イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NUR ICINDE YATSIN!(光の中で眠ってください=安らかに)

2007-08-25 18:37:49 | Weblog
 2003年の冬、元気な笑顔。

8月17日に夫のアナアンネ(母方の祖母)が亡くなりました。ずっと98歳だと言われていたので100歳まで生きるといいなあと思っていたのですが、死亡届を出すのに役所の古い戸籍台帳のようなものをひっくり返したらなんと1907年生まれの100歳だったということがわかるというオチつきの最期でした。1907年といえばトルコ共和国が成立する前のオスマン帝国時代。暦もイスラム暦を使っており、西暦に直した時に数え間違えたのでしょうか。

 2005年12月ビルテンの誕生日に。 

 2007年1月、生まれたばかりのエリフを抱っこ。


私がトルコへ来た頃はもうアルツハイマーでほとんど寝たきりの状態だった為、会話をすることもあまりできなかったアナアンネ。でも調子がいい時はベッドに座ってとりとめのないことを話してくれることもありました。「子供なんか作らないでどんどん旅をしろ」とか、「私は食べるものも食べずに着るものも着ないで子供たちを育てたのに今は誰も来やしない」「娘は上で寝てばっかりいる、私からだと言って殴ってやってくれ」というのも得意のフレーズでした。若い頃から塩や油、美容には人一倍気をつける人だったそうで最期まで肌はしみひとつなく真っ白でつるっつる、ほっぺもりんごのように赤くていつもいい匂いのしたアナアンネでした。心臓と肝臓がとても丈夫だったおかげで何回も医者にもうだめだと言われながらも持ちこたえてくれました。

  
2006年7月、お茶目なポーズで皆を笑わせてくれました。

自分の娘にさえ「あんたは誰だ?娘はいつ来るんだ?」と言うほどだったのに最後までトイレだけは教えてアンネたちの手作り簡易トイレに座って用を足し、おしめのお世話になったのは最後の数週間だけでした。


2006年11月、アンネー、いつ帰ってくるの?早く帰ってきて、と必死の訴え。

最期まで二人で面倒を見たアンネとテイゼ(アンネの妹)、永遠の命があるわけはないとわかっていても何も食べられなくて眠り続けている状態でもずっと生きていてほしかった気持ちは痛いほどわかります。二人の嘆きようを慰める言葉に困りました。イスラム教を信じる人は死後どうなるのか、変なことを言って余計悲しませたらと思うと何も言うことができませんでした。


2006年10月手を振ってポーズをとってくれました。

亡くなった翌日、アンカラとイスタンブルに住む夫の弟二人の到着を待って埋葬することにしたので当日は遺体安置所へ送りました。埋葬はアナアンネが好きだったイズミルから30キロほどのウルラの墓地へ。最後の礼拝もウルラのジャーミー(モスク)で行われました。お昼の礼拝の後に葬儀の礼拝が行われるのでそれまでジャーミーの入り口にアナアンネの棺おけが安置されました。礼拝に来る人たちがそれぞれアナアンネの棺おけにお祈りをし、遺族に対してお悔やみの言葉をかけてくれます。お昼の礼拝の後、ジャーミーから出てきた人たちが全員今度はアナアンネの棺おけに向かって礼拝をしてくれました。家族だけではなくたくさんの見知らぬ人達がアナアンネを見送ってくれ、イスラム教と言う信仰でひとつになるということにとても感動しました。


2006年4月、写真を写そうとしたら顔を隠した。

墓地へ行くと既にアナアンネの場所が決まっており穴が掘られていました。親族、友人の男性たちがアナアンネの遺体を埋葬し土をかけました。盛り土をした前後に甕を埋めて水をいれ、墓堀人の方がゼラニウムの花をどこかから摘んできてアナアンネの眠っている土の上に植えてくれました。


ゼラニウムが植えられたアナアンネのお墓。

お葬式後1週間の間毎日夜20時半から知り合いにコーランを詠みにきてもらいました。近所の親しい人も一緒に集まってくれます。食事も1週間の間毎日誰かが届けてくれました。二人とも一緒に倒れてしまうんじゃないかと心配していたアンネとテイゼもそんな周りの人に助けられて笑顔でアナアンネのことを話せるようになってきました。本当の寂しさはこれから自分たちだけになった時に突然襲ってくるのかもしれません。



最期の頃、ある時アナアンネはアンネに向かって「アンネー、アンネー、(アンネのことを自分の母親だと思っていました)私はいつ死ぬんだろう、もう私にはわからない、あなたが知っているんだったら教えておくれ」と言ったそうです。


ANAANNE NUR ICINDE YATSIN...






調子がいい時はこうやって「悩み」を打ち明けていました(?)。
      






☆現在のイズミル☆



コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

ピーチコブラー

2007-08-13 14:57:27 | 料理


いつも楽しくてほっとするブログ「♂♂ San Franciscoのひとりごと...2」のJapanSFOさんが、彼氏Dさんの「子供の頃おばあちゃんが作ってくれたピーチコブラーが食べたい」と言うリクエストに応えてとっても美味しそうな「ピーチコブラー」と言うアメリカの焼き菓子を作っていらっしゃいました。トルコでもまさに今が旬の黄桃、私も「ピーチコブラー」に挑戦してみました。「コブラー」と言うのは「へぼ職人」と言う意味もあるそうでそれなら私にもできるかも?と思ったのです。



私のお気に入りの作家、「ジョアン・フルーク」の最新版(日本での)がたまたま「ピーチコブラーは嘘をつく」と言うタイトルでちょうどよいタイミングでピーチコブラーの焼ける香りをかぎながら最新作を読み始めました。このジョアン・フルークの「ハンナシリーズ」はミネソタの小さな町ででクッキーショップを経営するハンナがなぜかいつも死体を発見する羽目になり、妹や共同経営者の助けを借りて事件を解決すると言うユーモア・ミステリーです。毎回クッキーショップで焼かれる美味しそうなお菓子がテーマに使われ、ストーリーに登場する色々なお菓子のレシピも満載で読んでいるだけでオーブンからの甘い香りが楽しめる様な気がします。今回はライバル店のピーチコブラーが殺人事件を解決する鍵になりそうです。





この季節、桃はいつも欠かさないのですが、残り少なくなってきたのでまずはパザルへ仕入れ(?)兼ブログ用の撮影の為に出かけました。レシピはJapanSFOさんやインターネットで検索したもののミックス。いつもの通り一番簡単、面倒くさくない作り方で作りました。



①桃をたっぷり食べたかったので特大の桃3個をくし型に切りバター50gと砂糖大さじ1杯で軽く炒め、型に並べる。



②ボウルに小麦粉1カップ、砂糖1/4カップ、ベーキングパウダー小さじ2杯を合わせてふるいにかけながら入れ、冷蔵庫から出したばかりのバターを細かくカットして加え、さらさらになるまでよく混ぜる。

③②へ牛乳1カップを少しずつ加える。



④③でできた生地をを型に流し入れ、180度のオーブンで45~60分焼く。



さて、お味は・・・?ピーチコブラーを食べたことがないのでなんとも言えませんが、桃のかすかな酸味とアイスクリームが程よくマッチして夏のデザートにぴったりだと思います。(夫は「おいしいねー」と言いながら「これAYVA(花梨)?」と言ってくれましたが・・・。)
Afiyet olsun!





ただいま1キロ150円前後。
       






☆現在のイズミル☆


コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

DOGUM GUNUN KUTLU OLSUN(誕生日おめでとう)!

2007-08-07 05:49:10 | Weblog

またまた大胆な文字入れのバースデーケーキ。

少し前のことになりますが7月28日は夫の誕生日でした。仕事へ出かける前のトルコ時間の7時に日本の両親がおめでとうの電話をかけてくれることになっていました。もちろん夫には内緒。朝食の食卓へさりげなく電話を持ってきて準備OKです。ちょうど7時にかけられるように時計をセットしていたと言う母からジャスト7時に電話が鳴りました。不審そうに電話をとる夫、母はあらかじめ教えてあった「DOGUM GUNUN KUTLU OLSUN」を言ったらしく夫はこれまたたどたどしい日本語で「ワカッタヨ」と言った途端に見る見る涙があふれてしまい、受話器を私に押し付けるとその後は号泣でした。


翌日食事に出かけたお魚レストラン。暑い一日でしたがテラスで気持ちがよかった。

朝一番ではるか日本から誕生日を祝福してもらい上機嫌で出かけた夫でしたが帰ってきた時は「トルコからは誰も電話をくれない」としょんぼり。毎年義妹は必ず覚えていてくれるのにどうしたのでしょう。夕飯を食べる時も誰かが電話かメッセージをくれるかもしれないと食卓に携帯電話を置いていましたが鳴らずじまい。イスタンブルの三男のところへ行っていたアンネ(母親)からもかかってこないのでだんだん暗~くなってきました。友達からはたくさんのメッセージをもらってご機嫌なのですがやっぱり親兄弟が忘れているのは心外だったらしく、「誰も覚えていなかったらもう一生誰の誕生日も祝わない!」と言い出しました。私にも「誰にも言うな」と厳命。でもこのまま忘れられたら結構執念深い夫のこと、本当に一生誰の誕生日も忘れるでしょう。隠れて義妹に「私から聞いたって絶対言わないで」とメッセージを送りました。するとやっぱり本当に忘れていたらしくすぐに電話がかかってきました。義妹が思い出せばあとは、瞬時に回る連絡網、アンネからテイゼ(叔母さん)から弟から次々にお祝い電話がかかり一気にニコニコ顔が戻りました。単純?

 
大きなお盆にメゼ(前菜)をのせて見せてくれるので好きなものを選びます。




夫はサーモン、私は舌平目のグリルを選びました。

翌日はお祝いの食事に近所のお魚レストランへ出かけました。魚レストランは「時価」のメニューがあったりして入るのが怖いのですが、ここは明朗会計、しかもギャルソンのおじさんがトルコ人とは思えないほどてきぱきしており、何かお客さんが言うと「かしこまりました!」「申し訳ございません」「すぐにお持ちします」とトルコの接客では聞いたこともないような応対をしていてびっくりしてしまいました。

私たちの隣には孫とババアンネ(父方のおばあちゃん)の二人連れが座ったのですが、孫はまだ20代と思しき男性、これがおばあちゃんをそれはそれは優しくいたわっているのです。「ババアンネ、何食べる?」「メゼも頼む?」「好きなもの選んでいいよ」「ほら、これはイカだよ」などなど静かなババアンネに始終話しかけていて隣にいるわたしたちまでほのぼのと暖かい気持ちになりました。

一年に一度の誕生日、今年も幸せな一日が過ごせてよかった。来年の誕生日も健康で迎えられますように。






お魚料理にはルッコラのサラダ。
       






☆現在のイズミル☆




コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加