おっさん、2007年夏映画・第9弾「Life天国で君に逢えたら」に涙、涙、涙!!

今週の映画は「ラッシュアワー3」と最後まで悩んだが、
「Life天国で君に逢えたら」にした。
2005年に38歳の若さで他界した、世界的プロウィンドサーファー・飯島夏樹と
その家族を描いた真実の物語。ロケはハワイで行われ、海と風の演出が素晴らしい。
飯島夏樹の著書「天国で君に逢えたら」「ガンに生かされて」を原作としている。
実話を基にしたドキュメンタリー的作品として製作されている。

「Life天国で君に逢えたら」のストーリーを少し。
1991年、プロウィンドサーファーの飯島夏樹は、ワールドカップに出るため、
妻の寛子と世界各国を転戦していた。家賃も払えず、公園に寝泊りするような、
ドサ周りの日々だったが、献身的な妻寛子の支えで、オーストラリア大会で
夏樹は見事優勝。晴れて結婚式を挙げ、4人の子宝にも恵まれた。
それからも夏樹は世界中のレースに出場し、連勝を続けた。
ある時、体の異変を感じた夏樹は、精密検査を受けた。
検査の結果、肝細胞ガンであることがわかった…。

主演の飯島夏樹役に大沢たかお、その妻役で伊東美咲が初共演。
主題歌は桑田佳祐「風の詩を聴かせて」である。

おっさん的には、飯島夏樹の長女を演じる川島海荷(かわしま うみか)に注目。
1994年3月3日生まれ。13歳。将来性をめちゃ感じる。
身長146cm。血液型はO型。
「誰よりもママを愛す」真田知役、「役者魂!」福田桜子役。
映画では3人の弟がいたが、実際は弟と妹がいる。

ハワイのロケ地が何かめちゃいい。
パンクを修理するシーンは「ジュラシック・パーク」の撮影にも
使われたクアロア牧場もいい。
夏樹と寛子の結婚式は「キャルバリー・バイ・ザ・シー教会」である。
やっぱ、あこがれの教会やと思う。
「ウェディング・ウィンドサーフィン2人乗り」をやったカハラビーチもいい。
いや、何かハワイで住むってええやんとおっさんは思った。

いろいろと苦しいこともあったが、最後まで微笑んでいた
夏樹さんに拍手を贈りたい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )
« おっさん、D... おっさん、フ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。