★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

2014年03月01日 | ★★★★+(4.5/5)

【NEBRASKA】 2014/02/28公開 アメリカ 分
監督:アレクサンダー・ペイン
出演:ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ、ボブ・オデンカーク

回り道がもたらした
人生最高の当たりくじ

[Story]
100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ。それはどう見てもインチキだったが、徒歩でもモンタナからネブラスカまで金を受け取ろうとするウディに息子のデイビッドが付き添うことに...
 

明らかにおかしいと思われる100ドル当選金を受け取るためにネブラスカへと向かう高齢のガンコ親父と、その旅に付き合うハメになった息子との心温まるロード・ムービー。
監督は『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン。
主演は本作でカンヌ映画祭最優秀男優賞に輝いたブルース・ダーン。

こういう作品が上映されるなんてどうしたTOHOシネマズ?と思ったら、今年のアカデミー賞で作品賞ほか6部門ノミネートされてるんですね。だからかー!!
ギリギリで上映されて観てこられて良かったです。
どういうわけか『ダラス・バイヤーズクラブ』よりも人が入ってた、、、

父と息子のお話には弱くて絶対これは良さげだと思ってたけど、本当に素晴らしく、観終わった後に心が温まる素敵な作品でした。

出演者がみーんなじぃさん、ばぁさんばかりで平均年齢が相当高い!(笑)

すべてがモノクロの映像なので、色彩に影響されず物語に集中できる所がいいですね。
確かに多くの部門でノミネートされてるだけはある!!
特にガンコ親父を演じたブルース・ダーンの演技は素晴らしい!!!
高齢になってくると、こうと思い込んだらこちらが何を言っても聞かないんですよね。
観ながら亡くなった祖父を思い出して、あるある〜と。あっ父親もちょっとあるある(笑)

どうみても100万ドルが当選したのはインチキ。
歩いてモンタナからネブラスカまでお金を受け取りに行こうとするウディに負けて、息子のデイビッドが付き合うことに。
モンタナからネブラスカまでどのくらい?と思うと4州をまたぐらしい....徒歩じゃ死んじゃうって(汗)
その途中でウディの故郷に立ち寄る。すると、そこでデイビッドは父ウディの意外な過去を知ることとなり、さらに親子の絆を深めていくというもの。

『ファミリー・ツリー』の時もそうだけど、じんわりこれいいわーという気持ちになるんですよね。
この作品も淡々としてて特にすごい盛り上がりがあるわけでもなく、すごく感動するものでもないんだけど、じわじわきて最後にほっこりします。
とにかくデイビッドがやさしい。インチキはわかってるんだけど父親が気が済むまで付き合いしてあげて最後には素晴らしいサプライズをしてあげたりしてなんていい息子なんだと感動。ちょっと出来すぎだけど(笑)

ウディじいさんの半ボケっぷりが面白い、というか可愛い。
どこまでとぼけててどこまで本気なのか曖昧な所とその行動に笑いもありました。
それに付き合われる家族にも笑。
コンプレッサーのくだりはもー爆笑。ウディの言葉を真に受けてハラハラな展開に、、、
天然のボケにはかなわないなー。そこでツッコミが活きてくるから。
入れ歯探しも面白かったー。
ほかにも笑いところがたくさんあって退屈しませんでした。
そして、後半ではちょっと切ないシーンもあったけれども全体的に楽しいお話でしたね。
ラストで、ウディを笑った人たちがえ?って顔をしてる姿にニヤリ。

ヴディじいさんの過去の良いこと悪いことのエピソートを知る...実はすごく優しい人だったのですね。
ヴディの妻ケイトの若い頃の話(ほんとか?)に苦笑したり...。
彼女のいらん親族情報にも苦笑、そして毒舌にも苦笑だ(笑)。
ウディの兄家族もなんか笑える。親族の男性陣は無口が多くて、たまに出てくる会話も面白かった。

★★★★.7

 

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [DVD]
ブルース・ダーン,ウィル・フォーテ,ジェーン・スキップ,ボブ・オデンカーク,ステイシー・キーチ
東宝

 

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [Blu-ray]
ブルース・ダーン,ウィル・フォーテ,ジェーン・スキップ,ボブ・オデンカーク,ステイシー・キーチ
東宝
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Endless SHOCK 2014」 | トップ | 「SHINee WORLD J OFFICIAL FANC... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
じんわりと (ノルウェーまだ〜む)
2014-03-02 00:38:32
yukarinさん☆
ほんと、じんわりと心温まる映画だったねー
しかも、後から思い出すとじわじわともっと良くなってきて、うるうるしちゃうの。
こんな出来すぎた息子も、こういう田舎だからこそ成立するんじゃないかなぁ。
素敵なお話でした。

本当に天然なボケで!(笑)
カントリー (まっつぁんこ)
2014-03-02 10:42:55
日本ではイメージが湧きにくい心象風景だと思います。
アメリカの天文台にいた友人が、物を買うのに一番近くの店が何百キロか離れていて、車をびゅんびゅん飛ばしてえらく時間がかかると言ってました。
何にもない変化に乏しい道を走る時にカントリーをかけるとぴったりはまる。
この映画もカントリー映画だなと思いました。
こんにちわ (にゃむばなな)
2014-03-02 11:00:26
ラストの父親に華を持たせる凱旋ドライブ。
これ以上にないこの親孝行に涙が止まりませんでしたね。
デイビッドと同じく息子という立場にいる者としては、胸にグッと来る映画でしたよ。
yukarin☆ (mig)
2014-03-02 14:25:34
わー
気に入ったんだね。
ロードムービー苦手なわたしはちょっと退屈だったし
いい映画なのはわかるけど
笑えないしでピンとこなかったわぁ。
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2014-03-05 12:49:30
いいお話でしたね。
出来すぎな息子もこれが都会だったら、えーって思っちゃうと思うのですが田舎ならではですね。
ブルース・ダーンおじいちゃん...本当にこんなんじゃないかと思うくらい自然でした。役作りですよね(笑)
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2014-03-05 12:52:25
日本では考えられないですよね。
何百キロを??モノをひとつ買うのも大変なんですね、、、
確かにカントリーが似合いそうですね。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2014-03-05 12:53:52
こんにちは♪
ラストのドライブシーンはもーうるうる感動しちゃいました。
本当に親孝行の息子ですよね。
宝くじよりも素晴らしいものを手に入れましたね。
migさんへ (yukarin)
2014-03-05 12:57:31
わりとロードムービーは好きみたい。
特にこういう父と息子の話には弱いのよ〜
好みの問題ねこれは。
Unknown (ふじき78)
2014-07-15 12:42:37
あの親族全員が集まった無口の集会は笑った。
あのバカ兄弟も、デビッドも爺さんになると無口になるんだろうか?
ふじき78さんへ (yukarin)
2014-07-21 22:11:28
あれは面白かったですね。
あの兄妹はあのままなんじゃないのかな?
無口になったらこわい、笑。
こんにちは (maki)
2015-04-11 08:18:09
家族を思う気持ちが真ん中にあるのはわかるのですが、
ちょっとこんな孝行息子は居ないぞ、というのが
第一におもったことでした
映画としてはじんわりくるし、コミカルな部分もあって、
なかなかよかったです
makiさんへ (yukarin)
2015-04-15 12:43:22
こんにちは。
なかなかここまで孝行息子はいないですよね。
でも居たらいいなぁと思います。
父と息子のお話は大好きなので好きな作品です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アレクサンダー・ペイン監督『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(Nebraska)』父と子の"ゆきて帰りし物語" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『アバウト・シュミット』『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン監督による父と子のゆきて帰りし物語『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(Nebraska)』主演のブルース・ダーンは
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ゆるゆると心温まる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
全編モノクロだしー、ゆるそうな映画だしー、こりゃ寝ちゃうかも?と思ったら大間違い。 ゆる〜く笑える老おいた父と息子の心に沁みる作品は、今こそ是非とも観たい作品。
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (あーうぃ だにぇっと)
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅@松竹試写室
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 (2013) (相木悟の映画評)
じんわり沁み入る、親と子の愛しき旅ムービー! ずっとこの世界観に浸っていたいと思わせる、珠玉の人情ロード・ムービーであった。 本作は、『アバウト・シュミット』(02)、『サイドウェイ』(04)、『ファミリー・ツリー』(11)と撮る度に百発百中でアカデ....
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 (こねたみっくす)
老いても鯛。それが父親というもの。 息子にとって父親は人生最初の英雄。ゆえにその英雄の名誉を守るのは男としての一生の使命。例えその英雄が老いて衰えようが、ボケて意固地 ...
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」じっくり沁みる…、何かいい。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ネブラスカふたつの心をつなぐ旅] ブログ村キーワード  「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」のアレクサンダー・ペイン 監督の最新作。「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」(ロングライド)。モンタナ州からネブラスカ州まで、あることが原因で車で旅をすることにな...
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/Nebraska (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞主要5部門ノミニー。 アカデミー賞主要6部門 (作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚本賞/撮影賞)でノミネート中!! 監督は、「アバウト・シュミット」「サイドウェイ」「....
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (心のままに映画の風景)
100万ドルの賞金が当たったという、どう考えてもインチキな手紙を信じ込んだウディ・グラント(ブルース・ダーン)は、モンタナ州からネブラスカ州まで、徒歩で賞金を受け取りに行こうとする。 何を言っても耳を貸さない父に根負けした息子のデイビッド(ウィル・フォ...
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) モノクロ映像であるが故に美しく詩的な印象を受ける。
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 (ラムの大通り)
(原題:Nebraska) ----スゴイ雪だったニャ。 お空の上から見ると、一面真っ白。 「う〜ん。 なにせ、 東京じゃ16年ぶりという大雪だからね。 というわけで、今日はこの映画 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』」 ----えっ、ネブラスカって雪が多いの? 「いや、よく....
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『ファミリー・ツリー』などのアレクサンダー・ペインがメガホンを取り、頑固な父と息子が旅を通して家族の絆を取り戻す様子を描くロードムービー。大金が当選したという通知を信じる父とそれを怪しむ息子が、モンタナからネブラスカまで車で旅する途中に立ち寄った父の故...
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (サムソン・マンゴスの映画道半ば)
    『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』  (2013) 100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ(ブルース・ダーン)。 それはどう見てもインチキだったが、徒歩でモンタナからネブラスカまで金を受け取ろうとするウディに、息子のデイビッド...
映画:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 信じる心が大切。2014年型 ロードムービー!? (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アメリカ映画と言えば、定番ジャンルに「ロードムービー」がある。 なんたって広大な国だけに、東西を行き来するだけでいろいろドラマが発生するのだ(笑) これを親子で、というのが今作の特徴。 インチキ宝くじに当たったと信じ込んでしまった父親(ブルース・ダ....
映画・ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (読書と映画とガーデニング)
原題 NEBRASKA2013年 アメリカ 100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父親インチキだと知りながらもそっと寄り添う息子愛すべき旅の途上でいつしか心と心がつながれていく 警察からの連絡を受けて、疎遠にしていた父親のウディ(ブルース・ダーン)を迎えに行....
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (とりあえず、コメントです)
モンタナからネブラスカまでの父子の旅を描いたロードムービーです。 予告編を観て、モノクロの静かな映像が心地良さそうだなあと気になっていました。 頑固老人の父と、常識を持ちながらも我が道を行く父の希望を叶えようと旅を進める息子の姿に 心がじんわりと温かくな...
ネブラスカ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)これも、アカデミー賞の作品賞などにノミネートされたことから見に行ってきました。  本作は、老齢の父親が100万ドルの賞金に当たったと信じこんでいるために、その賞金の受け取りに、父...
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」:達者な作り (大江戸時夫の東京温度)
映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』は、モノクロ・ワイドの画面がいい味出して
ミリオンダラー・ダディ〜『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 (真紅のthinkingdays)
 Nebraska  モンタナでAV機器販売店を営む、冴えない中年男デイヴィッド(ウィル・フォ ーテ)は、父ウディ(ブルース・ダーン)とネブラスカを目指してドライヴする。 ウディは100万ドルの懸賞に当選したと思い込み、歩いてでもネブラスカに行 ...
映画『ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-30.ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅■原題:Nebraska■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:115分■料金:1,800円■観賞日:3月23日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)□監督:アレクサンダー・ペイン◆ブルース・ダーン◆ウィル・フォーテ◆ジュ...
旅で知る家族の、 (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」を鑑賞しました。 どう見てもインチキな100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ、信じるウディに息子のデイビッドは付き添うことに こうして始まった父と息子の4州をまたぐ車での旅が始まるのだが・....
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (映画に耽溺)
「2015年ですッ!!」 「ですッ!!」 「2015年一番最初の映画に耽溺〜!!」 「そして2014年映画の中でわたくし達的にNO.1作品だってことで・・・」 「そうそう」 「これさあ邦題でちょっと損しているんじゃないかってあたし、思うんだけど〜」 「またそ...
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (いやいやえん)
【概略】 100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父・ウディを見兼ねた息子のデイビッドは、骨折り損だと分かりながらも彼を車に乗せて旅に出る。 ドラマ 頑固者で少々痴呆気味の父親ウディと、彼の無茶旅に付き合う事になった息子との物語。 全編モノクロなので...