イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

HAVA TEYZE(ハヴァテイゼ=ハヴァおばさん)

2006-11-29 21:18:17 | イズミル暮らし・イズミル案内


隣のアパートに住むハヴァテイゼ、私のことを「私の娘のようなもんだ」と言ってくれ「旦那のことを絶対離すんじゃないよ、ここはイズミルなんだからね」といつも言います。足が痛くて杖をついているくせに交通事故や泥棒、火事等の事件が起こると誰よりも早く現場にいるハヴァテイゼのことを私たちは「MUHTAR(ムフタル)」と呼んでいます。


※MUHTARと言うのは市、区に含まれる地区として最小の行政単位の長のことです。担当地区の中に小さな事務所を構え(この地区の本当のムフタルは女性で旦那さんの靴修理工房にムフタル事務所を置いています)住民管理や選挙名簿の管理、地区の問題などを把握しています。


ハヴァテイゼはいつもベランダから表を行き交う人を眺め、知らない人でも知っている人でもお構いなしに何か話しかけないと気がすまないようです。子供を呼び止めて買い物をさせたり、もちろんゴミをポイ捨てする人には「ほらそこのゴミ!ゴミ箱に捨ててよ」と怒ったりしばらく見かけない人がいると「○○はどうしてる?」と尋ね、まさにムフタルなのです。


どんな時にも踊りたいトルコ人。白い車の前で仁王立ちしているのがハヴァテイゼ。

昨晩、夫の帰りはまだかとベランダに出るとハヴァテイゼのアパートの前が煌々と光って人だかりがしています。何か事件?と隣を見ると友達のアルズもベランダに出ています。何事か聞くとハヴァテイゼの住まいの下の階に住む孫が今晩ASKER(アスケル=軍隊)入隊の為にイスタンブルへ出発するのでその見送り軍団が来ているとのこと。ここ4・5日毎晩のように家の中では見送りパーティーでうるさかった…じゃなくて、賑やかだったのだそうです。いよいよ出発の夜、向かいのアパートの前の駐車スペースをあけてもらい、そこに椅子を持ち出し、ZURNA(ズルナ=オーボエに似た音を出すトルコのお祭り騒ぎに欠かせない楽器)とDAVUL(ダヴル=大太鼓)の楽団2人(!)も呼ばれて賑やかな音楽で親戚や友達が踊りを踊りだしました。1時間以上続いた儀式(?)の後、集まった人と抱き合いキスをし、胴上げをされた青年は「EN BUYUK ASKER BIZIM ASKER!(一番強いアスケルはわれらのアスケル)」と言う連呼に送られてトルコ国旗がバンパーの上に飾られクラクションを鳴らし続ける車でイスタンブル行きのバスに乗る為OTOGAR(オトガル=バスターミナル)へと旅立っていきました。


ハヴァテイゼのベランダの前にはトルコ国旗となぜかサッカーチームベシクタシの旗が。



※トルコには徴兵制度があり20歳を迎えた男子が対象となります。
①3年制の高等教育機関卒業生およびそれ以下の教育を受けた兵役対象者は、兵長もしくは一般兵として15ヶ月間。
②4年もしくはそれ以上の学部や高等教育機関の卒業生は、予備将校として12ヶ月間。
③4年もしくはそれ以上の学部の卒業生において必要以上の人材については、兵長または一般兵として6ヶ月間。
④国外在住の労働者および雇用者は外貨支払および21日間。
 在日トルコ大使館HP「トルコ一般情報」より





いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→     
     KI-NOKO SAN'A TESEKKUR EDERIM !
 

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

INTERNET ALISVERIS(インターネットショッピング)

2006-11-25 08:37:01 | 料理


ある日、夫が「インターネットで買った」と言って袋を片手に帰宅しました。私も日本のサイトを使って買い物をすることはありますが、トルコではしたことはありません(信用していないから)。ましてや夫は私以上に疑り深いので銀行のサイトで手続きをすることすら避けている程なのに、どうしたの?と思って中を見ると小さな唐辛子がたくさん!インターネットで唐辛子?実は職場のお隣さんとメッセンジャーでチャット(会話)をしていた時に買ってきてもらうように頼んだとのことでした。

夫が大好きなまん丸の唐辛子は、アンカラで見かけるようですがイズミルではまだどこでも見たことがありません。それで友達に聞くうちに「ある!」と言う言葉を信じて注文をしたようですがやっぱりまん丸唐辛子ではありませんでした。

この唐辛子の漬け方を調べてみるとトマトで漬けてあります。早速漬けてみました。
《作り方》
①唐辛子を洗ってヘタをとる。(数が多いので気が遠くなりそう)
②唐辛子500gに対してトマト1キロをフードプロセッサーでピューレ状にする。
③酢チャイバルダク1杯、kayatozu (岩塩)大匙4・5杯、にんにく15片をトマトと唐辛子と混ぜて瓶に詰め、パセリで覆ってからふたをきっちりする。
(瓶に詰めた時に、水分が口まで来ないようだったら水を加える)



キッチンが漬物モードになったところでついでに普通の漬物も漬けました。前回漬けた漬物も食べ頃でなかなか美味しいのです。



見た目もきれいでキッチンが楽しくなる漬物作り、ぜひお試しください。




いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

HARC MI ? HARAC MI ?

2006-11-17 06:31:56 | Weblog

9月9日にオープンしたばかりのイズミルADNAN MENDERES空港国際線到着フロア。

昨年の12月に夫と一緒に日本へ帰国した際、イズミルの空港で偽造印紙を買わされたことを覚えていてくださる方はいらっしゃるでしょうか?トルコ人が海外へ出国する為にはYURTDIŞI ÇIKIŞ HARCI(海外出国料)を支払う為に空港で70YTL分の印紙を購入しパスポートに添付された印紙にスタンプを押してもらってから出国することになります。このYURTDIŞI ÇIKIŞ HARCI、2001年に経済危機や地震被害救済の為の税源として設けられたものだそうです。海外へ行けるようなトルコ人にとって70YTLがなんだと言うトルコ人もいるようですが我が家にとってはやっぱり70YTLは決してぽいっと払える金額ではありません。


何にもありません、bomboş(からっぽ)です。

先日ラジオを聴いているとその金額が70YTから15YTLに値下がりすると言っていました。まずはMÜJDE(朗報)と言うことで喜びました。ところでこのYURTDIŞI ÇIKIŞ HARCIと言うトルコ語のHARCIという部分、(他の単語と組み合わさってHARCIとなっていますが元の単語はHARÇです。)私は今まで耳から聞いただけで勝手にHARACI(これも元の単語はHARAÇ)だと思っていました。そしてHARAÇを辞書で調べると「貢物、賦課、強奪金」などとあります。「なるほど政府が国民から無理やり集める強奪金だと認めているのか~」と苦笑していた私、値下がりのニュースを新聞で見ようと思ってインターネットを調べて初めて気がつきました。HARAÇではなくHARÇだということがわかり一人で大受け。HARÇは「料金、費用」だそうでなるほどいくらエスプリやフクラと言うとんち話の好きなトルコ人でもそこまでのブラックユーモアはありませんでしたね。他にも私と同じ勘違いしていた方いませんか~?



免除される人も結構いるんですね。トルコ語のわかる方どうぞ~。
http://www.gelirler.gov.tr/gelir2.nsf/284b5e7ad4d0e1c786256aa4002edc5d/2ec12c56aaa0722a86256aa900353e82?OpenDocument

Hürriyet誌より値下げの記事。
http://www.hurriyet.com.tr/ekonomi/5133527.asp?m=1





いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

Bu ne (これはなんでしょう)?

2006-11-13 06:31:47 | 料理


チョルムでトルコ生活を始めた頃、買い物は全て夫がしてくれていたのですがその時に買って来てくれた「これ」、なんだと思いますか?私はすぐに「生姜」だと思いました。 正解を聞いてがっかり、違うのです。この名前はyer elmasi(イェルエルマス)。御存知でしたか?私は食べたことはありますが生の姿を見たことはありませんでした。料理の仕方を夫に聞くと普通にじゃがいものように煮込みに入れればいいんだと言うのでそのように使っていましたが当時はインターネットで料理を調べることも余りなかったし、yer elmasi自体もそれ程特徴のある味があるわけでもなく、使っても使ってもなくならないのでだんだん敬遠するようになり、自分で買い物をするようになってからは買ったことがありませんでした。
最近偶然このyer elmasiが日本の「きくいも」であると知り、「じゃあまた食べてみようじゃないか!」と言う気が起こりさっそくパザルで買ってみました。
「きくいも」で検索してみると色々出て来る出て来る。きくいもレシピ・料理法blogなるものまでありました。

きくいもは、北アメリカ北部から北東部原産のキク科ヒマワリ属の多年草で、繁殖力の強さ、生産量の多さから「八升芋」とも「1斗芋」とも呼ばれるそうです。戦中戦後の食糧難時代の食を支えてくれた作物でしたが、次第にその恩恵も忘れられ雑草扱いされることもあったようです。芋と言う名前ですがデンプンの多いイモ類とは全く異なる食物だそうです。最近ではインシュリンに似た働きをする「イヌリン」を多く含むことから、生活習慣病予防、肥満解消、便秘解消、更年期障害の予防、ガンの成長阻害などに効果があるのではないかと再び注目を浴びているようです。



日本では売っているところを見たことがありませんでしたが、トルコでは冬になると春先までパザルに出回ります。先週は1キロ1YTLでした。煮込みのほかにサラダや漬物としても美味しいようです。私もこの冬はyer elmasi料理を研究してみようと思います。
今回作ったのはトルコ料理のスタンダード(?)オリーブオイルでじゃがいも、にんじん、玉ねぎとともに煮込み、仕上げにディルで飾って頂きました。





いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

ELIN TERAZI MI (あなたの手は秤)?

2006-11-07 07:46:48 | イズミル暮らし・イズミル案内

いつ行っても大晦日のアメ横状態のHATAYパザル。

最近物価高騰のトルコ、化粧品や衣料品、洗剤などは日本のほうが安いくらいです。唯一安いのは野菜と果物だけなんじゃないかと感じるようにまでなって来ました。その野菜と果物は、毎週木曜日に近所にたつ青空市で1週間分まとめて買うようにしています。マーケットでは1個でも2個でも少量を買うことができますが、パザルでは最低でも500g、キロ単位での買い物になります。もちろんパザルではマーケットよりも新鮮だし、多くの売り場の中から一番美味しそうなものを選ぶこともできます。店頭のおじさん、お兄さんに「○キロください」と言って買うところもあるし自分で籠に入れて選ばせてくれるところもあります。自分でだいたいこのくらいかなと籠に入れ「○キロ分」と言うとお店の人はそれをはかりでほぼ○キロにして袋に入れてくれるのです。そういうところで最近よく言われるのがタイトルに書いた「ELIN TERAZI MI ?」と言う言葉。TERAZIとは天秤ばかりのことです。つまり自分で○キロ分だと見当をつけて店の人に渡した時にぴったり○キロ位だと「あなたの手は秤のようだねえ」と言ってもらえるわけです。以前はキロ単位で買い物などしたこともなかったのでそれがいったいどのくらいの量なのか見当もつきませんでしたが最近は結構正確に見当がつけられるようになり、自分の選んだものを測ってもらう時が密かな楽しみの瞬間です。


几帳面に並べられたさやインゲンやバルブンヤ。 

先週のパザルでほうれん草を買ったのですが、私が気に入ったほうれん草は店の人が計って売っていました。値段表示は1キロ65クルシュ、この中途半端な金額が頭を混乱させました。(トルコでは25、50、75、100と数えることが一般的で65と言う値段のつけ方はあまりしません。)そして売り子のお姉さんは「1.5キロ1YTL」と言って売っているのです。この65クルシュはなんだろうと思いながらもう一度「いくら?」と聞いてももちろん同じ答えが返ってきます。手は秤でも頭の中の数字はいまだに日本語仕様、トルコ語で数字を言われるとただでさえよっぽど注意していないとこぼれ落ちていく状態です。「ま、いいや」と思いながら「1キロください」と言うとお姉さんは「1YTL分あげようか?」と聞いてきます。これもパザルの売り子さんの商法の一つで表示は「1キロ75クルシュ」としておき、1キロ欲しいと言うと「1YTL分にしようか」と少しでも多く売ろうとします。私はこの小ざかしい売り方が嫌いでいつも「いらない1キロでいい」と答えるのですが、この日は65クルシュと1.5キロという数字で頭の中が渦巻いており「1YTLでいいよ」とつい答えてしまいました。当然1.5キロの袋いっぱいのほうれん草が渡されました。道々ゆっくり考えてやっと「ああ、1.5キロのほうれん草を買ったのね」と納得してがっくりして帰ってきました。

  



1.5キロ分のほうれん草を一体どのように消費しようかと考えて思いついたのが「トルコ子育て生活」でmikiさんが紹介されていた「ほうれん草ケーキ」。たまたま見ていたトルコのお料理ブログでも美味しそうなものが紹介されていたのでそのレシピを参考に作ってみました。ピューレ状にしたほうれん草を混ぜるだけできれいな緑色のケーキの出来上がり、そこにクレムシャンティ(ホイップクリーム)を塗って上にはケーキの1部を細かくして飾ります。とっても美味しくできました。多めにほうれん草を買ってしまった方、ぜひお試しください!

《材料》
卵2個、砂糖1.5カップ、小麦粉2カップ、ベーキングパウダー1袋(10g)、バニラ1袋(10g)、油1/2カップ、ほうれん草200g、クレムシャンティ1袋、冷たくした牛乳1カップ

①ほうれん草をよく洗ってザク切りにし水がなくなるまで炒め、フードプロセッサーでピューレ状にする。
②クレムシャンティを牛乳で用意し冷蔵庫で冷やしておく。
③卵と砂糖をよく混ぜる。
④そこへ油、小麦粉、ベーキングパウダー、バニラ、ほうれん草のピューレを加えよくかき混ぜる。
⑤油を塗った天板に④を流し込み、あらかじめ180度に熱しておいたオーブンで約40分。
⑥焼きあがったケーキの端を少しだけ切り取ってフードプロセッサーで細かくする。
⑦クレムシャンティをケーキに塗り、仕上げに⑥で飾る。
Afiyet olsun!



Pazardaki fotograflar icin dostum Tonican'a tesekkur ederim.



いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (34)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

クムルの家族

2006-11-01 18:23:10 | イズミル暮らし・イズミル案内
先日のアヒルに続いて今日はクムルの話題です。クムルについては以前も書いたことがありますが、毎朝、毎晩我が家に餌を食べに来るクムルがいます。顔の区別はつきませんが、つがい一組と独身のオス1羽。ふだんはキッチンの窓を開けるとすぐにあたかも「来たよ~!」と言っているような顔で私めがけて急降下してきます。そんな姿がかわいくて私も「CANIIIM」なんて言いながら(犬猫バカっかわいがりの飼い主に似ています?)窓の外の出っ張りに餌を置いてやるのですが、キッチンに私がいないと私がいる部屋の外へ来て「ぎ~っ」と鳴いて存在をアピール。カーテンを閉めているのにどこで察するのか「ストーカーですか?」と聞きたくなるほどすぐにわかるようです。キッチンにいても手が離せなかったり気がつかなかったりすると何回も窓の外を上へ上がったり下がったりして姿を見せようとしていてそのけなげなところがなんとも言えずかわいいのです。


ぼさぼさの産毛がかわいい子クムル。

この朝もキッチンの窓を開けるや否やつがいのクムルがやって来ました。(このクムルもトルコクムルのせいかつがいの雄は独身の雄がそばに来ることを絶対に許しません)すぐに餌をやるとそこへ一回り小ぶりなクムルがやって来ました。ふだんならペア以外のクムルには執拗に攻撃をする雄のクムルもこの小ぶりなクムルには何もしません。よく見ると首の周りの模様がまだはっきりしておらず、羽もぼさぼさで産毛のよう、新しく生まれた子供クムルだったのです。餌としてやっている麦はまだ食べられない様で、大人のそばにくっついているだけですが親子3羽の睦まじい姿に更にでれでれになってしまったある朝の出来事でした。


親子仲良く。「ここへ来れば餌をくれるからね」とでも教えているのでしょうか。




いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加