come what may joyous life!

床床日記。じぶんと、そしてだれかに、響きますように。

中学生。

2016-10-14 17:15:59 | 日記
わたしは中学生が好きなんだけれども、
今放課後講習で教えている学校の子たちも
とてもかわいらしい。


忘れ物をしました
トイレ行っていいですか
…と落ち着きがないし、おしゃべりもするし、ぐっと集中して取り組む時間も少ないのだが、


やりたくないなら帰ってもいいですよ
と言うと、シーンとしてその後数分間は真剣に問題を解く素振りを見せる。
そのまま帰らないところがめんこい笑


特別講習という名前の7限目で設定していて、ここの学校は希望者だけの構成。
それで、学校側の担当の先生からは
ふざけてるやつは帰して下さって結構です、と言われている。


せっかく学校に残って50分過ごすのなら、少しずつ取り組んで力をつけた方がいいよと生徒に話している。


それでも6限を終えた中1~中3のこどもたちはやっぱり疲れていて、集中しなさいと言ってもなかなか難しいようだ。


先生は大阪出身ちゃうやろ?
と今日聞かれた。
やっぱり言葉で分かるのだろう。
みんな口々に日本の都道府県名を挙げてくれたけれど、当たるまで少し間があった。

何年前に来たの?
6年前だよ、と口に出して答えて、結構経つんだなぁと実感する。

何歳?
30なん歳?
と言われたので30代に見えるんだなぁ♪と思っていたら39?と言われる笑

こんな他愛のないやりとりがしたいんだろうな。

今のこの仕事(役割)では、授業に集中させつつ、
時にホッと息をついたり、
みんなで笑顔になる瞬間がある
そんな時間を作れたらいいなと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女子会。 | トップ | 運動会デビュー。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中学生 (かおり)
2016-10-18 12:19:19
この記事を読んで、ひのきのことを思い出していました。
中学生は面白いね。むかつく時もあるけど。笑

また教えられるようになって、よかったね!!
Re:中学生 (床床。)
2016-10-19 09:11:42
かおりさん。
ありがとう。ひのきのムードを大阪に来て最初の頃に感じられたのはよかったです(^ ^)
かおりさんに教わったことが今につながっている部分も大きいです。

学校は本来いいところなのに、今はいろいろあり過ぎて一筋縄ではいかないもんね。

わたしの場合、現状ではこのくらいの仕事のペースが合っているみたい(^ ^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL