★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

日輪の遺産

2011年08月28日 | ★★★★(4/5)

2011/08/27公開 日本 134分
監督:佐々部清
出演:堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、麿赤兒、麻生久美子、塩谷瞬、北見敏之、ミッキー・カーチス、八名信夫

いつか、この国が
生まれかわるために

久々に映画好きの友人と鑑賞。ユアンの『ゴーストライター』観たいんだけどと言われたけど、宇都宮ではやってないし、『神様のカルテ』は櫻井くんのおばさんパーマで笑いそうなので却下、ほかの作品は私が却下してこの作品に落ち着きました。久々に“何観る〜?”で観た作品なので、戦争関係の映画としか知らなくてどんな話なのかも知らずに観ました。

浅田次郎原作の同名小説を『半落ち』『出口のない海』の佐々部清監督による映画化。
太平洋戦争集結目前の夏、GHQ最高司令官マッカーサーの200兆円もの財宝を巡る極秘作戦に関わった4人の男と20人の少女たちの運命を描いたおはなし。

昭和20年8月10日、帝国陸軍の真柴少佐は、軍のトップに呼ばれ、ある重大な命令を下される。それは祖国復興の資金にするため約200兆円のマッカーサーの財宝を隠すというもの。真柴は極秘任務を遂行するが、やがて任務の終わりが近づいたころ労動員として駆り出された20名の少女たちに非情な命令が出され...。

現代で20人の少女のうちただひとり生き残った久枝から、その時の話が語られるところからお話が進みます。それと同時にマッカーサーの元通訳からの別の角度からも語られるというもの。

小説とはいえ、マッカーサーのお宝をちょろまかしてしまおうというお話でびっくり。あんな重い箱を少女たちが洞窟の奥まで運ばせるなんてねー。またこの少女たちが純粋で健気で、ひたすらお国のために使命を全うするために一生懸命に働く姿が切なかったです。

戦争映画ではあるけれど、ほとんどが森の中での生活なので戦争らしい描写は特になく...。
前半のほうは極秘任務に関わる真柴少佐ら3人が謎の人物から受ける指令で、極秘に行動する所がスパイ映画っぽくてワクワクしたけれど...。その後、女学校の教師ユースケ・サンタマリアと20人の女学生らと共にお宝隠し。少佐たちとの交流もいい雰囲気の中、作業終了目前で急展開。

なぜここにいるのが彼女たちだったのか...それはある命令が下ったことでなるほどなと。そこからは、泣きの波が何度か訪れてくるのですよ。決してお涙頂戴的な演出ではなくて、ここで、ああ戦争映画なんだなと思わされる作品でした。

冒頭で亡くなるおじいちゃん、3人のうち誰なんかなーといろいろ深読みしちゃったらすんなりストレートだったわ、、、。

ラスト、久枝の前に現れる霊は久枝だけに見えるほうが良かったな。

人気ブログランキングへ
よろしければポチッとお願いします♪

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インシディアス | トップ | シンパシー・フォー・デリシャス »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2011-08-29 15:10:04
最初におばあちゃんが「だって赤鬼だもの」って言っていたから誰なのかはわかっていたけれど、久恵はユースケ先生が好きそうに見えたし、どうしてそうなったんだろう?ってずっと考えてましたよ(笑)

>久枝の前に現れる霊
ですよねぇ。でも浅田作品って「メトロに・・」もそうだけど、いつもそうなのよね(^^;
たいむさんへ (yukarin)
2011-08-29 18:24:55
こんにちは♪
あっそうか!!

>久恵はユースケ先生が好きそうに見えたし
それは私も思いましたが...

浅田作品はいつもみんなに霊が見えるんですね(笑)
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-09-02 21:12:03
そうそう、亡くなった級友たちは久枝おばあちゃんにだけ見えてほしかったですよ。
孫たちは横からチャチャ入れるな!でしたね。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2011-09-05 12:43:18
こんにちは♪
何も知らない孫たちにまで見せるのはなぁ...
あの時を知ってるおばあちゃんだからこそのシーンなのになぁと思いましたよ。
Unknown (FREE TIME)
2011-09-19 19:42:36
こんばんは。
自分も鑑賞しましたが、やはり戦争は悲劇しか生まない事を実感する作品でした。
もう、日本人のほとんどが戦争を知らない世代になっているので、こういった作品を通じて戦争の悲劇を伝えていくべきなのだと思います。
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2011-09-21 15:33:29
こんにちは♪
フィクションでも十分伝わってきますよね。
私も戦争の悲劇を伝えていくべきだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
日輪の遺産 (あーうぃ だにぇっと)
『日輪の遺産』7月15日(金)@よみうりホール。 一ヶ月以上も前に観てまだ記事アップしてないということは ひっかかりがあったからだ。(笑) (C) 2011「日輪の遺産」製作委員会 製作年: 2011年 製作国: 日本 日本公開: 2011年8月27日 上映時間: 2時間...
日輪の遺産 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
日輪の遺産マッカーサーの財宝隠匿という大掛かりなミステリーの隙間に見えるのは、戦争の犠牲になったけなげな少女たちの笑顔。丁寧で誠実な演出が佐々部清監督らしい。日本の敗 ...
映画『日輪の遺産 THE LEGACY OF THE SUN』 (闘争と逃走の道程)
 『鉄道員』『地下鉄に乗って』など、数々の作品が映画化されている人気作家、浅田次郎氏の初期の傑作を映画化。『THE LEGACY OF THE SUN』という英題がめちゃ格好いい。 日輪の遺産 (講談社文庫)浅田 次郎 ...
映画「日輪の遺産」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「日輪の遺産」観に行ってきました。浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。この映画、私の地元熊本では熊本市中心部にある熊本シネプレックスでしか上映されていなかったた...
日輪の遺産 (LOVE Cinemas 調布)
浅田次郎の同名小説を『半落ち』の佐々部清監督が映画化した。終戦間際の夏、マレーの虎・山下大将が連合国最高司令官マッカーサーから奪った財宝を隠匿する命令を受けた3人の軍人と20人の少女と教師たちの辿る運命を描いたドラマだ。主演に『武士の家計簿』の堺雅人。...
劇場鑑賞「日輪の遺産」 (日々“是”精進! ver.A)
日本の、未来のための、希望・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108270004/ 日輪の遺産 posted with amazlet at 11.08.23 浅田 次郎 角川書店(角川グループパブリッシング) 売り上げラン...
*日輪の遺産* (Cartouche)
    終戦間近の昭和20年8月10日。帝国陸軍の真柴少佐は、阿南陸軍大臣ら軍トップに呼集され、ある重大な密命を帯びる。山下将軍が奪取した900億円(現在の貨幣価値で約200兆円)ものマッカーサーの財宝を、秘密裡に陸軍工場へ移送し隠匿せよ……。...
「日輪の遺産」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「日輪の遺産」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、麻生久美子、塩谷瞬、八名信夫、他 *原作:浅田次郎 *脚本:青島武 *監督:佐々部清 感想・評価・批評 等、レ...
日輪の遺産 (花ごよみ)
時代は太平洋戦争が終わる寸前の夏。 マッカーサーが、 フィリッピン撤退の際に、 隠した財宝を日本が奪い、 その財宝を戦後の復興のために役立たせようと、 隠匿する命を受けた帝国陸軍将校。 そのために勤労動員された20名の少女。 浅田次郎作の同名小説が原作。 主...
「日輪の遺産」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読。どんな内容なのか予告編を見てもよく分からなかったのだが、小説とはいえ、終戦を間近にした最前線ではない戦争映画ということで、また別の視点から戦争を知る機会にもなろうかと公開を楽しみにしていた
日輪の遺産 (勝手に映画評)
浅田次郎の同名の小説の映画化。著者本人が映画化を熱望してきたと言われており、ようやく、その願いが叶ったと言う事になります。 山下財宝なら知っていますし、有名ですが、マッカーサーの財宝って、M資金??? と言う感じになりますね。でも、マッカーサーが非常に...
日輪の遺産 (佐藤秀の徒然幻視録)
ある意味なでしこジャパンの原点 公式サイト。浅田次郎原作、佐々部清監督、堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、麻生久美子、塩谷瞬、八 ...
日輪の遺産 (とりあえず、コメントです)
浅田次郎著の同名小説を『半落ち』の佐々部清監督が映画化した作品です。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 第二次世界大戦の終戦直前に、極秘任務を命じられた軍人たちと20人の少女たちを待っていた 過酷な運命に胸をつかれました。
『日輪の遺産』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「日輪の遺産」□監督 佐々部 清 □脚本 青島 武 □原作 浅田次郎□キャスト 堺 雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草 薫、森迫永依、       土屋太鳳、金児憲史、柴 俊夫、串田和美、山田明郷、野添義弘...
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の 佐々部清監督が映画化。 敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の 祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な...
命より大切なもんてないんちゃうん?〜「日輪の遺産」〜 (ペパーミントの魔術師)
昭和20年8月10日・・・ってことはもうホントに終戦間近の話。 帝国陸軍の真柴少佐(堺雅人)は、軍トップに呼集され、ある重大な密命を下された。 それは現在の価値で約200兆円のマッカーサーの財宝を隠すというものだった・・・。 結末のわかっている話をなんでそうな...
『日輪の遺産』 (こねたみっくす)
この映画の製作陣に戦争で命を落とした先人を敬う気持ちはあるのでしょうか。 こんなヌルい映画で亡くなった19人の少女と野口教諭の想いを語れると思っているのでしょうか。 浅田 ...
『日輪の遺産』・・・軍は負けても国は負けない (SOARのパストラーレ♪)
8月になると各局がこぞって放映する太平洋戦争を題材としたテレビドラマが実は好きではない。大きなテーマは戦争の愚かさを訴えるものでありもちろんそれに異論はないが、開戦に踏み切った軍部を単純かつ一方的に悪者に仕立てた挙句、民間人や末端兵士の悲劇をこれでもか...
「日輪の遺産」何も知らずに任務を遂行した先にみた日本を守ろうとする強い意志と悲劇を繰り返さないための遺産の継承 (オールマイティにコメンテート)
「日輪の遺産」は浅田次郎の長編小説を映画化した作品で、終戦直前の日本を舞台に終戦宣言する前に軍部が多額の財産を極秘に隠そうとし、その作業を遂行する少佐たちと20人の少女 ...
日輪の遺産 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「鉄道員」「地下鉄に乗って」など、数々の名作を世に送り出してきた、日本を代表するベストセラー作家・浅田次郎。1993年発表の「日輪の遺産」は、根強い人気作にして、浅田氏自身 ...
「日輪の遺産」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
三人の軍人。 二十人の女学生。 幽窓無昔日。
『日輪の遺産』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 日輪の遺産 』 (2011)  監  督 :佐々部清キャスト :堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、土屋太鳳、金児憲史、麻生久美子、塩谷瞬 太平洋戦争終結間近...
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ!)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の佐々部清監督が映画化。敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な筆致...
日輪の遺産 自分で修正しながら号泣〜o(TωT )( TωT)o (労組書記長社労士のブログ)
【=48 -8-】 浅田次郎さんの原作「日輪の遺産」は5年半ほど前に読んで、一番のクライマックスが自分の降りる駅のほん手前のタイミングで、電車内で「どば〜っ!」って涙がほとばしって、そのぐちゃぐちゃの顔面濡れ濡れのまま改札口をグスグスいいながら通過という、友....
日輪の遺産 (映画的・絵画的・音楽的)
 『日輪の遺産』を角川シネマ新宿で見てきました。 (1)ベストセラー作家・浅田次郎氏の作品が原作でもあり、また評判もよさそうなので映画館に行ってみたのですが、客の入りはイマイチでした。  物語は、終戦直前、日本軍によって秘匿されていた財宝を占領軍の手から....
映画「日輪の遺産」 (FREE TIME)
今月の上旬に鑑賞した映画「日輪の遺産」をレビューします。
愛国心が導いた生と死。『日輪の遺産』 (水曜日のシネマ日記)
太平洋戦争終結間近の日本で祖国の復興を願いGHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たちと20名の少女たちの物語です。
日輪の遺産☆独り言 (黒猫のうたた寝)
微妙にスルーしようかと思っていたのですが評判的に期待できるかもと劇場へ。確か、マッカーサーの財宝を隠匿して戦後の復興に利用する為、密かに隠したというフィクション。ある女子校の卒業式の最中、来賓の老人が急逝する。彼は、毎年妻と一緒にその卒業式に参列するの...
『日輪の遺産』| 伝え続けねばならないこと。 (23:30の雑記帳)
中村獅童が実によかったです。 いちばん軍人っぽさを醸し出していたように見えました。 映画としてはいろいろと厳しいものがありましたが、 戦時中の交通機関やら、服装やら ...