★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

幸せへのキセキ

2012年06月10日 | ★★★

【WE BOUGHT A ZOO】 2012/06/08公開 アメリカ 124分
監督:キャメロン・クロウ
出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・エリザベス・ジョーンズ、アンガス・マクファーデン

最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、
実話から生まれた<奇跡>の物語。

半年前に愛する妻を失ったベンジャミンは仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物が暮らしていた。ベンジャミンは動物園の再建を決意するも、資金難が発生するなど悪戦苦闘の日々が続く。しかし飼育員や地域の人々に支えられ、少しずつ再建は進んでいき... (シネマトゥディより)

廃園になった動物園付きの家を買った主人公とその家族の再生と動物園再建を描いた実話をもとにしたヒューマン・ドラマ。
監督は『バニラ・スカイ』『エリザベスタウン』のキャメロン・クロウ。

この日2本目でこちらも実話をもとにしたおはなし。そして同じくちょい前に「アンビリーバボー」でも元ネタを放送してました。相変わらずしょーもない邦題ですが、動物園を再開させるお話なのでネタはわかってると思い見たのですが......

し、しまった.......
見なきゃ良かった~とヒジョーに後悔(泣)
大筋の動物園を再建する内容は同じなんだけれども、ほかが全然違ってたー。
と、言うことで残念ながら普通のイイ話で終わってしまいました、、、
たぶん1本目が忠実に描かれてたからかも。

アクションをしないマット・デイモンも良かった。やさしいパパっぷりもいいけど、長男ときちんと向き合うシーンがいい。亡き妻の写真に涙するシーンも...。そして子供たちも良かった。特にロージーの発言にドキッ。特にラストの検査官に対しては焦るねー。飼育員で控えめな感じのスカちゃんも良かったよ。すっかり大人になったエル・ファニングちゃんも可愛かった。

うん......でも....でも....
てっきり忠実に再現された内容だと思ってたので戸惑った。映画なんだから脚色や設定変更は仕方ないと思うのですが、切り替えができませんでした。
だけど、ラストで倒れた木の向こうにある光景は感動しましたよ。それとベンジャミンと子供たちのカフェでのシーンとかね。爽やかに迎えたラストは良かったと思います。


++
だって動物園付きの家を購入したのは奥さんが存命の時だし、ベンジャミンは子供たちのそして病気の奥さんのためにと落札した家。長男はこんなにひねくれてないし、むしろ妻の死から立ち直れなかったベンジャミンを立ち直らせたのは長男だし...。夫婦愛があって家族愛があって、そしてあの動物園のロゴは奥さんのデザインでここに意味があるのにすり替えられてた(泣)

なによりもベンジャミンの動物園再建の意気込みが最初から違ってたのでそこから乗れず...。
動物園再建の難しさが思ったほど描かれてなかったし、動物園よりも人と人との心のふれあいをメインにしたんでしょうね。検査官はあんな意地悪じゃない。面白かったけど、、、

★★★.2


よろしければポチッとお願いします♪

幸せへのキセキ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
マット・デイモン,スカーレット・ヨハンソン,トーマス・ヘイデン・チャーチ,パトリック・フュジット,エル・ファニング
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

幸せへのキセキ [DVD]
マット・デイモン,スカーレット・ヨハンソン,トーマス・ヘイデン・チャーチ,パトリック・フュジット,エル・ファニング
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソウル・サーファー | トップ | ボイスメール »

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2012-06-10 00:22:13
わー。ソウルサーファーの方がよかったのねぇー
私はそこまで感動できるかどうか。
アナソフィアロブはスキなんだけど、、、

私はキャメロンクロウ映画好きなんだ♪
キャストも音楽も演出も良かった
アンビリーバボー (まっつぁんこ)
2012-06-10 07:38:36
アンビリーバボーはみてないけど、どこか嘘っぽかった。
脚色失敗でリアリティが欠如すると同時に安っぽさを感じる作品になってしまったと思います。
実話のほうが波乱万丈 (ノルウェーまだ~む)
2012-06-10 09:53:24
yukarinさん☆
何だか不思議よねぇ。
実話のほうがドラマみたいって!
必ずしも実話通りにする必要は無いとは思うけど、ドラマチックなのを簡素にしてどうする?って思っちゃったわ。
それにしてもアンビリーバボーに出てきた体格のいい女性を示して「映画ではこの人がスカちゃんなんだよ」って言ったら、パパンが絶句してた(爆)
Unknown (えふ)
2012-06-10 19:23:47
かなり脚色されたのね~。
わたしは全然知らなかったから、
すごく良かったわ~(笑
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-06-10 20:24:17
多分実話通りに映画化したら興行的に厳しいということで、お約束通りな展開に脚色したのでしょうね。
ハリウッドではよくあることですわ。
あんまりいいこととは思わないですけどね。
migさんへ (yukarin)
2012-06-11 00:06:41
うん、私はそっちのほうが泣けたし感動できたかな。
migさんは楽しめて良かったね~。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2012-06-11 00:09:50
つい比べて観てしまったんですが、ここまで違ってるとは思わなくて...
奥さんあっての動物園でもあったのでちょっとリアリティに欠けたかなとおもいます。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2012-06-11 00:17:51
ほんとですね~実話のほうがドラマチックですね。
せっかく脚色したんだからもっと感動的でも良かったのになーと思いました。
やっぱり映画だからきれい所を持ってきますもんね(笑)
えふさんへ (yukarin)
2012-06-11 00:19:26
知らなくて観て良かったと思う。
さすがに忘れっぽい私でも2日前に見たのでえー違う~と思っちゃった。
でも決してつまらなくはなかったよ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-06-11 00:23:10
こんばんは♪
私は実話のほうが泣けたんですよね。
泣けるよりも爽やか路線で行きたかったのかもしれませんね。
こんばんは。 (オリーブリー)
2012-06-11 01:48:39
そうなんですねぇ~。
番組の方が感動系だったら、期待も大きくなっちゃいそう。
宣伝もあるんだろうけど、公開後とか、放送日を考えて欲しいですね(苦笑)
こんにちは (たいむ)
2012-06-11 08:43:36
かなり違ってましたね。
試写会で先にみてよかったなぁーって思ったしw
多分それなあほんわかといい映画にいえたんじゃないかな?なんてねw

マットすきだから、そのへんはきにしないことにしました。
オリーブリーさんへ (yukarin)
2012-06-11 23:47:00
番組のほうが感動ものだったのでアレ?と思ってしまいました。
公開2日前はだめですね^^;
まさかこんなに内容が違ってしまうとは思わなかったので....
たいむさんへ (yukarin)
2012-06-11 23:50:08
いやーびっくりです。
映画を先に観られて良かったですね。
これが何ヶ月前に放送されてたら、あら~ちょっと違うんだねで終わったかもしれません^^;
フツウ・・・。 (rose_chocolat)
2012-06-12 06:57:29
そうなんです。 普通にいい話どまりなのが惜しいというか。
予告で全部出してしまってはいけません。。。

原作は、マットの奥さんの設定なども違うそうですね。死んでないらしいです。
ありゃ(^^; (ひろちゃん)
2012-06-13 01:44:20
yukarinちゃん、☆3?ひくっ(笑)
いつも好みあうのにこれはあわなかったね(^_^;)

>てっきり忠実に再現された内容だと思ってたので戸惑った

そう思ってしまったら、実話がいい話だっただけに、映画はアッサリって感じに思えて
なんか気が抜けてしまいますよね。

私は、かえって、別物になっていたので観れたのですが(^_^;)
(と言いながら、実は、アンビリーバボー観ていた時、その日は2時間睡眠で、仕事に行ったから、CMの時目をつぶったら、番組終わってしまって(T^T)
だから、半分くらいしか観れていないんだけど(^_^;))

魔法がかかったようなラストは素敵でしたね。
観終ったあと、幸せな気持ちになった作品でした!

PS.DVDに撮ってもらった、トンバン観ました!かなりカットされてたね(^_^;)ハニバニなくて残念(T^T)でも、全部やったら、DVD買わなくなっちゃうもんね(笑)DVD楽しみ~♪
rose_chocolatさんへ (yukarin)
2012-06-13 23:47:01
え?原作はまた違うんですか!!
どれが本当なんだ???
なんかこの作品に関してはどうでもよくなってきちゃいました^^;
ひろちゃんへ (yukarin)
2012-06-13 23:54:03
残念ながらひろちゃんとは全く評価が違ってしまいましたね^^;
別物と思っても2日前に観たから切り替えができなかったんですよね~失敗。
アンビリーバボーが半分しか見られなかったことよりも、2時間睡眠が気になる(笑)
お疲れ様でした~

お~DVD見られて良かったですね。ハニバニは見事にカットでしたね~さすがに一般人には見せられないでしょ(笑)
でもDVD発売前に見られたのはうれしいですね♪
今晩は~ (小米花)
2012-06-19 23:20:56
外は台風で東京近郊大荒れとなっています。
そちらはいかがでしょう。
同じでしょうね。。。


TV番組見ていないので、素直に楽しんでしまいました。
脚色で変わってしまたってことなんですね?

yukarinさんの記事で、番組の話を知って
良かったですよ。アリガトウ!
小米花さんへ (yukarin)
2012-06-20 10:29:51
こんにちは♪
台風は雨風が一時はすごかったですが、朝はすっきり快晴で暑いです^^;
東京方面も大変だったみたいですね。

このお話はテレビを見てないほうが楽しめると思います。
実際とは違う部分がありました。
時間をおいてDVDになったら見直そうかなと思います。
こんにちは^^ (みすず)
2012-07-18 14:16:56
アンビリバボーでするのは知っていたけど、映画を観るつもりだったから観なかったの。
そっちを観ちゃうと映画の方がイマイチに鳴っちゃうよね!

それでも、マットは良かったし娘ちゃん役の子は超可愛らしかったね^^
スカーレットもお色気押さえた演技で好感度アップでした~♪
みすずさんへ (yukarin)
2012-07-20 17:12:31
こんにちは♪
観ないで正解!!
あとにすれば良かったと後悔しました。
でも俳優さんたちみんな良かったですよね。
お色気なしのスカちゃんは私も好感度アップしましたよ~
Unknown (Nakaji)
2012-08-16 14:05:31
>そして同じくちょい前に「アンビリーバボー」でも元ネタを放送してました

そうなんだ~!!
それみたかったな~!!
Nakajiさんへ (yukarin)
2012-08-17 11:38:20
アンビリーバボーのほうが感動できたよー。
内容がこんなに違うんだったら映画の直前に放送してほしくなかったけどね^^;
こんにちは (maki)
2012-11-21 09:57:16
あら~見なきゃ良かった、だったんですか~それは残念
私はどっかで聞いたなこの話、程度だったので
いい話でほっこりしちゃいました~

まあ色々ツッコミどころはあるんですが…
それでもあたたかい家族愛や動物園再開に向けての色々は楽しかったし。しかし、ゾウの食事代だって相当のものなのに、どうやってまかなってたんだろう?とは思いますが…
マット・デイモンが巧い役者になっていて驚きました
makiさんへ (yukarin)
2012-11-25 17:12:30
こんにちは♪
そうなんです~まさかここまでが違ってるとは思わなかったので!
でもキャストは良かったし家族愛も素敵に描かれていたので、素直に楽しめなかったのは残念でした。
マットはアクションもいいけれどこういうお話もうまいですよね。
Unknown (たお)
2012-12-05 23:37:41
“実話は実話、映画は映画”と切り離して観ても、「じゃ、動物園じゃなくてもよくね?」と思えるほど動物がないがしろってのがなんともかんとも。。。
たおさんへ (yukarin)
2012-12-06 18:25:55
確かに動物たちの印象が薄いですね^^;
実話と違う所で変わってきちゃったんでしょうか...

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきた パパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く 監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トムちんの「ザ・エージェント」「....
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきた パパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く 監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トムちんの「ザ・エージェント」「....
幸せへのキセキ  WE BOUGHT A ZOO (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ベンジャミンの妻が亡くなったのは動物園購入後だったけど、それを購入前に変更して父と子とも達の物語にしたのがよかった。親子関係のドラマと、動物飼育の素人がベテラン飼育員と協力して動物園を再建する過程が平行して描かれている。動物園に行ってみたくなる映画だっ...
幸せへのキセキ/We Bought a Zoo (LOVE Cinemas 調布)
愛する妻を亡くした主人公と2人の子供たちが、その想いの篭った街を離れ郊外に閉鎖した動物園付きの家を買い、動物園の再興を通じて家族が心の傷から立ち直る姿を描いたヒューマンドラマだ。監督は『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウ。主演はマット・デイ...
映画「幸せへのキセキ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「幸せへのキセキ」観に行ってきました。イギリスの新聞コラムニストであるベンジャミン・ミーの回顧録を元に製作された、マット・デイモン主演の人間ドラマ作品。回顧録という...
幸せへのキセキ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】家族が再生するお話でしょ?と思ってい
映画:幸せへのキセキ We Bought a Zoo 妻を亡くした家族が、立ち直るために試みたユニークな方法とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
主役マット・デイモン。 彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。 ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」 ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。 ネットで調べると、けっこう賛否が別れてい...
劇場鑑賞「幸せへのキセキ」 (日々“是”精進! ver.F)
“20秒の勇気”を、持とう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206080003/ 幸せへのキセキサントラ SMJ 2012-05-30売り上げランキング : 21768Amazonで詳...
幸せへのキセキ (あーうぃ だにぇっと)
幸せへのキセキ@よみうりホール
幸せへのキセキ (佐藤秀の徒然幻視録)
実は人間が調教された話 公式サイト。原題:We Bought a Zoo。キャメロン・クロウ監督、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、マギー・エリザベ ...
自分に素直って意外と難しい 映画“幸せへのキセキ” (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★最愛の妻を亡くした悲しみを乗り越えるため、新たな人生をスタートさせようと動物公園の再建に取り組む家族の物語。 “自分の気持ちに素直になる”ことで、最愛の人を亡くした悲しみを思い出に変え、壊れかけた家族との関係を取り戻します。この物語に強く共感...
幸せへのキセキ (とりあえず、コメントです)
ベンジャミン・ビー著の自伝小説“WE BOUGHT A ZOO”を映画化したヒューマン・ドラマです。 予告編を観た時から、動物園を立て直すのってすごいなあと楽しみにしていました。 動物園の物語と共に、母を失った家族の再生が優しい視線で丁寧に描かれている作品でした。
「幸せへのキセキ」zooっと (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・?
幸せへのキセキ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 『幸せへのキセキ』このキセキって奇跡か軌跡か。
父親と息子の関係。『幸せへのキセキ』 (水曜日のシネマ日記)
閉鎖した動物園付きの家を買った家族の物語です。
幸せへのキセキ (心のままに映画の風景)
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に、新しい人生を切り開こうと郊外へ引っ越した。 購入した理想の邸宅には、閉鎖中の動物...
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (勝手に映画評)
実話に基づいた映画。いやぁ、アメリカって何でもアリなんですね。家に動物園が付いてくるとは。 主人公のベンジャミンは、マット・デイモン。いいパパと言う、これまであまり見たことの無いマット・デイモンもいいですね。そして、有能なチーフ飼育員はスカーレット・ヨ...
幸せへのキセキ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:We Bought a Zoo監督:キャメロン・クロウ出演:マット・ディモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニングあいかわらずセンスない邦題だけど・・・キャメロン・クロウ監督のセンスはいい!
幸せへのキセキ/WE BOUGHT A ZOO (いい加減社長の映画日記)
マット・デイモンといえば、ジェイソン・ボーンなんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 LAの新聞社に勤めるコラムニストのベンジャミンは、半年前に最愛の妻を亡くし、14歳の長男ディランと7歳の娘ロージーの子育てに追われている。 反抗期で問題...
『幸せへのキセキ』 (こねたみっくす)
動物園を買ってもいいじゃなイカ。だって冒険したいんだもん。 映画そのものがサントラのキャメロン・クロウ監督最新作は、妻の死から心機一転とばかりに動物園付きの家を買って ...
幸せへのキセキ (充実した毎日を送るための独り言)
・映画 幸せへのキセキ (6月8日より上映 マット・デイモン・スカーレット・ヨハンソン出演)閉鎖されていた動物園を買い取り家族とともに再建した英国人ジャーナリスト、ベンジャミン・ミーの回顧録をもとに、最愛の妻を亡くした男が動物園を立て直すことで悲しみを乗...
『幸せへのキセキ』 (ラムの大通り)
(原題:We Bought a Zoo) ※注:この映画の「キー」についても喋っています。 少し、見どころのネタバレになっていますので、 鑑賞ご予定の方は、それから読まれた方がいいかもしれません。 ----最近、この“幸せ”をタイトルに持ってくる映画って多いよね。 「うん...
「幸せへのキセキ」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
新しい人生にチャレンジし、愛する人の死を乗り越えた英国のコラムニストだったベンジャミン・ミーの実話をもとにした動物園と家族の再生の物語。聞くところによると本当は奥さんは家を買ってから病気を再発したとの
幸せへのキセキ/マット・デイモン (カノンな日々)
短い劇場予告編を観ているだけでも若干ですが涙腺が緩みかけてしまい公開を待ち遠しく思っていました。イギリスのコラムニストであるベンジャミン・ミーの実話を基に『あの頃ペニ ...
『幸せへのキセキ』私は<軌跡>のほうで。 (Healing )
幸せへのキセキ We bought a zoo ★★★★ 妻の死、ママの死。 それぞれに必要な グリーフワークは動物園にあり 妻の死から半年。 コラムニストのベンジャミン・ミーが一念発起して 荒廃した動物園を購入。 まったく知識も元手もない中で その動物園の再建を目指すお話で...
幸せへのキセキ (to Heart)
原題 WE BOUGHT A ZOO 製作年度 2011年 原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊) 上映時間: 124分 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ 監督 キャメロン・クロウ マット・デイモン/スカーレット・ヨ...
映画『幸せへのキセキ』 (健康への長い道)
 マット・デイモンも、スカ・ヨハも別に好きな俳優ではないし、ベタな邦題だし・・・。ということで全く関心の無かった『幸せへのキセキ』。しかし、新聞の映画評で心が動き、新宿バルト9へ。  ちなみに、原題は『WE BOUGHT A ZOO』(私たちは動物園を買った)と身も蓋...
「幸せへのキセキ」 (或る日の出来事)
“Why not?” がキーワード!?
『幸せへのキセキ』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: WE BOUGHT A ZOO 監督: キャメロン・クロウ 出演: マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、エル・ファニング 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 [2012年6月8日公開]   予告などでもハートウ...
幸せへのキセキ (風に吹かれて)
動物園を買うという冒険をしました公式サイト http://www.foxmovies.jp/sk実話の映画化原作: 幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語 (ベンジャミン・ミー著/興陽館)監督: キ
人への思いに溢れてる 「幸せへのキセキ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
ベンジャミンは息子の退学と隣家のうるささをきっかけに、郊外に家を買う。半年前に妻を亡くしたことで環境を変えたい気持ちがあった。しかしその家は「動物園つき」という条件があって…… 監督:キャメロン・クロウ 出演:マット・デイモン
★幸せへのキセキ(2011)★ (Cinema Collection 2)
WE BOUGHT A ZOO 最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、 実話から生まれた<奇跡>の物語。 上映時間 124分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/06/08 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 英国の人気コラムニスト、....
「幸せへのキセキ」 20秒の勇気 (はらやんの映画徒然草)
邦題の「幸せへのキセキ」、最初聞いた時は「幸せのキセキ(奇跡)」の方が日本語とし
動物園を買ったなら~『幸せへのキセキ』 (真紅のthinkingdays)
 WE BOUGHT A ZOO  冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡 くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変え るべく引っ越しを考...
幸せへのキセキ       評価★★★68点 (パピとママ映画のblog)
妻を亡くした悲しみにくれていた一家が、引っ越し先である閉鎖中の動物園を周囲の人々や亡き妻からのプレゼントに支えられながら再生させていくとともに立ち直っていく過程と奇跡を描いた感動作。イギリス人コラムニストの実話を「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェ...
『幸せへのキセキ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハ...
幸せへのキセキ (だらだら無気力ブログ!)
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。
幸せへのキセキ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月12日(火) 20:30~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) 『幸せへのキセキ』公式サイト また、「幸せの~」の陳腐で安易なタイトル。 原題は’We Bought a Zoo'であり、そのまま「私たちは動物園を買った」でもいいと思うぞ。 母親を亡...
幸せへのキセキ (こんな映画見ました~)
『幸せへのキセキ』---WE BOUGHT A ZOO---2011年(アメリカ)監督:キャメロン・クロウ 出演:マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット 、エル・ファニング 、ジョン・マイケル・ヒギンズ 、コリ....
幸せへのキセキ (映画的・絵画的・音楽的)
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。  物語は、半年前に病気で妻を亡くし...
We Bought a Zoo (naguCo.com)
久しぶりに心があったかくなる映画でした 実話だって言うんだからスゴイね 原作が読みたいな~ 家族の絆はやっぱりコミュニケーションがあってこそ マットの父さん役もハマってたし というか、演技がナチュラルで素晴らしかった 一切のセクシーを排除したスカヨハ嬢もま...
優しい音楽と陽だまり 『幸せへのキセキ』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
「幸せへのキセキ」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 2008年に発表されたベンジャミン・ミーによる回顧録を、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督、「ボーン・シリーズ」のマット・デイモン主演で映画化。  妻を病気で失ったショックから立ち直れずにいる男が、家族と自分自身の再生のために、仕事...
幸せへのキセキ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「幸せへのキセキ」監督:キャメロン・クロウ(『エリザベスタウン』)出演:マット・デイモン(『アジャストメント』『コンテイジョン』)スカーレット・ヨハンソン(『アイアン ...
幸せへのキセキ (みすずりんりん放送局)
 『幸せへのキセキ』を観た。  【あらすじ】  半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン(マット・デイモン)、彼の14歳の息子ディラン・ミー(コリン・フォード)と7歳の娘ロージー・ミー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)は、いまだ悲しみと混乱の中にいた。  ...
幸せへのキセキ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
幸せへのキセキ '12:米 ◆原題:WE BOUGHT A ZOO ◆監督:キャメロン・クロウ「エリザベスタウン」「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェント」「セイ・エニシング」 ◆出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリッ...
映画『幸せへのキセキ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-54.幸せへのキセキ■原題:We Bought A Zoo■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:石田泰子■観賞日:7月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ□脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作:ベンジ...
幸せへのキセキ (いやいやえん)
素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との絆を取り戻すという話ですが、驚いたことに何と実話...
幸せへのキセキ (We Bought a Zoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っこ...