淡々夢中日記

読書の感想とか、日頃思ったことを、ちょっとずつ書いてゆきます。

空砲では?

2016-10-15 13:08:57 | マスコミ
「SMAP解散はメリーさんのせい?今井翼の漏らした”本音”」と題するデイリーニュースラインのさわりを読みました。

「SMAP相手でも臆さない。ジャニーズ事務所にも無敵状態の“文春砲”が、今回は今井翼(34)にさく裂した。『週刊文春』(文藝春秋)によると、今井翼はSMAPの解散についてメリー喜多川副社長(89)に責任がある、と言い放っていたという。同誌は、今井が銀座で行きつけにしているクラブで酒浸りの日々を送っていると伝え、酔いが回った時には、同期の滝沢秀明(34)とのユニット・タッキー&翼についても「解散したい」と不満を訴えていたとのこと。」で始まるこの記事。

一体「週刊文春」の方が何を書いてるのか、「テレビガイドプラス」と「TVナビsmile」を買いに行くときに立ち読みしてきました。

というのも、タッキーの記事の時は、酔ってるところにインタビューしたっぽい印象だったので、この頃タッキーとか翼くんを記者が尾行してるのかと思ったわけです。中居くんが尾行されてたという前例もありますし…。

しかし、『ジャニーズ今井翼が酔って「SMAP解散はメリーさんのせい」』というタイトルのこの記事は、インタビュー記事ではありませんでした。

確かに冒頭は太字で、「今井翼は…解散したいと…吐露した」って書いてるので、てっきりインタビュー記事かと思って読んだけど、「吐露した」って言ったのは、「今井の知人」とされる人物。記事の大半はこの「今井の知人」とされる人物と「〇〇関係者」という人物のしゃべった(とされる)内容で構成されています。「日刊ゲンダイ」と同じやり方です。

本当に取材した形跡は何もありません。

一番の驚きは、最後のほうに、ちょろっと「*所属事務所は今井が不満を漏らしたことを否定した」というような注を付けていたところ。そこは否定したかもしれないけれど、今井くんが不満を漏らしたという内容の記事を載せることには、所属事務所はゴーサインを出したのね…ってびっくりしたのです。

この記事には、事務所内の派閥闘争が反映されているのかなと思いました。

今井くんが言ったことが本当だという証拠は残念ながら、記事を読んでも見当たりませんでした。仮に、酔っぱらってそれに似たことを言ったところで、あくまでも酔っていたのですから、どこまでが本当のことか分かりません。「あくまでも酔って言ったことだ」ということにして四方八方に気をつかいながら書いた話題提供のための記事なのかなと思いました。

この記事は、一切取材しなくても、1時間パソコンに向かうなり、スマホに書き込むだけで出来上がる省エネな記事。文春がいつも真実を追求して何かを書こうとしているとは限らないのです。「無敵状態の文春砲」と持ち上げるほどのものではありませんでした。

「SMAP解散はメリーのせい」というタイトルでSMAPファンの関心を惹いて、ファンに買ってほしくて、ファンに構ってほしくて書いたのね、って思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶望と希望のはざまで。 | トップ | 新CM。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。