自分を高める読書の時間

気ままな読書感想文

【障害受容からの自由】 自分を問い直す言葉

2016-10-24 08:15:00 | Weblog



自分の考え方や価値観について、改めて問い直すきっかけとなる言葉があります。

私にとって、「障害受容」という言葉が、その一つです。

「障害受容」とは、文字どおりとらえるなら、「障害」を「受け容れる」ということになります。

作業療法士の田島明子さんは、障害のある人を支援する現場で、

支援者が、「Aさんが障害受容できていない」と発言したことに違和感を感じ、「障害受容」について考えることになったそうです。
前作「障害受容再考―「障害受容」から「障害との自由」へ」(三輪書店)も、とても興味深い一冊でした。
続編となる本書「障害受容からの自由」は、田島さんだけでなく、障害をもつ当事者、家族、支援者それぞれの立場から「障害受容」について書かれた本です。この本もまた、さまざまなことを考えさせられました。

「障害」を「受け容れる」ということについて考える時、
まずは、「障害」そのものについて、どうとらえるかということがあり、
その「障害」を「受け容れる」ことについて、どうとらえるかがあります。

肯定的か、否定的か。できるか、できないか。
できなくても、いいのか。そうではないのか。

頭で考えていることと、心で感じていることが、一致しないこともあり、
複雑な思いに駆られる可能性もあります。

「障害受容」は、「障害」について、改めて考える機会をつくる言葉であり、
「受け容れる」ことを、どうとらえるかを、自分自身に問い直す言葉だと思います。

改めて思うのは、人の感情や考え方は、揺らぐものであるということです。

「障害」も、「受容」も、それらのとらえ方は、
人の中で、しばしば揺らぎ、移ろい、迷うものかもしれないと感じました。

障害のない人は、自分に付随しているものではないからこそ、
「分からない」部分があるということを念頭においておく必要がある。
「障害」や「受容」について、「こうだ」と考えているものを
誰かに押しつけていないか。
常に、自分自身のとらえ方を問い続けることに意味がある気がします。

「障害受容」について、あなたは、どうとらえるのか?
改めて「問い」を突きつけられる一冊でした。

読んでみたい方は、上記の書籍表紙の画像をクリックすると
アマゾンにリンクしています。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【跳びはねる思考】「黙って... | トップ | 【コトノネVol20 六車由美さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事