★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

モールス

2011年08月06日 | ★★★+(3.5/5)

【LET ME IN】 2011/08/05公開 アメリカ R15+ 116分
監督:マット・リーヴス
出演:コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ、イライアス・コティーズ、リチャード・ジェンキンス

最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー

学校でのいじめに悩む孤独な12歳の少年オーウェン。ある日、隣に引っ越してきた少女アビーと知り合ったオーウェンは、自分と同じように孤独を抱えるアビーに惹かれ始める。やがて町では残酷な連続猟奇殺人が起こる...。

スウェーデンの『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッドリメイク。
監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス。
孤独な少年と少女?の切なくも美しい恋のおはなし。

一応オリジナルは観てるのでつい比べちゃいがちですが、まぁオリジナルは超えてないとしてもこれはこれで切なさが伝わってきたし、何と言ってもクロエちゃんが可愛いんでまぁいいかと(笑)。オリジナルのエリは中性的でどちらにもとれるように描かれていたけれど、アビーはもろ女の子に描かれてましたね。そのせいか、ちとアビーのどっちでもないという孤独感は薄れたような気もするし、それに“女の子じゃない”の意味もオリジナルとリメイクで違ってしまったかもしれませんね。

おはなしはオリジナルにほぼ忠実ですね。舞台は変わってニューメキシコの田舎で、時代はテレビにレーガン大統領が映ってたからあの頃かーと。微妙な所は違ってたりするけど、半年前に観たんで細かい所は忘れてるのでいい感じに観られました。でもオリジナルの雰囲気のほうがもっと寒くて冷たくて空気までもが凍ってる感じがして好みでしたね。

相変わらず血を吸うのにガッついてるなぁ。それにアメリカ的。トンネルの中とかぴょんぴょん飛び上がって行くところがぎこちないのはわざと?そこはイマイチ。でも口元や全身が血だらけになってるクロエちゃんはミステリアスでよろし。それに少女だけど大人っぽさも出てたからあれでかなりトシくってるアビーはハマってたかな。でもちょっと健康的だし裸の後ろ姿がヴァンパイアにしては肉ついてたよォ、、、。

ラストの二人がモールス信号で交わすシーンはやっぱり好き。

★★★.6

人気ブログランキングへ
よろしければポチッとお願いします♪

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホスピタル・オブ・ザ・デッド ... | トップ | こちら葛飾区亀有公園前派出所 T... »

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (KGR)
2011-08-07 08:52:26
ラストのモールスは取れませんでした。
中からはHiだったと思うのですが、返信を聞き逃しました。
お分かりであれば教えてください。
Unknown (maki)
2011-08-07 09:03:02
こんにちは^^
やっぱりオリジナルの儚げな冷たい印象のほうが、スッとはいってきますね
これもこれでいいのですが、わかりやすいハリウッド的な印象が残ります
クロエちゃんは相変わらず可愛らしいですけれどもね

ラストのモールス信号って、何をいいあってるんでしょうね
モールス信号がわからなくて伝わらない…
・゜・(ノд`)・゜・。
Unknown (mig)
2011-08-07 10:28:28
おはよう☆

こっちの方が、直接的だしホラーって感じだったような。
でもキックアスのクロエだからぜんぜん怖くない。笑

完全にエリの男の子、っていうのを排除して女の子との恋愛だったなー
Unknown (KLY)
2011-08-08 00:02:44
オリジナルを観ているから比べちゃうというか、余りにオリジナルと同じ話だからそりゃ嫌でも比べちゃうよね^^;
アメリカンテイストのスッキリ味か、濃い目のオリジナルか。私もやっぱオリジナルです。^^
こんばんわ~★ (maru♪)
2011-08-08 00:52:11
オリジナルはストーリー自体よりもむしろ、寒さを含んだ空気感がすきだったんですよね。
なので、アメリカに移した時点でちょっと違ってしまうことは仕方がないとして(笑)
でも、やっぱり「ぼかし」部分がないと意味が違ってしまいますよねぇ・・・
とはいえ、この作品も決して嫌いではないです(笑)
どっちも良いが (qでござるよ)
2011-08-08 01:01:54
やっぱりオリジナルが良かったかな
ってどっちもどっちも「それぞれのイメージ」が出ていたから良かったな
これはこれで♪有り♪のエリ像
原作が好きで、読んでて
原作から感じるイメージとか、「ぼくエリ」のオリジナルと合ってたのと
オリジナルのムードが似合ってる
クロエちゃん自体は好きなんだけど
「エリの役」としては クロエちゃんだと ちとはずれたかな?!?!
でもコレはコレで楽しめたよ
KGRさんへ (yukarin)
2011-08-08 12:45:58
さすがにそこまでは分りませんでした。
誰かわかる方いませんかねぇ。
makiさんへ (yukarin)
2011-08-08 12:48:17
こんにちは♪
これはこれでいいかなと思うんですけど、やはりオリジナルを先に観てしまいましたからね。

私もモールス信号はわかりませんでした。
でもあのシーンは好きなんですけどね。
migさんへ (yukarin)
2011-08-08 12:51:03
こんにちは~っ。
うんうん、ホラーっぽさがあったね。
クロエちゃんは怖いよりも可愛さが出ちゃってましたね。
そのへんで女の子にしちゃったのかな?
KLYさんへ (yukarin)
2011-08-08 12:53:15
確かに!
同じでしたもんね。これは仕方がない。
やはり私もオリジナルのほうが好きですね。
maru♪さんへ (yukarin)
2011-08-08 12:54:41
こんにちは♪
私もあの空気感好きでした。
こうしてみると「ぼかし」はかなり重要な部分でしたね。
qちゃんへ (yukarin)
2011-08-08 12:57:52
やっぱりオリジナルか。
私もどちらもいいと思うけれど。
原作はオリジナルに近いのかー。
クロエちゃん自体は可愛かったからまぁいいかというところ...
Unknown (えふ)
2011-08-09 20:25:52
最後の逃避行!?モールス信号でやりとりしてるのは私もすきだな~。
そして切ないなぁ。。。
いじめと両親の離婚、、、
どうしてそんな哀しい事ばっかりなのよね(涙
えふさんへ (yukarin)
2011-08-12 12:59:12
ラスト、いいですよね。
とにかく切なすぎるお話ですよねぇ。
いじめと両親の離婚でいっぺんにきちゃって辛すぎます。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2011-08-14 00:47:48
評価3.6だ!私は3.8にしました(笑)
何しろオリジナルを観ていないので、比較は
できないのですがσ(^◇^;)、yukarinちゃんはじめ、オリジナルのほうが好きという方が多いので、オリジナルも観ようと思っています(^_-)-☆

トンネルの中、ピョンピョン(苦笑)は、わざと?オリジナルには、もちろん、ないんですよね?σ(^◇^;)
ひろちゃんへ (yukarin)
2011-08-18 12:00:47
こんにちは♪
ちょっぴり上ですね(笑)
これはこれでいいんだと思うのですが、
ぜひぜひオリジナルを観てくださいませ。

ぴょんぴょんはどうだったかなー
↑細かいことはすぐ忘れる^^;
どっちも (ノルウェーまだ~む)
2011-08-18 22:04:15
yukarinさん、こんばんは☆
オリジナルもリメイクもかなりいい線いってるよね。
原作も読んだけど、どちらもある意味忠実だったかな。
こちらの「モールス」は私もクロエちゃんんが襲うところがイマイチ。
そしてアメリカちっくな雰囲気より、北欧のしん・・・とした景色が好き☆
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2011-08-19 13:44:04
こんにちは♪
リメイクもリメイクで良いほうだと思いますね。
どうしてもクロエちゃんは可愛い目線で見ちゃうので怖さがなかったかも。

>北欧のしん・・・とした景色が好き☆
私も北欧の雰囲気大好きです!
こんばんは。 (オリーブリー)
2011-08-26 22:31:49
リメイクはそれはそれでよく出来ていたけど、オリジナルを観ている人の感想は、ほぼ同じですね。
やはり北欧舞台の独自な雰囲気の中で魅了されたからかな。

オリーブリーさんへ (yukarin)
2011-08-29 17:32:36
こんにちは♪
リメイクも悪くはなかったんですが、
やっぱり北欧が舞台なのがいいんですよね!
こんにちは (悠雅)
2011-09-16 10:02:57
オリジナルを未見のまま観て、来月にWOWOWでオリジナルを観るつもりなんですが、
比べまいとしても、つい比べて観てしまいますね。
わたしは逆にリメイクにオリジナルを比べてしまうことになりますが。

12歳の少年のラブストーリーだと感じたこの作品、
オリジナルはどのように感じるか楽しみです。
悠雅さんへ (yukarin)
2011-09-18 20:54:37
こんばんは♪
内容が一緒だからどうしても比べて観てしまうんですよね^^;
後は好みなんだと思います。
どちらを先に観たかで感じ方も違うんでしょうか...
最後の信号 (通りすがり)
2012-01-12 00:07:36
こんばんわ。
今しがた「モールス」を見て、僕も最後の信号がどうしても気になり
解読を試みたんですが
クロエ「・・・・ ・・」=H I 「Hi」だとはわかったんですが、
オーウェンのがどこで区切られてるかはっきりわからず
「・・ ・-・・」だとするとI Lとなるのかなと思います。
I L が「I Love」なのかどうか・・・

それ以外の区切りだとIEDとかIADとかまったく意味を成しそうもない上に
かなり短い打診なので、文章ではなく略称だと考えると合ってるのかなぁと思います。
通りすがりさんへ (yukarin)
2012-01-12 13:00:24
こんにちは♪
うわー凄い。
まったくわからなかったんですが、
loveとかそういう意味のことを言ってるのかもしれませんね。
クロエちゃん (ヒロ之)
2012-01-12 15:47:29
今回のリメイクの仕方は良かったと思いました。
しっかりと残酷で悲しい雰囲気も出ていましたし、何より2人の純粋な愛に感動しちゃいました。
クロエちゃんは大分大人の顔になってきましたが、将来美人さんになるだろうな、と確信は持てました。
相変わらずクロエちゃんラブですみません(笑)。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2012-01-12 18:36:58
これはこれでいいのかもしれませんね。
クロエちゃんファンのヒロ之さんには満足だったのでは?
いい感じに育ってほしいですね~
こんにちは♪ (maki)
2012-01-15 12:09:48
やっぱり静寂な雰囲気や孤独と寒さが伝わってくるオリジナルのほうが良かったとは思うのですが、これはこれで1つの作品としてどちらもよく出来ていたと思います

クロエちゃん、将来どんな女優さんになるのかな、楽しみ半分期待半分ですね♪
makiさんへ (yukarin)
2012-01-16 14:37:49
私もオリジナルのほうが好きですが、リメイクもダメではなかったと思います。
女優クロエちゃんの成長が楽しみでもありますね。
Unknown (せつら)
2012-01-17 20:12:56
オリジナル・リメイク両方鑑賞しましたがやはりオリジナルのほうが
クオリティーは高いと思いますがリメイクはリメイクで
面白かったです。
こちらのほうがホラーよりですしね
せつらさんへ (yukarin)
2012-01-20 13:57:53
リメイクもそんなに悪くはなかったですね。
やはり好みはオリジナルですけど...
これはこれでいいと思います。
Unknown (たお)
2012-01-21 13:44:58
オリジナルをちょちょいとスマートにしたような一本でしたねぇ。恋模様が深くなった分、切なさは減っちゃったような感じも。
たおさんへ (yukarin)
2012-01-23 22:43:41
そうですね、切なさはオリジナルのほうがありましたね。
オリジナルと同じじゃん (FLAT)
2012-02-20 03:38:36
オリジナルを観ているので内容を少し変えてくれないと面白味に欠けます。オリジナルも、つい最近だったので忘れてないし残念ですね。虐めっ子の耳を怪我させて同時に死体が発見されてっていう忙しいパターンは、上手いですね。最後には、主人公が吸血鬼の少女をトランクに入れて、どうしたんでしょう? 街も母親も捨てて一緒に何処までも旅するんでしょうか? 吸血鬼の少女は、そんな事を繰り返してるようですね。罪深い少女ですね。此の少女は、コイツにしようと最初から狙いを定めていたに違いないですね。
FLATさんへ (yukarin)
2012-02-22 17:29:34
全く同じでしたね。
クロエちゃんは好きなので甘めな評価。
あの後どこへ行くんでしょうね。
ずっと同じことを繰り返しているんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
モールス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(13) オリジナルの良さを忠実に再現した作品。
モールス/コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ (カノンな日々)
スウェーデンのスティーヴン・キングと呼ばれるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化した『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッドリメイク版です。予告編 ...
モールス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マイケル・ジアッキノ/オリジナル・サウンドトラック 『モールス』スウェーデン映画の「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッド・リメイク。名子役二人の共演が見所だ。雪に閉ざさ ...
映画「モールス」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『モールス』(公式)を、初日の初回(8:45開演)にて鑑賞。130席余りに6名は多いのか少ないのか…。 なお、リメイク元のスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』は未見。原作小説も未読。ですから、『ぼくの~』や原作と比較はありません(って言う...
モールス (あーうぃ だにぇっと)
7月22日(金)@なかのZERO大ホール。 愚妻と通路にしゃがんみこんで食物を摂取していたらKLYさんに発見されてしまった。(笑) 今日はしょうもないカサキケイを連れていく。
『モールス』 (2010) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: LET ME IN 監督・脚本: マット・リーヴス 原作: ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 出演: クロエ・グレース・モレッツ 、コディ・スミット=マクフィー 、リチャード・ジェンキンス 、イライアス・コティーズ 試写会場: なかのZEROホール 公式サイト....
モールス (うろうろ日記)
試写会で見ました。ぼくのエリのハリウッドリメイクだそうです。お話は、隣に女の子が
試写会「モールス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/7/27、なかのZERO。 まずまずの入りか。 ここは最前列から3列ほどが同じ高さで可動席になっているので多少揺れる。 **   クロエ・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー、リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ。 ** 1983年....
モールス LET ME IN (いやいやえん)
「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク作品です。 話の流れは大体同じ。苛められっこのオーウェンが木に向かってナイフで刺して鬱憤をはらっているところ、アビーと出会う。「友達にはなれない」といわれるも、次第に近づいていく二人。 この作品はオリジナ...
モールス (Akira's VOICE)
暗夜行路のドラマチックホラー。  
モールス / Let Me In (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click この20年のアメリカでNO.1のスリラー。とにかく劇場に駆けこめ。 観終わった後にお礼を言ってもらえればいい。 とまで言わしめた、ホラー小説の巨匠 スティーブン・キングが選ぶ2010年のベスト1 これはあの...
モールス・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
雪に閉ざされた街で出会ったのは、二つの幼く孤独な魂・・・・ トーマス・アルフレッドソン監督による、スウェーデン発の異色のヴァンパイア映画、「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッド・リメイク版。 ...
モールス (LOVE Cinemas 調布)
ヴァンパイアの少女と少年の恋を描いたスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をハリウッドリメイク。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』マット・リーヴス監督が務める。主人公の少年を『ザ・ロード』のコディ・スミット=マクフィー、ヴァンパイアの少女...
『モールス』 (ラムの大通り)
(原題:Let Me In) ----これはスゴい評判。 観る前から、胸わくわくさせていたけど、 どうだった? 「いやあ。 噂にたがわぬ映画。 だけど、この映画の魅力を語るのって けっこう難しい。 オリジナルが、 『ぼくのエリ、200歳の少女』。 すでに傑作との評価を得ている....
『モールス』 (・*・ etoile ・*・)
'11.07.22 『モールス』(試写会)@中野ZERO yaplogで当選! これは見たかった。『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ目当てで行ってきた。 *ネタバレありです! 「両親は離婚調停中で、学校ではイジメに合っているオーウェン。孤独な彼はある晩、アパート...
モールス(Let Me In)/「ぼくのエリ 200歳の少女」ハリウッドリメイク版が、背負ってしまった宿命。 (映画感想 * FRAGILE)
モールスLet Me In/監督:マット・リーヴス/2010年/アメリカ・イギリス リメイクであるがゆえにつきまとう、言いようのない違和感。 「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク版です。ヴァンパイアを追う街の人が警官になっており、シーンの順序も変えられ...
「モールス」 (ここはここ)
映画 「モールス」 LET ME IN を観ました       マット・リーヴス監督 2010年 アメリカ 元は評判の良かっスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド・リメイク版。自分は『ぼくのエリ-』は未見なくせに「モールス」を観ながらも元作はどうだろ...
映画『モールス』 (健康への長い道)
 2010年夏に劇場で鑑賞したスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド版・リメイク。興味は無かったのですが、作家の沢木耕太郎さんが『ぼくのエリ』よりも“『モールス』の方に強く心を動かされた”と語っていたので、観てみる気になりました。 Story ...
モールス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全世界で60の映画賞を受賞したスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督が、ハリウッド版として映画化。連続猟奇殺 ...
モールス (だらだら無気力ブログ)
ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が同時に描かれたオリジナリティ 溢れる物語を恐ろしくも切ない作品に仕上げて世界中で評判を呼んだ スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を、 「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督がハリウ...
★モールス(2010)★ (Cinema Collection 2)
LET ME IN 最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー 上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(アスミック・エース) 初公開年月 2011/08/05 ジャンル ホラー/ドラマ 映倫 R15+  【解説】  ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が同...
モールス (食はすべての源なり。)
モールス ★★★☆☆(★3つ) 試写会会場に貼られてた、クロエのサイン入りポスター。 こちらは、スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク。 悲しいホラー。 酷評してしまった、オリジナル版だけど、ハリウッド版よりはよかったなと今思...
モールス (ダイターンクラッシュ!!)
2011年8月14日(日) 16:35~ TOHOシネマズ川崎3 料金:900円(TOHOシネマズデイvit購入) パンフレット:未確認 『モールス』公式サイト スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク。オリジナルは、昨年公開されたばかりでないか。(スウェーデンでの...
■映画『モールス』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
スウェーデンのヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの原作小説「MORSE―モールス」をハリウッドで製作したこの映画『モールス』。 同じ原作を2010年にスウェーデンで映画され、日本でも2010年に『ぼくのエリ 200歳の少女』という邦題で公開されています。 私は、ス...
『モールス』 ('11初鑑賞112・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月15日(月) TOHOシネマズ西宮ガーデン スクリーン5にて 12:30の回を鑑賞。
「モールス」(原題「Let Me In」)ハリウッドの底力 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
日本でも高い評価だった昨年のヴァンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」 原作もちょうど読み終わったし・・・・ ハリウッドがすぐさまリメイクした「Let Me In」は、さすがハリウッドも捨てたもんじゃない・・・・と思わせておいて~
映画『モールス』が描く通過儀礼とオーウェン的振る舞いしかできない我々のせつなさについて (「実存浮遊」から柔和な路上を歩き瓦解した世界に埋没する)
■ 映画『モールス』の悲しみ 映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク版である『モールス』を見ました。 以下ネタバレを含むので、見ていない方は了承の上お進みください。 主人公のオ...
裸足の少女~『モールス』 (真紅のthinkingdays)
 LET ME IN  1983年3月、ニューメキシコ州ロスアラモス。孤独な少年オーウェン(コディ ・スミット=マクフィー)は、ある夜裸足の少女アビー(クロエ・グレース・モレッ ツ)と出逢う。  ホ...
モールス (映画的・絵画的・音楽的)
 『モールス』を新宿のシネマスクエアとうきゅうで見てきました。 (1)この映画は、ヴァンパイア物があまり好きではないので圏外に置いておいたのですが、『キックアス』のクロエ・モレッツが主演し、評判もわるくはなさそうなのでドウしようかなと思っていたところ、夏....
モールス (心のままに映画の風景)
1983年、ニュー・メキシコの田舎町。 孤独でいじめられっ子のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は、隣に引っ越してきた少女アビー(クロエ・モレッツ)と出会い、少しずつうちとけていく。 そ...
モールス (悠雅的生活)
ルービック・キューブ。ロミオとジュリエット。閉ざされた窓。
映画「モールス」を観て (kintyre's Diary 新館)
11-52.モールス■原題:Let Me In■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:116分■鑑賞日:8月20日、シネスクエア東急(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督・脚本:マット・リーヴス□原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト□撮影監督:グレイグ・...
モールス (銀幕大帝α)
LET ME IN/10年/米/116分/ホラー・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:マット・リーヴス 過去監督作:『クローバーフィールド/HAKAISHA』 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『MORSE-モールス-』 脚本:マット・リーヴス オリジナル脚本:ヨン・アイヴィデ・....
モールス (いやいやえん)
再見につき加筆修正あり。 「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク作品です。クロエ・グレース・モレッツちゃんがヴァンパイア役に扮しています、相変わらず可愛らしいですね。 話の流れは大体同じ。苛められっこのオーウェンがアビーと出会う。モールス信...
『モールス』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:116分  原題:LET ME IN  配給:アスミック  監督:マット・リーヴス  主演:クロエ・グレース・モレッツ      コディ・スミット=マクフィー ...
モールス (Let Me In) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マット・リーヴス 主演 コディ・スミット=マクフィー 2010年 イギリス/アメリカ映画 116分 ラブロマンス 採点★★★★ 中学の時に初めて出来た彼女が年上だったこともあってか、しばらくの間は作る彼女全員年上って状態だった私。いいもんなんですよねぇ、...
映画「モールス」批評 切ないホラー(u_u。)  (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
モールス観ましたよ~(◎´∀`)ノ こんばんは、現在夜勤中っす[E:happy0