イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アブドゥッラーギュル大統領の日本訪問

2008-06-09 23:16:49 | Weblog


トルコのアブドゥッラーギュル大統領が6月4日から8日の日程でトルコの大統領として初めて日本を公式訪問されました。5日間の日程を終えて今日9日無事にトルコのアンカラエセンボア空港へ到着した様子を今朝のニュースで見ながら思わず「おかえりなさい~」と言ってしまいました。「日本はどうでしたか?」とあれこれ聞きに行きたいくらいです。夫は「どうして私たちを連れて行かなかったのー」と。




美智子皇后陛下の微笑みはいつも光り輝いています。
以上の3写真はHURRIYET新聞より拝借。


日本のTVや新聞では余り大々的に報道されなかったようですが、目的は日本とトルコの経済・文化の交流と振興発展、ということでした。天皇陛下に謁見、福田総理との会談、日本を代表する大手企業の代表と朝食を共にした他、大統領の来日にあわせてトルコ大使館が開催した文化行事「シャーマン舞踊団による公演」「オスマントルコ時代の女性用民族衣装展」などにも出席されたようです。


シャーマン舞踊団の公演を鑑賞される大統領ご夫妻。
写真は日本のトルコ通友達tonicanが写して送ってくれました。



帝国ホテルで開催された「オスマントルコ時代の女性用民族衣装展」での
高円宮妃殿下と大統領夫人。



以上2枚もtonican撮影。

またイスラム教徒にとって大切な金曜日の礼拝を「東京ジャーミー」で行ったり、日本とトルコの友好関係の始まりとも言える1890年に起きたトルコの軍艦エルトゥールル号の遭難慰霊碑(和歌山県串本町)も訪問されたそうです。

日本から見たトルコ、余り興味ももたれていないし重要視もされていない、まだまだ誤解や間違ったイメージが一人歩きしているような気もします。またトルコ側も「日本、日本人大好き」と言いながら中国も韓国もフィリピンも日本も一緒くただし、なんだか違うんじゃないの?と言う思い込みの日本の紹介があったり…。このエルトゥールル号の遭難者を命がけで助けた118年前の日本人、そしてNHKの「プロジェクトX」で放送された「トルコ航空によるイラン在留邦人救出」、自国の飛行機が救助をしなかったにもかかわらず1985年のイラン・イラク戦争でイランに取り残された邦人を救助する為に自国の飛行機を送ったトルコ人、利害関係なく見返りを求めずに助けようとした姿勢が胸を打ちます。

おりしもエルトゥールル号事件から120年目の節目を迎える2010年は「トルコにおける日本年」が実施されるそうです。トルコが大好きで縁あってトルコに住むようになった一人としてイメージだけではなく本当の意味で日本とトルコのお互いの正しい理解が深まっていくといいなあと思います。



☆エルトゥールル号遭難事件とイラン・イラク戦争時の救出について興味のある方はWikipediaでご覧ください。→ エルトゥールル号遭難事件

☆エルトゥールル号の遺品発掘作業についての動画をこちらから見ることができます。
→ http://zoome.jp/uncommon/diary/61/





舞踊公演を行ったシャーマングループのサイトはこちらをクリック。
            






☆現在のイズミル☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント (34)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SARDES(サルデス)へ... | トップ | EKMEK(エキメキ=パン) »

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (koepekkaya)
2008-06-10 06:13:13
私もこの間ネットの新聞記事で知りました。
日本の印象はどうだったのでしょうか??
2010年はトルコにおける日本年なんですね・・・日本のことを好きになってくれるトルコ人が増えるといいな~と思います。
それと同時に、トルコのことに興味を持ってくれる日本人も増えるといいな。
もう (cake)
2008-06-10 09:02:16
無事にお帰りになられたんですね。
残念ながら、日本ではあまりニュースには上りませんでした。大統領夫人は綺麗な方ですね。どうしてトルコの方は、あんなにスマートにスカーフを巻けるものかと感心します。コンヤのレストランで、近くの席に若い女性3名が座ってらしたんですが、スカーフをとっても綺麗に巻いていて、その巻き方に興味が沸き、チラ見してました。私は本当に失礼な奴です。

トルコと日本の関係は、イラクからの飛行機での脱出も、エルトゥールル号も、ロシアとの戦いの話も少しだけ知っていますが、最も大きいのはトルコの国民の心だと思います。同じ事を某国に行っても感謝どころか・・・以下自粛。
私も、もっとトルコが知りたくなりました。yukacanさんは、とても上手にトルコの便りを送って下さいます。どうもありがと~~♪
おかげさまで・・・ (そふぃー)
2008-06-10 12:40:36
yukacanさんのブログのお陰で、トルコのことを知ることができ、
ありがとうございます。
大統領が来日されたことは、残念ながら知りませんでしたm(u_u)m

トルコ地震のとき、地元のカトリック教会で、
ヴァイオリン、ピアノ、フルートでチャリティー・コンサートをしたことを思い出しました。

yukacanさんが、トルコを好きになられたきっかけを
お聞きしてもよろしいですか?
Unknown (tomo38)
2008-06-10 16:09:57
トルコの大統領が日本に来ていたんですね

yukacanのブログを読んではじめて知りました。
私も日本にどんな印象を持ったのか、興味があるので聞きたいです

エルトゥールル号の発掘調査の映像はとても素敵でした。海の中の発掘はきっと大変だと思うけれど、こうした活動から国交が結ばれていくんですね
頑張って頂きたいです。
素敵なニュースの紹介ありがとうございます
Unknown (不思議な世界旅行)
2008-06-10 18:08:37
そういえば大統領がおいでになっていたのですね。
ニュースになっていないので、すっかり忘れていました。
ニュースにならないのは日本とトルコの間にあまり問題がないからだと思うことにしましょうかね。
Unknown (maviko)
2008-06-10 18:40:11
トルコの大統領が日本に来てたのしらなかった。。。日本のマスコミよもっと報道しろ

7月のとある日にトルコへ行こうと思ってたのですが。。。チケットが取れなかった。。。涙

次、秋にチケット狙ってます。取れたあかつきにはよろしくおねがいしやす
でも現地では (mulayim)
2008-06-10 23:31:33
和歌山新聞では、たしか朝刊一面だったと思うよ。
衝撃的な事件もあったし、そんなもんでしょう。
kopekkayaさん (yukacan)
2008-06-11 00:59:26
なんかね、天皇陛下ご夫妻の礼儀正しさとか静かさとか質素さに感動したらしいよ。
2010年の日本年、なんちゃって日本年にならないようにしてもらいたいよね。日本を好きだというトルコ人多いけれどただイメージで言っているだけの人多いから、正しい情報をちゃんと流してほしいわー。その逆も同じように言えるよね。
cakeさん (yukacan)
2008-06-11 01:05:42
あんなに長い飛行時間なのに人のことだとすぐ帰って来ちゃった様に感じました。ハイルニサ夫人、いいですよね。首相の夫人よりもずっといいと思います。スカーフの被り方は色々なタイプがありますね。普通の田舎風被り方とか、この方達のようにちょっとハイソな被り方とか…。トルコ航空のお姉さん達が首に巻いているスカーフの巻き方にしてもこういう小物の使い方がうまいなあと思います。顔が派手だから映えるんですよね。
串本のお年寄りの話を聞いていると本当に心が温まります。自分達だって知らないはずなのに年寄りたちから聞いたことを昨日のことのように話していましたね。cakeさん、もっとトルコを知る為に是非是非お待ちしておりまするう。
じゃああんん!!!クムルちゃん第3回目御産卵(?)ひゅうひゅう~!!!
そふぃーさん (yukacan)
2008-06-11 01:08:48
書きたかったことと少しずれてしまったんです。難しいですよ…。でもそう言ってトルコに興味を持っていただけるととても嬉しいです。上越までニュースが届きませんでしたか…。
トルコの地震の時のチャリティーコンサート、そふぃーさんも参加されたのですか?トルコ大統領になりかわり御礼申し上げます。
後でメールしますね~!
tomo38さん (yukacan)
2008-06-11 01:11:50
あら、札幌へもニュースは届きませんでしたか?残念でした。
大統領は前に外相時代にも日本へ来ているんですよ。でもいつもさっさと帰っちゃうからどういう印象を持ったのでしょうね。天皇陛下ご夫妻の礼儀正しさとか静かさとか質素さに感銘を受けたらしいです。
海底発掘も地道な余り日の目を見ない仕事だけれどこういうところから本当の交流と理解が始まっていくのだと信じたいですね。
不思議な世界旅行さん (yukacan)
2008-06-11 01:14:17
そう言えばいらっしゃっていたのですよ。帝国ホテル周辺にはトルコ国旗と日本の国旗が掲げられていたようです。
ニュースにならないのは利害関係がないからいいということでしょうかね。
mavikoさん (yukacan)
2008-06-11 01:17:41
神戸にもニュースが行っていなかったか…。大阪ではこのシャーマングループの公演があったみたいですよ。
7月までは飛行機満席らしいですね。しかも高いでしょう?9月は29日までラマザン(断食月)です。ラマザンが終わってから来て欲しいわー。
mulayimさん (yukacan)
2008-06-11 01:18:55
和歌山では大歓迎ムード一色だったのですね。衝撃的な事件はトルコでもかなりセンセーショナルに紹介されていました。
Unknown (ウータン)
2008-06-11 01:32:15
ニュースで見てました。ギュル大統領夫人はきれいな人だと思います。某首相夫人とは大分違うように思いますが夫に言わせるとどっちもどっちらしいです。
それにしても皇后陛下はまさに“国母”にふさわしい風貌ですよね。
こういう親日国家を日本はもっと大事にするべきなのに反日国家を大事にしてるのはどうかと思います。トルコの教科書にはエルトゥールル号事件のことがありきちんと勉強するといいます。
領事館から2010年はトルコにおける日本年で色々と各地で開催されるそうで yukacanさんが言うようになんちゃってなんてならないことを切に願います。
なんたってトルコ人計画性が全然ないしね。
私も新聞で・・・ (アサコサル)
2008-06-12 03:20:05
Hurriyetで、日本を訪問する前に大統領夫人が、着物を着ている写真を見て、カパルで着物を着てる姿が、妙に印象に残ったので、それから結構日本側のニュースをチェックしてたんですけど、(ネットで)なんか全然注目度なかったですね・・・。やっぱこんなもんなのかなーーと思いましたわ。。

でも、大統領と会合した大手企業の面々が、結構そうそうたるメンバーだったようで、中国はもはや近い
けど信用ないし、インドとくりゃ、次はいよいよ
トルコか!?なんて思ってしまいました。日本人
とビジネスの話をする時に注意すること、みたいな
ものが書いてありましたけれども、まずは、日本、
中国、韓国は違う国なのよ、ってのを認識する事
から始めてねーーーって思っちゃいました、私も。
ウータンさん (yukacan)
2008-06-12 06:02:34
ギュルさん、帰ってきたばかりなのにまたアゼルバイジャンだかどこかへお出かけでしたね。ギュル夫人、首相夫人よりいいですよー。どっちもどっちって…。
皇后陛下はまさに後光がさしてるって感じです。いまどき貴重な親日国家なのに軽んじてますよね。
2010年の日本年、ちゃんと理解してやって欲しいなあ。上っ面を見ただけでもう日本のエキスパートのような気になっているトルコ人たくさんいますよね。深く掘り下げるってことあまりしないんじゃないかなあ。
アサコサルさん (yukacan)
2008-06-12 06:05:49
どこかのお寺を訪問した時に「着物を着るんじゃないか」と言われていたらしいですけど…。仏教寺院についての感想を聞かれて「回答を控えたい」と言ったとか。ここがトルコ人っつうかカパルの人の大人になりきれないところだと思うなあ。
そうそう!私もビジネスの時の注意点読みました!なかなか面白かったよね。でももうアサコサルさんに座布団10枚!日本、中国、韓国は違う国!をまず教えて欲しい。そこにタイも入れておいてー。
報道されなかったのか… (AYA)
2008-06-12 06:14:35
一国の大統領が訪問したというのに、そんな扱いだったんですか。残念!
秋葉原の事件の衝撃が大きすぎたのでしょうか。
エルトゥールル号から120年という区切りの2010年に天皇陛下のトルコ訪問をご招待したという記事を読んだんですけど、日本年の開催に来てくださったらいいですね。
はじめまして (おねむ)
2008-06-12 09:43:37
いつも読ませてもらってます。
シャーマン舞踊団の東京公演見てきました。大統領が入場すると全員総立ちで拍手。記念撮影に向かう人多数で「大統領」にあんなに近寄らせていいんだろうか?と不安になっちゃいました。

いや~ (JapanSFO)
2008-06-12 15:01:53
恥ずかしながら全く何も知りませんでした・・・(汗)
とっても勉強になりました!

開国してそれでも外国人などみる機会のない日本人がそうやって一生懸命救助を行っているのも素晴らしいし その話をづっと受け継いでいるトルコも素晴らしいですよね~
悪いことばかりが目立ってしまうけど知らないだけで もっともっといろんな素晴らしい話がこの歴史の中には隠れているんですね
それにしても・・・ (ぷなるじゃん)
2008-06-13 04:03:25
ギュルといい、エルドアンといい、海外にお出かけしまくりですよね。

ここのところニュースを見る気になれないので、
ギュル訪日もノーチェックだったのですが、
チラリと見かけたニュースでは、
あまりいい印象を受けませんでした。
こういう偉い人こそ、日本の習慣を少し勉強してから行ってくれって思いました。


AYAさん (yukacan)
2008-06-13 05:24:40
AYAさんお元気ですかー?今日はまめさんが遊びに来てくれたんですよ。
秋葉原の事件があってもなくても扱いは同じくらいだったような気がするなあ。ギュルさんの後にオーストラリアの首相も来日したようですがこれはどんな扱いだったんでしょうね。2年後の2010年には天皇陛下ももう80歳近いわけでそんなお年でトルコまで来て頂くのもお気の毒だと思うのは私だけ?
おねむさん (yukacan)
2008-06-13 05:27:09
初めまして!ご訪問&コメントをどうもありがとうございます。トルコ語を習っていらっしゃるのですね。私もおねむさんと同じところで短期間受講したことがあるのです。
シャーマングループの公演はいかがでしたか?トルコでも日本人の女子高校生が大統領と記念撮影しているところをニュースで放送していました。
JapanSFOさん (yukacan)
2008-06-13 05:29:24
私だってトルコに興味がなければ知らないで過ぎてしまったと思います。でもこういう交流が合ったことはやっぱり両国民にとってとても大切な財産だと思うんですよね。
本当に118年以上前の日本人にとって熊男達を介抱するのは大変なことだったと思います。おっしゃる通り民間レベルに降りれば素晴らしい話がもっともっとあるのでしょうね。
Unknown (yukacan)
2008-06-13 05:34:43
あの時は、本当に大統領も首相も外相もトルコにいませんでしたよね。今もまた大統領どこかへ行ってるよね。疲れないのかな。
ギュルさんのどんなニュースが印象悪しだったの?私は大統領夫妻は好感を持っているけれどそれでもハイルニサの発言などを見るとやっぱりここまでが限界よね…と思ってしまいます。習慣をいくら勉強したとしてもそれを敬意を持って認めるということがこと宗教がかかわってきたりすると出来ないんじゃないかと思うの。それ以上は要求しても仕方がないような諦め。ほらあの学校の人達をおもいだしませんか?
衣替え (とも)
2008-06-13 10:53:12
yukacanさんの日記も衣替えですね^^
とてもすがすがしくて良いです。

トルコの大統領が来ていたことは私も知りませんでした、残念。ここのブログを読むようになってから、トルコのことが随分気にかかるようになったんですよ。先日も本屋さんで「トルコの編み物」と題した可愛らしい編み物の本があって「おおお!」と自分的に大うけしました。
ともさん (yukacan)
2008-06-13 23:09:54
新しいテンプレートが出来ていたので早速変えてみました。テンプレートが変わるだけでずいぶん雰囲気が変わりますよね。
ともさんが「トルコのとりこ」になる日は近い!トルコは毛糸編みやレース編みがとっても盛んです。
http://www.asahi-net.or.jp/~qk5h-oosk/dantel/index.html
http://nanamikou.blog62.fc2.com/
120年 (suusuu)
2008-06-14 10:46:33
なんですか~
やっぱり今年はトルコ旅行に行かなければ~
横浜では、開港150周年のほうが大々的で、トルコ-日本年の宣伝は見ません…
このニュースもネットの海外の小さいニュースで拝見しました。

関係ないですが、トルコの女性は、スカーフ被っててもスカートは足首まで覆うものではないんですね!スカーフ被っているなら足を出すのがハラームな国が多いので、ちょっと面白いなぁ・・・って。
suusuuさん (yukacan)
2008-06-14 23:52:55
エルトゥールル号120年は2010年ですよー!「トルコにおける日本年」にあわせてトルコに来る?横浜は開港150周年ですか。どんな催しがあるんだろう。華やかでしょうね。

そうなのそうなの!トルコは色々なパターンがあってスカーフだけ被っている人や上から下まで隠している人や隠しても腰までのコートを着ている人や色々なの。他の国はそんなことないの?しかもハイルニサ夫人が天皇陛下との写真では足が出ているから私も相当びっくりしちゃったんです。スカーフを被った初の大統領夫人でバッシングもあるから彼女なりの譲歩なのかなあと思ったり。
Unknown (suisui78)
2008-06-18 16:07:27
エルトゥールル号遭難事件そのものを初めて知りました。当時の人々の温かな心に日本人として感動しました!
通勤途中で帝國ホテル界隈の国旗掲揚に気付いていなければ大統領訪日のことも知らずに終っていたし、電車通勤だったら何も知らないままだったかも。訪日報道と併せて遭難事件や当時の様子が放送されていればもっと感動できた人が増えたはずなのに、残念。
2010年…今から楽しみですね。
suisui78さん (yukacan)
2008-06-19 05:02:23
当時の人にとって異国の人達はきっと怖かったに違いないと思うのに、ただただ助けたい一心だったのでしょうね。この後義捐金まで民間の人が集めて届けてしまうのですから・・・。今の茶道宗偏流家元のおじいさん山田寅次郎さんがその人です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%AF%85%E6%AC%A1%E9%83%8E
Unknown (suisui78)
2008-06-19 18:39:08
山田宗有プロフィール有り難うございました。宗有さんは私が生まれた当時まだ生きていらしたんだ!と思ったら過去がぐんと近付きました。以前、串本海中公園を訪れているのに何も知らず残念なことをしましたが、またいつか和歌山に行く機会があったらいいなぁ。
suisui78さん (yukacan)
2008-06-20 05:57:41
そうですね。それにしてもずいぶん長生きだったのですねえ。この時代の日本人は寅次郎さんにかかわらずユニークな方が多かったんだなあ。串本へいらしたことがあるのですね。私も一度行ってみたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
5周年 (おねむねむねむ)
 会社設立5周年となりました。人を雇っていない、事務所を借りてないからギリギリやってられる感じなので、もうちょっと固定売上を増やさないと危ないなあ。がんばって会社の経費で馬を預託できるくらいにしたいもんです。  去年はケーキを買って食べていますが今年は特...