★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ムーンライズ・キングダム

2013年02月12日 | ★★★+

【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分
監督:ウェス・アンダーソン
出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード

恋をしに出かけよう! ふたりだけの秘密の場所へ――。

[Story]
1960年代ニューイングランド島。自分が養子だということを寂しいと感じながらボーイスカウト活動をしていたサム(ジャレッド・ギルマン)は、常に本を読んでいる少女スージー(カラ・ヘイワード)に恋をする。キャンプでの生活になじめない二人は文通を始め、キャンプから勝手に抜け出し森で自由気ままに過ごしていた。一方、村では保安官(ブルース・ウィリス)やスージーの両親(ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド)らが、二人を捜していたのだが...


1960年代のとある島を舞台に駆け落ちした少年少女の駆け落ちと、島の大人達の慌てっぷりを描いたコメディ・ドラマ。監督は『ダージリン急行』『ファンタスティック Mr.FOX』のウェス・アンダーソン。

キャストが豪華だったんで観てきましたー。
一応ドタバタものなんだけどなんかほのぼの~としてて動く絵本のような雰囲気の作品でした。ケイタイもない60年代という設定が良かったのかも。駆け落ちするサムとスージーが微笑ましくてかわいい。スージー役の子がきれいでこのまま間違わないで成長すれば美人さんになりそう。

二人は1年前に出会い恋に落ちたサムとスージー。その後文通を始め、駆け落ちの計画を練っていく。そして草原で落ち合った二人は秘密の場所”ムーンライズ・キングダム”を目指すことに...。
すると二人がいなくなったことに慌てた警部やボーイスカウトの隊長、スージーの両親たち。しかし、島には大きなハリケーンが迫ってきていたのだ!!

駆け落ちした二人が最後に見つかるのかと思いきや、中盤くらいであっさり見つかっちゃう。どうするんだと思ってたら、そこからなんやかんやで緩いドタバタものになってて楽しいのと、クスッと笑える所もちらほらあった。とにかく二人が一緒にいたいという気持ちが伝わってくる。サムが所属するボーイスカウトの仲間たちが救出作戦として大人たちの手が救出?するところが楽しかった。

エドワード・ノートンがちょっと笑えた。ボーイスカウトの隊長さんなんだけど真面目にやってるのにどこかクスッとしちゃう。あまりこういう役をするイメージがなかったので新鮮。困ってないのにいつも困った顔してるのがいいよね(笑)

たびたび登場する赤い服のおじさんは何?と思ったら、普通にナレーターとしての登場なのね。
最近の主役じゃないブルースの出番は少なく、最後の最後で5分程度ということもあったけど今回は結構出番が多かった。全く危険の香りがしない、ごく普通のやさしい警察官な所がいい。
ビル・マーレイのお腹が...(汗)。相変わらずティルダ・スウィントンは動きがカキコキしてるなー(笑)

ここに出てくる子猫ちゃんがミーミー言っててかわいかったわ~。ワンコも可愛かったんだけど....なんと....かわいそうなことになっててビックリ。あれはひどいわーっっ。

レトロな雰囲気と音楽が良かったし脇役の人達も味があってよろし。エンドロールに音楽が流れる所でどの楽器が演奏してるのか説明する親切な所が良かったかな。たまにはこういうのを観るのもいいもんだと思える可愛らしい作品でした。

★★★.6

※TOHO Cinemas free passport #3


ムーンライズ・キングダム オリジナル・サウンドトラック
サントラ
USMジャパン

 

ムーンライズ・キングダム [DVD]

ムーンライズ・キングダム [Blu-ray]

ブルース・ウィリス,エドワード・ノートン,ビル・マーレイ,フランシス・マクドーマンド,ティルダ・スウィントン
Happinet(SB)(D)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きいろいゾウ | トップ | キラー・スナイパー »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-02-12 15:10:24
ウェス・アンダーソン監督の世界観ってどこか妙に落ち着くんですよね。
しかも才能ある監督だけに俳優が集まってくるのも面白いところ。
次回作も今から楽しみですよ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2013-02-13 23:23:24
こんばんは♪
なんとなく落ち着く気持ちわかります。
雰囲気が良かったです。
まだこれを含めて2作しか見たことありませんが、
次回作が楽しみですね。
Unknown (mig)
2013-02-14 09:49:56
おはよう☆
次回作にはジュードも出るのよ♪
楽しみ~
少年少女の逃避行。
私はあまり笑えはしなかったんだけど、雰囲気はウェスらしさ満点で好き。
日本でも興味ある人やウェスファンが観てるせいもあるけど、
思ったより評判いいよね☆
あ、ノートンは以前もすごいおバカなタイトル忘れちゃったけどデストゥースムーチーだったかな?にも出てて、今回も良かった♪
migさんへ (yukarin)
2013-02-15 12:57:47
こんにちはー。
ジュードが出るんだー楽しみだよね。
これってすごくいい!というほどではないんだけど、なんかいいなぁと思える作品。
評判いいんだ~こちらではあまりお客さんは入ってなかったけどね^^;
ノートンさんもこういう役好きだなぁ「デストゥースムーチー」というの観てみよう~
ゆる~い! (マリー)
2013-02-21 21:53:01
こんばんは~~♪
これは緩かった!しかも好きな緩さ・・・
結構、ヒドイことしてるのに感じさせないよね~。あの陰険な悪い子なんて、最後まで悪い子だったし・・・
スヌーピーが可哀想・・・
ニャンコはよく逃げないなぁって感心してたよ~。

キャストがみんな楽しくて、ブルースさんなんて今までで一番好きかも~。へんなエロいオヤジしてるよりずっといいわ(タイトル忘れたけど、謎解きもので演っていた)

エンディングも楽しかったね♪
マリーさんへ (yukarin)
2013-02-22 12:54:12
こんにちは♪
私もこういう緩さは好きかも。
ニャンコは可愛かった~ほんと逃げなかったですね。
ワンコは....ひどすぎますよねぇ、、、

全くアクションをしないブルースさんも良かったですね。
エロオヤジは似合わないなー...なんのやつだろ....
こんにちは (maki)
2013-08-02 09:43:33
コメディというよりかはドラマで、
ゆるい雰囲気とシュールさがとっても良かった!
最初は「ん?なんだこれ?」と思っちゃったんだけれど
慣れ、こういう世界観だとわかってからは楽しかったですね
スージーの仏頂面で何が飛び出してくるかわからないところが可愛くってたまりませんでした

これ60年代だったんですね
なるほどレトロな雰囲気!
makiさんへ (yukarin)
2013-08-04 20:49:21
こんばんは♪
たまにはこういう雰囲気の作品もいいですね。
レトロな雰囲気がよかったし、豪華俳優陣で楽しめました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作 来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました~ 監督...
[映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、...
映画レビュー「ムーンライズ・キングダム」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ムーンライズ・キングダム オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆少年少女の駆け落ち騒動を描くハートフルなドラマ「ムーンライズ・キングダム」。無名の子役を大物スター ...
ムーンライズ・キングダム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(12) 冒頭から不思議な世界に迷い込んだ子羊のワタシ。
ムーンライズ・キングダム (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
ムーンライズ・キングダム (あーうぃ だにぇっと)
ムーンライズ・キングダム@ブロードメディアスタジオ試写室
ムーンライズ・キングダム/ジャレッド・ギルマン (カノンな日々)
『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督が60年代を舞台に、とある小島で起きた少年少女の逃避行劇と彼らを追う大人たちの騒動をユーモラスに描いたハートフル・コメディ。 ...
ムーンライズ・キングダム (風に吹かれて)
ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「 ダージリン急行」1965年、アメリカ
『ムーンライズ・キングダム』 (こねたみっくす)
オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...
ムーンライズ・キングダム ★★★★ (パピとママ映画のblog)
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。 時は1965年の夏。米国東北部の沖に浮かぶニューペンザンス島は、1日に2便しか船が来ない辺鄙な小島で、警察官は疲れた中年オヤジ、シャープ警部(ブル...
映画「ムーンライズ・キングダム」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
『ムーンライズ・キングダム』ようこそ、12歳のみずみずしい王国へ (Healing )
ムーンライズ・キングダム ★★★★4.5 60’sの画集から飛び出した 12歳のまっすぐピュアラブ まず一言、言わせていただくと、 ウェス・アンダーソン、大好きだ~!!! まさに、ノーマン・ロックウェルの画集のような世界観。 彼のイラストから飛び出してきたような映像...
ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM (いい加減社長の映画日記)
意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...
ムーンライズ・キングダム (とりあえず、コメントです)
1965年のニューイングランド島を舞台に描いた、ちょっとコミカルなヒューマンドラマです。 予告編を観た時から、12歳の子供たちの駆け落ちってどうなるの?と気になっていました。 ちょっと不思議なお伽噺のような、可愛くて優しくて幸せを感じる物語が綴られていました。...
ムーンライズ・キングダム (心のままに映画の風景)
1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。 家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...
小さな恋の王国~『ムーンライズ・キングダム』 (真紅のthinkingdays)
 MOONRISE KINGDOM  1965年。ニューイングランド沖、周囲約26キロの小島。12歳のサム(ジャ レッド・ギルマン)とスージー(カーラ・ヘイワード)は駆け落ちをする。出会って すぐに惹かれ...
『ムーンライズ・キングダム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マー...
『ムーンライズ・キングダム』 (pure breath★マリーの映画館)
          12歳、サムとスージーの“駆け落ち”が               みんなに魔法をかけました。            『ムーンライズ・キングダム』 監督・脚本・製作・・・ウェス・アンダーソン 共同脚本・・・ロマン・コッポラ 出演・・...
小さな恋と子供と大人 (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・....
ムーンライズ・キングダム ◆ Moonrise Kingdom (■■たんたんたぬきの映画箱)
?? 独特の空気・世界観でオリジナルの作風を確立し、私たちの心を捕らえて放さないウェス・アンダーソン監督が送り出した新作は、小さな島に暮らす思春期前の少年少女が、駆け落ち騒動を起こすという天外なストーリー。 70年代「小さな恋のメロディ」や「リトル・ロマン...
ムーンライズ・キングダム (いやいやえん)
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィ...
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』1964年、レコードプレーヤー、ラジオ、赤い横縞灯台、ツリーハウス、釣り針で作ったイヤリング…・起こる出来事(