★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

LION/ライオン ~25年目のただいま~

2017年04月10日 | ★★★★+

【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分
監督:ガース・デイヴィス
出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、アビシェーク・バラト、ディヴィアン・ラドワ、プリヤンカ・ボース、ディープティ・ナヴァル、タニシュタ・、ナワーズッディーン・シッディーキー

STORY:インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する... (シネマトゥデイより)


5歳の時に迷子になりオーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人になってGoogle Earthを駆使し生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした実話を映画化。監督は今作が長編デビューとなるガース・デイヴィス。

本当に奇跡の実話!
25年もの月日が経って実の母親と再開するなんて驚きですね。もしサルーがGoogle Earthを使えないような環境にいたらきっと会えなかったと思うと、サルーの運の強さと帰りをずっと信じて待っていた実母の想いの強さでしょうかね。

サルーを養子に迎えた夫婦が本当に素晴らしいですね。2人目の子がちょっと問題ある子だったのに見放さずちゃんと育てたのもすごい。エンドロールでは実際の写真が映し出されたけど本当に優しそうな夫婦だったし、実際の幼少のサルーも賢そうな顔してました。劇中でも感動しましたが、実際の母親との再開の写真でさらに泣けました。

子供時代のサルーを演じた子がほんと可愛い。くりっとした目が印象的で実際の子もそうだった。大人になったサルーを演じたのは『スラムドッグ$ミリオネア』の主役の子ですね。すっかり大人になっちゃってイケメンさんになりました。今年のアカデミー賞では助演男優賞に初ノミネートされました。

実話でサブタイトルにあるように最後は母親と再開できるのはわかってるのに、迷子でさまよう途中での男にどこかに連れ去られそうになる所を危機一髪で逃げ出したりとハラハラさせられたりスリリングな展開もありました。インド方面ではああいったことが日常的にあるんですね、こわい。タイトルの「ライオン」はどうして付けられたんだろうと思ったら最後でわかりました 笑。

久しぶりに見たニコール・キッドマンはちょっと老けたなーという感じがしましたが今までが変わらなさすぎだったんですよねぇ。本人も養子を迎えた経験もあるからいろいろと思う所があるのでは?とおもいます。いつも思うけどハリウッドセレブの養子縁組はよくきくけれど実子がいてもそれでも養子を迎える人もいてすごいなと思いますね。日本ではあまり聞かない...

サルーと別れたお兄ちゃんが気になったけれど....直後にそんなことがあったとはびっくりでした。お母さんの気持ちを思うと切ない、、、。だからかラストは余計に感動ものでした。

鑑賞日:2017/04/09

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴースト・イン・ザ・シェル | トップ | 「SHINee WORLD 2017~FIVE~... »

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
種明かし (まっつぁんこ)
2017-04-10 19:53:47
鮮やかでした。
オスカーなんでわざわざ難解な作品に授賞するのでしょ。
奇をてらわなくても良かったのにと思いました。
文盲 (ituka)
2017-04-10 21:49:58
ワタシ、恥ずかしながら「母は文盲」←これを「全盲」と見間違えていて
母が川へサルーを探しに行ったとき
落ちるんじゃないかとハラハラしまくりでした(←おバカでしょう)^^;
Unknown (mig)
2017-04-11 00:06:35
yukarin、ごめんねー頂いたTB間違えてスカちゃんとこに入れたかも、、、

これ泣けちゃったね。
デヴくんはイケメンになるのかななかなかセクシーでいい男になったよね。
短髪のミリオネアの時は青年て感じだったけど。

チャッピーでは博士やってたよね 笑
Unknown (mig)
2017-04-11 00:07:01
あ、栃木のイチゴではないけどイチゴの記事書いたよ♪笑
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-04-12 23:43:49
少年時代を演じたサニー・パワール少年の可愛らしさがこの映画の一番のミソですよね。
もし彼が演じてなかったら、ここまで感動することはあったのだろうか?と疑問に思うくらい。
あの可愛らしさの虜になった観客がそのままクライマックスで号泣しちゃうんでしょうね。
私もその一人だったので。
Unknown (えふ)
2017-04-14 20:22:55
養子に迎えたご夫婦がほんとに素晴らしい人でしたね。
しかもニコール・キットキッドマンがそっくりさんで(笑
再会できたのは良かったけど、
インドって子供の迷子とか人身売買が普通にあって
驚きでした。。。

運のいい (ノルウェーまだ~む)
2017-04-15 22:37:11
yukarinさん☆
実際サルーは賢さも有るけど運がかなりいい人だったのでしょうね~
自分の苗字も知らず、本当によく母と再会できました。
実際のサルーの幼少期と演じた子もよく似ているのね。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2017-04-20 12:45:51
受賞作品よりもこちらのほうが良かったのですが...觀る人を選ぶ作品が多いように思います。
素直に感動できるすてきな作品でした!
itukaさんへ (yukarin)
2017-04-20 12:47:52
いやいや私もたまにありますよ~
あとで知ってびっくりなんてことも 笑
他の方以上にハラハラ感のある作品になってしまいましたね。
Unknown (yukarin)
2017-04-20 12:51:50
TBあれ?と思って...大丈夫でーす。

泣けたわー
素敵な作品だし実話でした。
デヴくんはいい俳優さんになったなーと
チャッピーの博士もそうだったっけーいろいろ出てるね。

あ、イチゴ記事おじゃましましたー。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2017-04-20 12:53:23
こんにちは。
ほんと可愛かったですよねぇ。
私も同じく思います。
みなさんきっと同じ気持ちだと思います。
えふさんへ (yukarin)
2017-04-20 12:56:39
ご夫婦は素晴らしい方ですよね。
ニコールはほんと似てた!
インドの現状にはびっくり....今回は奇跡に近いんだろうなと...怖いですね。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2017-04-20 12:58:56
本当に運を持った人なんだろうなとつくづく思いますね。
最後に...まさか名前が違ってたとは驚きです 笑
実際の写真が出てきても似てて違和感なかったですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (あーうぃ だにぇっと)
LION/ライオン ~25年目のただいま~@よみうりホール
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 前情報完全シャットアウト(予告編すら観ない)で行ってきた。
『LION/ライオン 25年目のただいま』 2017年3月24日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『LION/ライオン 25年目のただいま』 を試写会で鑑賞しました。 相変わらず、よみうりホールは寒かった 【ストーリー】  インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中......
LION ライオン 25年目のただいま~/LION (我想一個人映画美的女人blog)
やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人に......
LION ライオン 25年目のただいま (Spice -映画・本・美術の日記-)
「LION ライオン 25年目のただいま」 よみうりホール(試写会) 1986年、インドで暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄(アビシェーク・バラト)と仕事を探しにでかけた
映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会) (風に吹かれて)
その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山
LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★ (パピとママ映画のblog)
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分......
『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』 (こねたみっくす)
大好きな兄ちゃんへ、25年目のただいま。 オーストラリアへ養子に出された青年が、インドで生き別れた家族をグーグルアースを使って25年ぶりに再会するという実話。その影にある家......
「LION/ライオン~25年目のただいま」☆無垢な瞳 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編から毎回涙ぐんでしまう映画。 映画もサルーの幼い無垢な瞳に完全にノックアウトされ、冒頭からなんだか泣けて・・・・・・
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (to Heart)
原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテ......
LION/ライオン ~25年目のただいま (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からグーグルのPR映画かと思いきや、インドで貧しい少年が迷子になっている場面に半分ぐらいを裂き、親子の再会シーンはわかっていながら、うるっときました。なかなか......
『LION /ライオン ~25年目のただいま~』('17初鑑賞37・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月14日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:40の回を鑑賞。
「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 (ここなつ映画レビュー)
感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に......
LION/ライオン 25年目のただいま (映画的・絵画的・音楽的)
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭......
「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 (或る日の出来事)
Google、株、上げたな!?
Google Earthの奇跡。~「LION ライオン 25年目のただいま」~ (ペバーミントの魔術師)
5歳の子供が夜中になんかの仕事をしようと思ってもそりゃ起きてらんないわな。なんでもお兄ちゃんの後を追っかけて同じようにやろうとおもってもやっぱり幼児。勝手に忍び込んで......