イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

KAGIT VE KITAP SANATLARI MUZESI(紙と書籍芸術博物館)

2013-04-20 13:49:10 | イズミル暮らし・イズミル案内

お天気はいいけれど気温が低く、衣替えしたのに、カーディガンを引っ張り出して着ている毎日です。夜には毛布もほしいし、エアコンをつけていることも。飛び回り始めたツバメもどこへ行ったのか影を潜めています。

そんなお散歩日和の一日、折り紙先生のNUR(ヌル)さんと一緒に美術館巡りをしてきました。イズミルにも最近は小さなブティック美術館なるものがあちらこちらにでき始めました。

個人の所蔵物が寄付されて、100年以上前の朽ちかけた建物を改装修繕してなかなか趣のある美術館になっています。今回は紙大好きなNURさんのリクエストで、昨年の12月にオープンしたばかりのエゲ大学付属KAGIT VE KITAP SANATLARI MUZESI(紙と書籍芸術美術館)へ。

エゲ大学のキャンパスのあるBORNOVAは異人館が数多く残り、エゲ大学が多くを改修利用しています。その中のひとつが19世紀に建てられたBALLIAN邸を利用したKAGIT VE KITAP SANATLARI MUZESI(紙と書籍芸術美術館)です。

                                オスマン帝国時代の不動産貯蓄債権               オスマン帝国時代の身分証

パピルスから始まって、印刷技術、タイプライター、現代の紙を使った芸術、豆本、蔵書票のコレクションなどが展示されています。個人の収集したものですから、何でもありという感じではあるし、あれ?と思う解説もあったりしましたが、美しい紙や印刷の数々に飽きることがありません。

この美術館のすぐ近くに、やはりエゲ大学付属のETNOGRAFYA MUZESI(民族博物館)があります。こちらも19世紀に建てられたお屋敷ですが最初の持ち主はわかっておらず、1960年からエゲ大農学部の醸造酢工場として使われていたという石造りの建物にかつてオスマン帝国の支配下にあったバルカンの国々に残る楽器や生活用具、民族衣装、装飾品などを集めた美術館です。

内部は木造のなかなか重厚な建物だったのですが、訪問者が私達だけだったせいか係りの人がつきっきりで、写真も2枚か3枚だけなら写してもいいといわれたため(ヌルさんに聞かなければよかったのに、と言われました)、いまいち不完全燃焼。

最後にBORNOVA(ボルノヴァ)のメトロの駅のそばに昔の駅舎を改装したカフェがオープンしていたので、きらきらの太陽の光を浴びながらランチをしました。

民族博物館で見たすばらしい衣裳や紙の博物館で展示してあったカード、ヌルさんの花嫁衣裳や結婚式の招待状はこういうのにしたらいいんじゃない?とプランはバッチリ。あとはお婿さんだけかな・・・。

 

 

世界の紙で作られたと言う地球

   

☆現在のイズミル☆

Find more about Weather in Izmir, TU

 

※記事と直接関係のないコメント、特定の個人を誹謗中傷するコメントは削除させていただきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GEDIZ UNIVERSITESI(ゲディ... | トップ | 23NISAN(4月23日)はトル... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Andi )
2013-04-20 20:00:39
ヌルさんに日本人のお婿さんを見つけてあげなければ!
美術館や博物館 (Kako)
2013-04-20 20:31:03
巡り、いいですね~。
私も大好きです♡
展示内容も面白そうです、そして、建物自体もきれいですね。
明るい日差しの中のカフェ、ゆったりなごみそう♫
テーブルのチャイグラスは大きいのかな。。。
本場ではいろんな大きさがあるんでしょうか。
Unknown (不思議な世界旅行)
2013-04-20 22:39:46
博物館で係員付きっきりって善し悪しあるかもしれませんね。
とくに私の場合は写真が撮れないと面白くありませんし。
Unknown (Katsurakaya)
2013-04-20 23:13:26
こういう1日楽しいですよね。
イズミールの異人館は大好きです。ボルノバの地域も前に散歩していて、修復して欲しいなぁって思ってた建物がいくつもありました。今はお洒落なカフェになってたりするんですね、次回行ったら行かないと!!(笑)
Andiさん (yukacan)
2013-04-21 05:55:32
日本人でトルコに住める人をお願いします。
Kakoさん (yukacan)
2013-04-21 05:57:49
おおお、お元気ですか~?ブログ復活をお待ちしております。
どちらも天井の高い洋館で部屋を見るだけでも面白かったですよ。
このカフェは本当に気持ちがよくて素敵でした。最近はいろいろな大きさや形のチャイグラスがありますよ。
不思議な世界旅行さん (yukacan)
2013-04-21 05:58:57
つきっきりで解説してくれるならまだしも、ただついてくるだけなんです。本当にヌルさんの言うとおり、聞かないで写せばよかったです。
katsurakayaさん (yukacan)
2013-04-21 06:00:14
こういう一日があるとまた明日もがんばろうと言う気持ちになれますね。ボルノヴァのこの辺は緑が多いし、おしゃれなカフェもあったりして歩いていて楽しいですよね。
Unknown (cake)
2013-04-25 09:56:33
日本では、博物館や美術館で内部の写真を写せる所が少ないのであきらめも早いのですが、残念でしたね。せっかく着いてきてくれるのなら、バシバシ質問すればよかったですね。
yukacanさんのおかげで、トルコの木造の建物の内部を見せて貰えて嬉しいです。
cakeさん (yukacan)
2013-04-26 05:38:34
せっかく着いてきてくれても、専門的な答えは期待できないと想像したんです。だって展示品の解説がその程度。
この建物は、日本でいう異人館ですから純粋なトルコの建築ではないかもしれませんね。木造の建物ってやっぱりいいですねえ。

コメントを投稿