お互い身体がいうことをきかない状態であり、サンオプは記憶を失っていてミンホに気づかない。ミンホは病院内にあるものを使ってサンオプを殺そうとするのだけれどなかなかうまくいかない。
やがてサンオプの記憶がもどり、殺るか殺られるかの一触即発状態になるんだけどお互いベッドに寝たきり状態なので、あとはリハビリの状態によって生死が分かれるというもの。

シリアスな展開なのかと思いきや、クスッとしてしまうコメディっぽい所もありつつ、二人の攻防戦があり、妄想がありつつ、ライマックスでの死闘の末のどんでん返しにはびっくりこいたわー。そういうオチがあったとは気づきませんでした。

まー韓国のバイオレンス映画を期待すると物足りない所はありますが、病室でうまく身体の動かない男たちがバトルを繰り広げるというアイデアは面白いと思います。意外に病院には殺しのアイテムが揃ってたりするんですねぇ(笑)。

★★★.8


よろしければポチッとお願いします♪

ジャンル:
映画・DVD
キーワード
バイオレンス イ・ジョンホン ユ・ヘジン
コメント (4) |  トラックバック (1) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ビーストリー | トップ | 「お知らせ」 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白そう・・・ (マリー)
2012-08-02 00:17:28
こんばんは〜〜♪
なんか斬新!こういうのなかったね〜〜。
病室で寝たきり同士の戦い・・・しかもリハビリ次第って(笑)こういう発想、日本にはあまりないような???
病院に殺しのアイテム、確かに多そう〜。
メスだけで何種類あるんだ〜!!!?

そういうオチがどんなオチなのか知りたーい。
マリーさんへ (yukarin)
2012-08-02 15:25:27
こんにちは♪
なかなか無い設定ですよね(笑)
リハビリして身体が動かせるようになったらこっちのもんですからねぇ。
もう必死に頑張っちゃう(笑)
実は看護師さんとミンホとサンオプの関係がねぇ....どちらかの....
こんにちは♪ (maki)
2012-12-12 13:15:16
ちょっとコミカルなこういうノリ、
結構好きですよ♪

記憶自体があやふやなもんで俺の、俺のといいあい
ほんとに血まみれになっちゃうところも妙に可笑しかったですね
真相はまさかのアレでしたけども。
makiさんへ (makiさんへ)
2012-12-13 12:43:28
こんにちは♪
意外に面白かったです。
私もこういうノリは好きです。
ラストはちょっとびっくりでしたけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダブル・キラー (いやいやえん)
たまたま病室が一緒になった男二人、実は妻子を殺された仇敵同士だった、というシチュエーションもの。 殺るか殺られるかの一触即発状態なんだけど、卒中と事故で互いに身体が言う事を聞かない…ちょっとコミカルめいた部分もありますが、リハビリによって自由になっ...