。.:*:・'°☆雨月(うづき)。.:*:・'°☆戯言綴り

日々の出来事 猫達の事 アイツの事  戯れに過ぎた日々の事、書き綴っていきたいと思います。

惜別

2017-04-20 11:23:19 | 日記
君の言葉に一喜一憂し
君の言葉に翻弄させられ
泣いて 怒って 哀しんで......

自分が一番大事で
嫌な事から逃げて
誰かにケツを拭いてもらい
シオラシイ顔をして
他人にすがってきた人生
それも
私が最後の砦だったはず....

君はこれから
どうやって生きて行くのだろう
自分が背負わなければならない、荷物の重さを理解しているだろうか.....
背負って行けるだろうか
自分が反故にしてきた、様々な出来事の償いが出来るだろうか....

雨風を防げる家を失い
信用し、唯一味方だった人間を失い
一時の感情のままに、突っ走ってしまった君
もう、後戻りは出来ないんだよ
しっかりと前を向いて、地に足を着けて、踏ん張って生きて行きなさいね
自分が決めた事なのだから


精神的にひ弱な君を心配する私だけれど、これ以上してあげる事はもう何も無いよ
これから先、絶対に他人を哀しませてはイケナイ
裏切ってはイケナイ
踏みつけてはイケナイ
過ちは誰にでもある事
でも、同じ過ちを何度も繰り返してはイケナイ
それは、私にも云える事
だから、二度と君を信じる事はしない....


私は少し君を擁護し過ぎたかも知れない
愛をもって厳しく接していれば、君はもう少し変わっていたかも.


私という存在は、君にとって何だったのだろう...
君という存在は、わたしにとってなんだったのだろう.....
改めて自分に問うてみた
答えは..... 分からない
愛し愛された者同士だったのか
ただ、便利なだけの関係だったのか
この五年の歳月を振り返り、記憶を手繰り寄せ、幾度となく自問自答を繰り返す
でも、明確な答えを導き出す事は
出来なかった

君と出逢えた歓びの日々
君と過ごした愛と辛苦の年月
そして
哀しみと苦悩の月日
どれも、私の人生の一部
大切に心に刻んでおこう


最後に贈り物をしたいと思う
その内に報せが届くはず
私からの、細やかな餞別を
どう受けとるかは
君の判断に委ねよう




これが今生の別れに成やも知れない君に、惜別の想いを込めて








『サヨウナラ』
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 検査 | トップ | 祈り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。