★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

永遠の僕たち

2012年05月16日 | ★★★★

【RESTLESS】 2011/12/23公開 アメリカ 90分
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス、ルシア・ストラス、チン・ハン

天国より近くにいる君へ

交通事故で両親を失い、自身も臨死を体験した少年、イーノック。以来、日本人の特攻青年ヒロシの霊が見えるようになり、今では唯一の話し相手となっていた。すっかり死にとらわれてしまった彼は、見ず知らずの故人の葬式に紛れ込むことを繰り返していた。ある日、それを見とがめられた彼は、参列者の少女アナベルに救われる... (allcinema ONLINEより)


両親を事故で失い自らも臨死体験をした少年と余命3か月の少女との切ないラブ・ストーリー。だったのね。
監督は『エレファント』『ミルク』のガス・ヴァン・サント。
主演はデニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパー、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ。共演に日本人特攻隊の青年役で加瀬亮。

公開前にテレビで紹介してたのを観た時、少年役の子がイケメン君だなーと思ってたのを思い出して観ました(笑)。あのデニス・ホッパーの息子だったとはびっくり。お父さんの若い頃の画像を探したら確かに似ている!! すみません~不純な動機です、、、。でも角度によってはそうでない時も、、、

アメリカ産にしてはとっても繊細なお話でした。ミア・ワシコウスカちゃんもアリスの時とは全く雰囲気が違う。そりゃ余命3か月の少女の役ですからねぇ、かなり痩せてて本当に病気かと思わせるほど...。ヘンリー君の心が不安定な繊細な演技も良かった。
なぜに特攻隊の青年の幽霊が?と思ったけど舞台はアメリカ。雰囲気的にヨーロッパのどこかかと思ってた。加瀬さんの存在が良かったし流ちょうな英語でした。あの手紙の内容がまた良くて泣けました。それにいいお辞儀でしたわ。

一度死を体験した少年とこれから死を体験する少女、そして愛する人の最期に立ち会った人と立ち会えなかった人の心情が丁寧に描かれていて死がテーマなんだけど、終わりではなくて旅立ちという感じでそっと余韻の残る素敵な作品でした。

両親のお葬式に立ち会うことができなかったイーノック、見ず知らずの人のお葬式に紛れ込んで死というものはどういうことなのか知りたかったんでしょうね。そんな時にアナベルに出会ったことで、彼女によって両親の死、そして彼女の死を受け入れることができたのですね。
ラストの表情がとても良かったです。

このところ犯罪ものやバイオレンスものが続いていたので良いのを観た!!

 

永遠の僕たち [DVD]
ヘンリー・ホッパー,ミア・ワシコウスカ,加瀬 亮
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェイク・クライム | トップ | 白夜行 -白い闇の中を歩く- »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (maki)
2012-05-16 15:24:29
とても繊細な物語でしたね
見栄えのいい子を持ってきたなーと思ったら、息子さんとは…確かに目のあたりとか似てますもんね!
彼女の死を前にしたラストのイーノックの微笑みがとっても素敵で心があたたかくなる作品でした
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-05-16 22:04:24
そうですよね。犯罪などで青少年の心の機微を描くのはもう見飽きた感もあるだけに、こういう命の大切さを通して若者の心の機微を描く作品はより心に残りますもんね。
Unknown (mig)
2012-05-17 10:46:37
yukarin気に入ったのね★
私,どうにもミアワシコウスカが苦手、、、、
これはすごくガスヴァンサントらしい映画だったよね~
多感で個性的な若い男女の恋。透明感ある作品。

美少年フェチ 笑
makiさんへ (yukarin)
2012-05-17 18:43:59
こんにちは♪
本当に繊細なおはなしですよね。
死がテーマですけどどこか温かみのある作品でしたね。
また見栄えがいいから余計いい!
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-05-17 18:49:59
こんにちは♪
とても心に残る素敵な作品でした。
キャストがまた素敵でした。
migさんへ (yukarin)
2012-05-17 18:58:04
あれれ苦手なんだ~それは残念。
そうなると入り込みづらいよね。
この監督さん、繊細なお話がうまいなー。

>美少年フェチ 笑
もうちょっと育ったくらいが...(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
永遠の僕たち~二種類の死 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Restless。ガス・ヴァン・サント監督、ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮。元々は舞台劇だったという。同じガス・ヴァン・サント監督作品「パラノイ ...
『永遠の僕たち』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の僕たち」□監督 ガス・ヴァン・サント □脚本 ジェイソン・リュウ □キャスト ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬 亮■鑑賞日 12月30日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、...
永遠の僕たち (風に吹かれて)
two of usthree of us か?公式サイト http://www.eien-bokutachi.jp舞台劇“Of Winter and Water Birds”の映画化監督: ガス・ヴァ
永遠の僕たち (いやいやえん)
故デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパーさんが主人公を演じています。臨死体験をしたせいで彼だけにみえる特攻隊の幽霊の青年ヒロシ(加瀬亮さん)、知らない人の葬式を練り歩いたり、道に倒れた自分の周りに白線を引くなどの死への捉われなど、暗い話かと思え...
永遠の僕たち/Restless (LOVE Cinemas 調布)
両親の死から立ち直れず、自分も臨死体験をした青年と、脳腫瘍で余命3ヶ月の少女の間の淡く切ない恋愛模様を丁寧に描く。監督は『ミルク』のガス・ヴァン・サント。主演は故デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーと『アリス・イン・ワンダーランド』のミワ・ワシコウ...
「永遠の僕たち」 消化しきれていない死 (はらやんの映画徒然草)
2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。 他のブロガーさんの昨年の
映画『永遠の僕たち』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-93.永遠の僕たち■原題:Restless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:寺尾次郎■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・製作:ガス・ヴァン・サント□脚本(脚色):ジェイソン・リュウ□撮影監督:ハリス・サヴィデ...
永遠の僕たち/ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮 (カノンな日々)
とりあえず、何はさておき加瀬亮さん目当てです。予告編での加瀬亮さんの特攻隊員の制服姿がミョーに似合っていたように思えるのは気のせいでしょうか?どうやら幽霊役らしいんで ...
『永遠の僕たち』 ('12初鑑賞3・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月3日(火) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 11:35の回を鑑賞。
『永遠の僕たち』 (こねたみっくす)
人はどこで生と死の線引きをするのだろうか。 命の終わりだけでは線引きできない「生きている死」と「死んでいない生」。それを臨死体験をした少年、余命3ヶ月の少女、そして特 ...
永遠の僕たち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
永遠の僕たち (初回生産限定ポストカード4枚組付き) [Blu-ray]クチコミを見るみずみずしい感性が光る異色の青春映画「永遠の僕たち」。死がテーマの物語だが最後には生きる希望へと ...
[映画『永遠の僕たち』を観た(スマン、短信だ)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、激烈な傑作であった。  残業を午後八時までした後、家と逆方向の多摩センターまでレイトショーを観に行き、心に、淡々と、だが大きな感動を、この作品は与えてくれた。    ◇  見知らぬ者の葬式に参列し、雰囲気をそれとなく観察することを趣味としてい...
映画:永遠の僕たち Restless「死」に取り付かれた青春映画、ってかなり嫌悪しつつ妙に残るものが、嗚呼... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「死」にまつわるストーリー展開は、基本パスな私。 なのだけれど、監督がガス・ヴァン・サントなので。 他人の葬式に勝手に参加する少年。 これにからむ女性、そして幽霊(なんと特攻隊員!) この関係性が少しずつ動き出す。 最初は嫌々(笑)観ていた。 のだが、....
終わりじゃない~『永遠の僕たち』 (真紅のthinkingdays)
 RESTLESS  両親を亡くし、高校をドロップアウトした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー) は、ある告別式で透き通るような存在感の少女・アナベル(ミア・ワシコウスカ) と出逢う。 ...
永遠の僕たち (とりあえず、コメントです)
ガス・ヴァン・サント監督が紡ぎあげた繊細なラブストーリーです。 ヘンリー・ホッパーとミア・ワシコウスカのアスファルトに横たわっている写真が印象的で気になっていました。 予想以上にきれいで優しい印象の残る深い愛の物語が繰り広げられていました。
永遠の僕たち / Restless (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」で証明済み、 思春期のジェネレーションを描かせたら右に出るものなし?のガス・ヴァン・サントが描く、 不治の病に冒された少女と、死に取り憑かれた青年の、 ち....
永遠の僕たち(2011)☆RESTLESS (銅版画制作の日々)
 天国より近くにいる君へ 評価:+8点=78点 フリ―パスポート第三弾はこの作品を鑑賞! 何か微妙な点数になりました。 一番気に入ったのはこの映像かな。淡い雰囲気でちょっとぼんやりしている。時代はいつごろなのかしら? ミア・ワシコウスカのファッションも...
永遠の僕たち (心のままに映画の風景)
交通事故で両親を亡くし、自らも臨死を体験した少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)は、日本人の青年ヒロシ(加瀬亮)の霊が見えるようになり、唯一の話し相手となっていた。 他人の葬式に紛れ込むこと...
永遠の僕たち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督が、事故で両親を失った孤独な少年とガンで余命いくばくもない少女の交流を繊細なタッチで綴ったラブストーリー。出演は、個性派俳優デニス ...
永遠の僕たち(DVD) (Merry Merry)
毎日は輝いている―。 原題:Restless 出演:ヘンリー・ホッパー, ミア・ワシコウスカ, 加瀬亮 監督:ガス・ヴァン・サント 製作年:2011 製作国:アメリカ 上映時間:91分 【内容】 交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年 イーノック。 高校を中退し た後、ただぶ ...
永遠の僕たち (悠雅的生活)
葬式ゲーム。自然観察者。敬意のお辞儀。
永遠の僕たち (あーうぃ だにぇっと)
永遠の僕たち 7月8日(日)@ギンレイホール 思い起こしてみれば・・・このころから腹痛があった。(笑)
永遠の僕たち (ダイターンクラッシュ!!)
2011年12月25日(日) 16:05~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『永遠の僕たち』公式サイト ガス・ヴァン・サントの青少年映画は、鬱屈した奴が出てきて、救いの無い終わり方をするという印象を、一方的...
「永遠の僕たち」 (或る日の出来事)
“Two of Us”で始まったのは思いがけなくて、ビートルズ好きな私は感激したけど。