淡々夢中日記

読書の感想とか、日頃思ったことを、ちょっとずつ書いてゆきます。

来年。

2016-10-16 14:14:23 | SMAP
昨日のサムガで、中居くんの口から直接「来年」という言葉を聞いてドキッとしたのはきっと私だけではないはず。

「最近ノート進んでない」っていうのは、長年の習慣がちょっと途切れたっていうことで、やはり解散とかこの2年間のことが色々ショック過ぎたのかなって、胸が痛みました。ネタを考えるどころじゃなかったのね、って。

「来年を機にスタイルを変えてみようかな」っていう発言のあとに、「スマホ」にするとか…っていう言葉もあったりして、バラエティ番組でのイメージとか全部変えていくんだ…「携帯を家に忘れて来ても平気」っていうネタはなくなっちゃうんだって思いました。それは、SMAPでなくなることへの準備にも見えて、かなり悲しくてがっくりきた言葉でもあったのですが、メンバーはもう今から頭を切り替えていこうと頑張ってるんだなと思うと寂しくもあり…応援したい気持ちもあり…なんか複雑です。

最後にかかった「freebird」は何だろう…この1ヶ月ちょっとの間にメンバーの番組で良く聞く曲です。

これで、ラジオでは、パワスプ以外全部の番組で「freebird」かけたことになるのかな。

実はテレビジョンのインタビューで「SMAPの曲は自分の応援ソングであり、自分の歩んできた痕跡でもあり、大事な宝物のようなもの。そんな曲たちのように、何年たっても色あせない、みんなに必要とされる人間でいられたらいいなって。/ そんな僕の今のテーマソングを選ぶなら『freebird』かな。好きなんですよ。今だからじゃなく常に好きな歌。歌詞も深くて、とてもハッピーで切なさもちょっとあって。いいなと思います」って言ってた草彅くん。

「そんな僕のテーマソング」っていうことは、いつまでも「みんなに必要とされる人間でいられたらいいな」っていうつよぽんの気持ちを表した歌っていうことでしょうか。「夢見る事や焦がれる事と いつでも向き合っていけるように 時間をかけよう 忘れないように この空のように」

よくよく考えると、変化の速い時代、はやりすたれのある芸能界で鮮度を保つにはどうしたらよいか、そこには明確な答えがあるはずもありません。答えがないからこそ、焦がれたり夢見たり変化に対応したりして飛び回らなければいけないっていう…しかし、飛び回ってる状態こそが現役感ですものね。

この歌を「とてもハッピーで切なさもちょっとあって」ととらえられるつよぽんもまたすごいです。「まばゆい光に飛んでゆけ」っていうさびのところは確かにハッピー感があるけど、「君との距離」とか「寂しい時間」を肯定してゆくこの曲は、たしかにちょっと切ない。私なんかはどっちかというと切なさを多く読み込んでましたが、つよぽん、前向きですね。


同じ「freebird」でも、5人それぞれにグッとくる箇所とか思い入れのある歌詞は違うんだろうなと思います。それくらい、歌詞が詩の世界そのものになっていて色んな解釈を許せていて、「世界で一つだけの花」とはまた違う魅力を秘めた曲かなと思うのです。

この曲に対して中居くんがどんな思い入れがあるかは分からないけど、個人的には「眠れない日々や胸を痛める/ 出来事を通り過ぎていく程/ 幾度も飛び立つことが出来ると/ 確信してやまないでしょう」のところに中居くんを重ねてしまいます。おすすめの快眠法のハガキをたくさん読んでくれた回だったというのもあるけど、私から見て中居くんは「転んでもただでは起きない」人だからです。

痛い思い、苦しい思い、悔しい思いを何度もしたであろうこの1年…でも、何度でも起き上がって飛び立ってほしいと思うし、そうできる人だと思います。


この曲はまた、稲垣くんの謹慎からの復帰後第一作のシングルでもあり、5人の結束を誓い合っての再スタート第一声とも言える曲。色んな意味合いの詰まったこの曲に、それぞれのメンバーがどんな思いを託してこの曲をかけたのか、とてもとても興味があります。


来年は中居くんのスマホトークが聞けるのもそれはそれで楽しいかもしれません。木村くんみたく、LINEのスタンプの話もしてほしいな。


でも、SMAPがSMAPでいられるようにっていう夢は、まだあきらめたくはありません。全員スマホの新生SMAPも楽しそう。なんとかして、そうならないかな?と思いながら、今日も葉書を書きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新CM。 | トップ | ネットとテレビ。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。