★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

沈黙 -サイレンス-

2017年01月21日 | ★★★★★

【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分
監督:マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ、塚本晋也、イッセー尾形、小松菜奈、加瀬亮、リーアム・ニーソン

なぜ弱きわれらが苦しむのか――

STORY:江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い... (シネマトゥデイより)

 

遠藤周作の小説「沈黙」を長年映画化を熱望してきたマーティン・スコセッシ監督により映画化した歴史ヒューマン・ドラマ。17世紀のキリシタン弾圧が激しくなった江戸時代初期の長崎を舞台に、来日した宣教師の壮絶な葛藤を描した作品。

スコセッシ監督が原作との出会いから28年、ついに映画化したいう力の入った作品とのことで気合いれて観てきました。2時間半超えの長丁場でしたが最後まで見入ってしまいました。

今までにも外国人監督さんによる日本を舞台にした作品は多くありますが、とんでも日本が描かれてることも多いです。日本人キャストも多いというのもありますが、外国人の監督さんだということを忘れてしまうほどしっかりとした日本が描かれていて、さすが巨匠マーティン・スコセッシ監督!と思いましたわ。

内容が内容なだけに日本人やクリスチャンに対して描き方も難しいところですが、どちらにも配慮された感じで描かれてましたね。でも....棄教させるための拷問はつらいものがありました。実際にもああいったことが行われてたんでしょうかね...酷すぎる。

日本人キャストの皆さんも英語の発音をかなり勉強されたんでしょうね、自然に感じで聴けました。実話ではないとはいえ、実際はどこまで話せたんですかねぇ。わりと日本語も多かったので観やすかったですが、宣教師はポルトガルからきてて英語でいいのかなと思ったり 笑。

スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールドもこんなに演技力あったんだー(ごめん)と思ってしまったほどの熱演で良かったです。ダークサイドにおちなかったアダム・ドライヴァーも好演。実はリーアム・ニーソンが出てるのを知らなくて冒頭に出てきてびっくり。後半での姿がクワイ=ガンぽくてニヤリとしてしまいました、、、。SW出演者が二人だー。

イッセーさんの井上様は一見やさしそうでやること冷酷だわ~と思いつつなかなかのハマリ役でした。浅野さんもロドリゴと仲間とでの話し方のギャップが良かった。窪塚くんー、何度裏切ってんだよーとツッコミ入れたくなったけどなんか憎めない役だよねと思ってしまった、、、。

ここまで日本原作ものを丁寧に描いてあって思ってた以上に良い作品でした。感動....というのとはちょっと違うけどすごい作品だなと思いましたね。エンドロールも虫の声から始まり波の音、カミナリの音と日本らしい音で締めくくられてたのが印象的でした。

が、しかし!!

一部気分ぶち壊しな所があったのが残念。みんな静かに観ていたのに....後半の一番大事なシーンで音も台詞もない沈黙なシーンでこともあろうか.....オヤジの豪快なイビキが響きわたっておりました 泣。あとは良かったんだけどなー、やられたよおっさん。

鑑賞日:2017/01/21

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死霊館 エンフィールド事件 | トップ | ザ・コンサルタント »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いびき (佐藤秀)
2017-01-21 23:49:23
実は私もラスト付近でいびき声に悩まされました。こちらはおばさんでしたけど。
凄い映画! (ノルウェーまだ~む)
2017-01-22 16:58:51
yukarinさん☆
わたくし新年最初の映画がこれでした~
とにかく「凄い映画」の一言に尽きるね。
どのキャストもこれ以上ないハマリ役で見事だったし☆
あまりに見事で、長い映画だったけど全く感じないくらい~~寝るなんてもってのほかだわ!
ちなみに泳げない私は冒頭から息が苦しく、何時間でも泳いでいるパパンはトイレに行きたくなってモジモジしていたそうな(笑)
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-01-23 00:14:58
こういう映画が苦手な人は映画館から出て行ってほしいですよね。静かに出来ないのであれば。

個人的にはこういう重い映画は好きですね。
自分の視野の狭さを正されているようで、世界の広さを痛感させられる作品でもありました。
こんにちは。 (BROOK)
2017-01-24 16:18:05
非常に見応えのある力作となっていましたね。
BGMが自然音メインなのも良かったと思います。

キャスト陣の演技も素晴らしく…
特に日本人俳優の皆さんが熱演していました。
窪塚さんがとても印象的。
佐藤秀さんへ (yukarin)
2017-01-25 17:24:23
そちらもそうでしたか.....
長いし盛り上がるものでもないですしね。
後半に差し掛かった頃から響いてましたよ 泣
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2017-01-25 17:34:25
映画初めだったんですね。
本当に凄い!作品で感想をかくのが難しかったです。
キャストもみなさんハマリ役でしたし演技も素晴らしかったです。
パパンさんはそんなに泳げる方なんですかーすごい。
私は...苦手です。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2017-01-25 17:36:56
こんにちは。
うとうとするくらいだったらいいのですが、いびきだけはやめていただきたいです。せっかくのシーンとした場面でがっかりでした。

私も重い映画はきらいではありませんが、ブログにアップするのは本当に大変です。
本当に見ごたえのある作品でしたね。
BROOKさんへ (yukarin)
2017-01-25 17:46:40
こんにちは。
見応えありましたね!
あまり音楽らしい音楽もない所も良かったですね。
日本人キャストのみなさんの演技は素晴らしかったです。
沈黙 (もののはじめのiina)
2017-02-07 15:16:27
拷問の種類もいろいろ考えつくものです。
温泉の熱湯を浴びせるとか、逆さづりするにも耳を切って苦しみを長引かせるなんて・・・。実際の処刑方だといいます。

豪快なイビキをかいたオヤジを起こして、「沈黙」といえば愉快でしたね ("^ω^)・・・

iinaさんへ (yukarin)
2017-02-08 15:32:18
実際にこういうのがあるとは恐ろしいですね。
どんなにつらかったか....

まったくイビキオヤジには沈黙の刑を!!
こちらが拷問でしたわ(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
沈黙−サイレンス− (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。遠藤周作原作、原題:Silence。マーティン・スコセッシ監督。アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー ......
沈黙 -サイレンス- (だらだら無気力ブログ!)
重厚な内容だった。
タイトルデザイン_47 BIG FILM DESIGN『沈黙‐サイレンス‐(Silence)』マーティン・スコセッシ監...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『沈黙‐サイレンス‐』Silence 原作 : 遠藤周作監督 : マーティン・スコセッシ出演 : リーアム・ニーソンアンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライヴァー窪塚洋介、浅野忠信イッセ......
[映画『沈黙-サイレンス-』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・観て来ました。  「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;  宣教師......
「沈黙」☆そこに真理あり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で......
沈黙 -サイレンス- (とりあえず、コメントです)
遠藤周作著『沈黙』をマーティン・スコセッシ監督が映画化した人間ドラマです。 原作は未読ですけど、予告編を観て大変な映画だなあと思っていました。 当時をリアルに伝えてくる......
沈黙 サイレンス / Silence (勝手に映画評)
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 159分にも及ぶ長い作品ですが見せます。流石にスコセッシですねぇ。それともちろん、遠藤周作の作......
『沈黙-サイレンス-』 (こねたみっくす)
ここにはいない神を信じるのか。それともここにある現実を受け入れるのか。 なぜ神は沈黙するのか。「信じる」とはいったい何なのか。ほぼ音楽のない映画が問い掛ける。28年間の......
沈黙 -サイレンス- (Akira's VOICE)
沈思黙考を促される映画。
沈黙 -サイレンス- ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから......
沈黙 -サイレンス- (だらだら無気力ブログ!)
重厚な内容だった。
劇場鑑賞「沈黙 -サイレンス-」 (日々“是”精進! ver.F)
魂のあるべき姿… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201701240000/ 沈黙改版 [ 遠藤周作 ]
沈黙-サイレンス- (風に吹かれて)
苦渋の選択 公式サイト http://chinmoku.jp 原作: 沈黙(遠藤周作著/新潮文庫)監督: マーティン・スコセッシ 17世紀、江戸初期。日本で布教活動を行っていたポルトガル人宣教師......
宗教の自由がある時代にうまれてよかったわ~。~「沈黙ーサイレンスー」~ (ペバーミントの魔術師)
ま~ふだんなら見ないタイプの作品ですわな。(;^_^Aでも不思議と長くは感じませんでした。重たいんだけども前のめりでみれたかな。窪塚洋介のユダ感半端ないね。最後の江戸でのシー......
『沈黙 サイレンス』 2017年1月17日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『沈黙 サイレンス』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 舞台挨拶というよりはトークショーでしょうか、椅子に座ってじっくりと マーティン・スコセッシ監督を始めとし、 窪......
教科書の中だけでは見えない事。『沈黙 -サイレンス-』 (水曜日のシネマ日記)
遠藤周作の小説「沈黙」を実写版映画化した作品。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の長崎を舞台に来日した宣教師の目線で描かれた物語です。
映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は......
『沈黙 -サイレンス-』('17初鑑賞06・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:00の回を鑑賞。 2D:字幕版。
沈黙 -サイレンス-・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
神はどこにいるのか?なぜ沈黙するのか? 江戸初期、キリシタン弾圧下の日本を舞台に、棄教した師を探すため日本に潜入したカトリック司祭たちの苦悩を描く遠藤周作の傑作小説......
映画「沈黙 -サイレンス-」 (FREE TIME)
映画「沈黙 -サイレンス-」を鑑賞しました。
沈黙 -サイレンス-/SILENCE (我想一個人映画美的女人blog)
真の信仰とは何か? なぜ神は沈黙しているのか? マーティン・スコセッシ監督が'88年に原作と出会ってから28年の時を経てついに完全映画化。 原作は戦後日本文学の最高峰と...
ドクター・ストレンジ/DOCTOR STRANGE (我想一個人映画美的女人blog)
マーベルコミックの最新シリーズ 事故ですべてを失った天才外科医が、魔術師のもとで修行を積み、スーパーヒーローとなるドクター・ストレンジ 監督は、実話を描いたオカル......
ドクター・ストレンジ/DOCTOR STRANGE (我想一個人映画美的女人blog)
マーベルコミックの最新シリーズ 事故ですべてを失った天才外科医が、魔術師のもとで修行を積み、スーパーヒーローとなるドクター・ストレンジ 監督は、実話を描いたオカル......
沈黙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『沈黙-サイレンス-』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その......
沈黙-サイレンス-  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  アダム・ドライバー  リーアム・ニーソン  浅野 忠信  窪塚 洋介 【ストーリー】 江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増してい......
沈黙 (もののはじめblog)
1971年(昭和46年)に篠田正浩監督が映画化した『沈黙』を映画館で見ているが、原作を読んだかどうか忘れてしまった。 江戸時代のキリシタン弾圧下の長崎が舞台。神を信じて過酷な......
沈黙-サイレンス (映画好きパパの鑑賞日記)
 信仰をめぐる遠藤周作の名作を30年近くかけてマーティン・スコセッシ監督が映画化。長時間、真面目でアメリカになじみが薄い題材のため、オスカー候補は逃しましたが、昨年のア......