セラピストのつぶやき

まあ、おもにつぶやきです。オモニ!

市民祭り

2014-10-25 01:22:44 | Weblog
守口市民祭り、出演時間が決まりました。



●守口市民祭り
11月2日(日)
京阪守口市駅前特設ステージ
10:00~16:00(フジシロの出演は12:49~)



12時49分から、ってのが公開生放送って感じで、イイ!!




告知CMも流れ出してる様子で、



ぼくのうたバージョンもあるとか。



MEET THE WORLD BEATに出るみたいで、イイ!





きのう、『わが町守口』を作曲してほぼ完成。




♪わが町~守口~風が~笑って~る~♪



歌詞!!




もう媚び媚びです。




その後は、



♪わが町~守口~ ○○○な町~♪



といくべきなんですが、



いまんとこベストは、



「あしたへ続く町」。




でももうひとつありそうなんよね。





この○○○と2番のBメロができたら完成。




全然間に合いそう。





当日やります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイレント映画上映会

2014-10-20 00:23:38 | サイレント映画


サイレント映画上映会、『ファウスト』。



ご来場いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました!




弁士+生演奏付き上映会、来月11月で2年になります。




今回は、ひとつの作品をみんなで仕上げてゆく、



その過程を含めて、記念碑的作品となりました。




同じメンバーでずっとやっていくと山あり谷ありで、



ここ数ヶ月は谷の時期もあったんですが、



「やっぱり特別な仲間なんだ!」



と思えた上映会と打ち上げでした。




ま、たぶん基本的に仲がいいチームなんだと思います。





サイレントの映画に音楽を付けるというのは、



いにしえの監督の作品におじゃまさせてもらう、と言うことなんですが、




「またおいで。」



と言ってもらえるか、



「はよ帰って!!」




と言われるか、




そこはいつも気にかけて作曲しています。





たぶん、「はよ帰って!!」と思われることの方が多いと思うけど、



できる限り「またおいで。」と言ってもらえるように努力はしています。





ああ!今日もいい一日でした。





差し入れに、ヒロタのシュークリームもらった。





ヒロタ!!




かつては王道やったのにひさしぶり。




やっぱりおいしかった。




どうもありがとう!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

途中経過

2014-10-13 04:45:31 | Weblog
通行人A:「馬鹿な女ね。結婚もせずに姦淫にふけってたんですってさ。」

通行人B:「まあ!」





まあ!!




サイレント映画『ファウスト』作曲。



後半60分ひとまず完成!




後はあした早起きして、前半30分のリテイク。





結婚もせず姦淫にふけってもいいような感じに仕上がってきてますが、




ええんやろか?





ま、明日みなさんのご意見を聞いて考えましょう。




でも、映画を作ったムルナウ監督もいろんな解決しないメッセージを込めてる気がしてならんけど。




今日は集中したわ。





曲を作ることによって、



サイレント映画と深い仲になる至福の時間。





こりゃ本番たのしみや~!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守口市民祭り

2014-10-12 21:18:36 | Weblog
ひょんなことから、守口市民祭りの出演が決定しました。





もちろん、いんちきサキソフォン奏者としてではなく、



ど真ん中、オリジナルの弾き語りです。




●11月2日(日)守口市駅前広場にて



12:30くらいからの出番のウワサ。




予定してた出演者が出れなくなり、



急遽トラ(代役)が回ってきました。




そしてこちらの模様は。




FM Hanakoにて『公開生放送!!』です。





せっかく市民祭りやし、




『我が町もりぐち』




とかいう新曲作って挑みたいところ。




♪花が話しかけるよ~ 風も話しかけるよ~♪




とかって感じか?




とにかく誘ってもらえてうれしい。




どうぞお越しを~!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたらしい愛の詩

2014-10-11 23:11:02 | Weblog
ぼくはけっこう運気のいい時期なんやけど。




世間的には運気が悪いのか、いろんな友達からメールや電話が。





決してぼく、甘えたくなるタイプじゃないと思うんやけど、



一気に相談ごとを持ち込まれちょっと疲れ気味。





一番大切な友達からの電話やったのに、



途中で、




「ごめん。ずっと聞いてたら疲れてきた。」




ってゆってもた。





アカンわ~!!




30代のうちになりたい自分というのがあって、



けっこうこの2年で達成できてきたけど、



その辺は40代に持ち込み。






amazonから頼んでたCDが届いた。



鈴木祥子『あたらしい愛の詩』。

https://m.youtube.com/watch?v=rMVWZDoiSDo



だいすきなアルバムやのに持ってなくて久々に聞いた。





ああ、音楽はこんなにも救ってくれる。




きっとぼくより救ってくれるよ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の一瞬

2014-10-08 22:04:02 | Weblog
姉の次女(小2)に、


「どの季節が一番すき?」


と聞くと、



「夏から秋に変わるちょうど今くらいの季節。」



と答えた。




おぬし・・・、気が合うな!!




今年は『夏の一曲』を発表するの忘れてたけど、



振り返るとこの曲でした。




♪高原の太陽はプリズム
奪い合い 空翔けるボールは
埃りの中の日食

少年は苦しさと向き合う
ほとばしる水道の飛沫に
燃える魂を打たせて♪

『ノーサイド・夏~空耳のホイッスル』松任谷由実



夏が終わる頃、


一日一日風は表情を変えて秋に向かってゆく。




ユーミンはこの季節を詠うのがほんとうにうまい。




そして2度と来ない一瞬を、うたの中に封じ込めてそれを永遠にする。





「奪い合い空翔けるボールは埃りの中の日食」。





飛んだボールが太陽と重なるなどほんの一瞬ですよ。




それを、一枚の絵にするように、ユーミンは一曲に詠い込んでゆく。



こんな詩、死ぬまでに書いてみたいもんだ。






今日の月蝕は見ていたのだけど、寝転がってる三日月がなんか怖くなってやめた!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開店前夜

2014-10-08 00:24:00 | Weblog


いよいよ明日オープン!!



お客様はよくご存知の、



当店斜め向かいのタコ焼き屋さん。




いよいよ明日オープンです。




みなさんとてもよい人たちで大変応援しております。




灼熱カレーたこ焼き、和風たこ焼き、ギョウザ、お好み焼き。




夜店の時に食べておいしかったけど、さらにパワーアップしているというウワサ。





開店前夜はみなさん最終作業に追い込まれ、



でもなんかワクワク感が2階の我が家にまで流れてきて、



文化祭の前夜みたいで写真を撮らせてもらいに行きました。




闇夜の商店街に浮かぶまっさらのタコ焼き屋。




千と千尋のよう。




ぜひお試しを~!!



11:00AM~9:00PM。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

矛盾

2014-10-07 02:02:05 | Weblog
ぼくは矛盾が悪いことだとも思ってないし、



矛盾してる人が嫌いでもない。




でも日本人って、大抵矛盾が悪いことと考えていて、矛盾してる人を見つけると、




「それって矛盾してるやん!!」




と結構強い語気で言い放ったりする。




『矛盾が悪い』ってのは真実でも何でもなくて、



ただ「矛盾はいくない。」って社会の雰囲気があるだけです。




親にはやさしくしたいし、感謝も伝えたいけど、



しゃべってたら腹立つ、とかも両方内包してる自分の宇宙なのです。





大学のときに、『矛盾』をテーマに書いた論文があって。





『「ではその矛でその盾を貫いたらどうなる!?」


と問い詰められた商人は。



「この矛がこの盾を貫くことが上り坂、


この盾がこの矛を防ぐことを下り坂、としてください。



上り坂と下り坂、ふたつは全く反対のもののように感じますが、


まこと実際はそのふたつのものは同じものなのであります。」



と答えました。



「なんと!そのような立派な盾と矛でございましたか!!」



そう言って五作は盾と矛をわき腹にはさみ、小走りでよろこんで帰ってゆきました。』





その論文、



あんまりみんなほめてくれへんかったけど、



自分ではいまだにすきなお話です。




たぶん、



宇宙はい~っぱいのものを内包してるのよ、きっと。





心配ない!!





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10月度サイレント映画

2014-10-05 02:22:56 | サイレント映画
10月、サイレント映画上映会ございます。



『ファウスト』
1926年/ドイツ/F.W.ムルナウ監督


●10月19日(日)

1部:13:00~ 2部:18:00~

中崎町PLANET+1にて
http://www.planetplusone.com/access/

当日のみ 1500円(開場は15分前 お並びいただいた順に入場いただきます)




今日は初練習でした!



9月は上映会をお休みして、その間も映画の音楽をみんなで録音したりしてたので、


こないだも会ったとこだけど、



やっぱり新作の練習はたのしい!





今回の作品、『ファウスト』は、


もともとドイツの民話で、ゲーテが戯曲化し、


その後もいろんな音楽家や監督が作品化したお話です。





簡単に言うと、



誰しもこころの中に天使と悪魔が住んでおり、



天使の言葉に従って生きてゆきたいが、



一瞬の過ちで悪魔に耳を貸してしまうこともある、



そんなお話です。





そんなお話か?ま、ぼくはそんなお話かと思います。





一瞬の過ちで、姦淫にふけてしまい、神さえ裏切ってしまう。





ぼくにとっては、大変耳の痛いお話でございます。




でも、そういう話が民話として伝えられ、



いろんな芸術家が取り上げる、その根本はどこにあるのか。




「正しいことだけして生きて行きましょう。」



「神を裏切ると地獄に落ちます。」



それを伝えるためだけではないと思う。





そう理性に従って生きてゆきたいとみんな思いつつも、



「堕ちてみたい。」


「すべて捨ててみたい。」



そんな風に、時に思ってしまうのも人間ではなかろうか。





正しいことだけ行うことはたとえできたとしても、



正しいことだけを思うことはできないのである。





そんな自分を責めつつ、そして堕ちることもできない自分を悔やみつつ、



普通に正しく生きていく人間達を慰め、包み込んでくれる作品かと思っています。





そういった慰めは、芸術だけにできること。



だからこそ、芸術の中にモラルを求めたりする人は大嫌い。






『嫌われ松子の一生』を読んだとき、



「ここまで堕ちれたら、それはそれでええな!」



と思った感とちょっと似てる。






まだ一回しか見てないので、全然違う映画かも知れんけど、




ぼくはとにかく、




今月、この映画とつきあえることをとってもうれしく思っています。











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

きのう何食べた?8

2014-10-02 21:39:56 | Weblog
なんか、


「酸っぱいけど甘い。」


みたいなものが食べたくなって、冷蔵庫にある食材で酢豚に挑戦。








【材料】
手羽先、サツマイモ、人参、ピーマン、玉ねぎ、ブナピー、生姜



コツは、サツマイモに早く火が通るように棒状に切ること。



もうひとつは、地味に風邪が流行ってるので生姜は多めに。





でけた。




反省点は、片栗粉を入れなかったので、なんかドライな酢豚になったこと。



もうひとつは、炒め出してからクックパッドで酢豚の作り方を調べたのでサツマイモが若干こげてしまったこと。





でもちゃんと、「酸っぱいけど甘い」夕飯でぼくは大満足。





濡れた手をエプロンで拭きながら、



「今晩は酢豚よ~!」



なんて言いながらコレ出したら殴られそうな一品ですが。




一人暮らしバンザ~イ!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加