魚と一緒に…

子育てと生活のため、スーパーの鮮魚で働く某漫画家の私。
    魚と戦う日々、ケガあり・笑いあり・涙ありのブログです。

師匠の師匠…

2017年05月19日 19時45分51秒 | 日記
師匠が、再び来てくださった月曜日。


夕方5時までいてくださった。




「もう行くね」

「あ、いたたたたた」





しばらく一緒に仕事して、、、





「ホントに行くね」

「う、腕が・・・」





この繰り返しが効いたかどうか

分からないが(笑)



夕方、5時までいてくださった。






しかし・・・





午前中は、いろいろ注意をされた私。




「詰め方のセンスがない!」



「加工ができればいいんじゃないんだよ!」



アジの三枚おろしやブロックの

詰め方を1年目にして注意された。




確かに、見栄えが違う。



でも恥ずかしいよ、師匠~!!と思ったが






午後、2人きりで仕事中に

さらなる注意を受け、、、





もう~、どん底💦




仕事のことであって、、、

仕事でないことの注意。




もう~死んじゃいたいくらい

ここに書けないくらい恥ずかしいこと。




でも、師匠は言うこと言ったら

ケロッとして気にしてない感じ。





私は凹んでいるから、師匠の問いかけにも…



「は~~~い」



「テンション下がってるのが
 返事でわかるね(笑)」



「だって師匠、師匠との約束で
 毎日必ずやってたのに

 今日やれなかったら、、、

 毎日やってないのと同じですぅ」




「そうね・・・」




それでも、夕方は「アジの刺身」の

切り方を習うことができた。



実は、資料を見ながらの我流。

アジ刺しはめったにやらないけど、


どうも何かが変だったから



嬉しかった。。。






そして、1番嬉しかったことが

夕方、天ブリの刺身を切ってる時のこと。





「俺の師匠に今度会わせたいな」


「え?」



「師匠と思ってる人の
 師匠だから、すごい人だよ」



「師匠のようになれると思ってないけど
 私にとって、師匠は1人です」



「俺なんか、足元にも及ばない人だよ」




「でも、師匠はカッコいいし
 私の憧れです」




「あはははは…」







あとから1人になって考えた。

すごい会話だよね。






そう、すごい会話だったかも!!





師匠が、私を…

自分の師匠に会わせたいなんて…






私って、、、




なんて、、、






そんなこと言われるパートなんて

そうそういないよね。






ぐすっ・・・(´ω`*)






よく考えたら、弟子だと思うから

注意だって厳しくなるだろうし…




他のパートさんには、確かに

注意の仕方がちょっと違うよね。




ちょっと反省。。。






でも、やっぱ恥ずかしかったけど。

(*´з`)







次回は、しばらく会えないって。

会議やもろもろで予定が組めないらしい。





寂しいけど、がんばる!!







今日は、独り占めしちゃったけど

売場のこと、切身のこと



いっぱい勉強になりました。

ちゃんとノートにも書きとめとくから。







ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジのSKUと、マイク🎤デビ... | トップ | チーフの指導に! »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。