イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SEMAVER(セマヴェル=サモワール)

2005-11-30 11:28:29 | Weblog


写真はチャイを沸かすためのSEMAVERです。夫は無類のチャイ好き、タバコは我慢できても(でも禁煙は出来ない)チャイは我慢できない、寝ている時間以外は常にチャイが欲しい、旅行など長時間の移動があると必ずポットにチャイを入れて持参するか、車の電熱器でお湯を沸かしティーバッグのチャイを飲んでいます。
このSEMAVERはそんな夫の為に、と言うよりもそんな夫の為に一日中チャイを欠かすことなく沸かしている私の為に、夫の叔母さん夫婦が新居購入のお祝いにプレゼントしてくださったものです。
チャイの入れ方は普通のチャイダンルク(チャイ沸かし器)と同じ。

こちらが普通のチャイダンルク    

①まず上段のガラスポットの中にある茶漉しにチャイの葉っぱをいれ、湯沸かし器の上に乗せる。(この時葉っぱを流水で洗っておく)
②湯沸かし器のスイッチを入れてお湯を沸騰させる。(葉っぱを洗ったのはこの時によく蒸らすため)
③沸騰したらガラスポットに湯を入れ、湯沸しにも水を足して、あとは気長に
「TAVSAN KANLI(タヴシャンカンル=ウサギの血の色のような!)」きれいな色のチャイが出来上がるのを待ちます。
④出来上がったら用意したグラスに、まずはガラスポットの濃いチャイを入れ、そこへ湯沸かし器の蛇口から湯を好みに応じて足します。

お客様がいらした時など、早くチャイをお出ししたくてついついまだ十分出ていないチャイを出してしまいたくなります。でもトルコ人主婦はどんな時も慌てず待たせることも全然気にしない(ように見える)でチャイが充分demli(良く出た)になるのを待っています。私は待てなーい!ちなみにこういう慌て者のことを夫はよく、「7ヶ月(で生まれてきた)」と言います。
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの青空 | トップ | 5 kurus var mi(5クルシ... »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお! (けいこ)
2005-11-30 20:04:15
ビックリしました!模様替えしたんですね~~。チャイ、私は近くのお店で購入したんですがチャイダンルクが無くて普通のティーサーバーで飲んでいます。やっぱり買おうかな・・・。

味も全然違うし。

おお! すばやい (takoome)
2005-11-30 20:34:09
すばらしぃ、そちらも模様替え、クリスマスですなァ。

私、チャイポット買いましたがな・・・・、前回は横目でした。

買ったわええ、帰ってから1ヶ月は使ったか・・・・でも、家族の理解を得なかった。今は可愛そうに寝てる。

復活してあげたいけど、一人でお茶は・・・寂しいじゃない?

どちらかとゆうと、子供達の好きなのは「マサラチャイ」なの、
サンタさん (moshiho)
2005-11-30 22:54:32
なんかいきなり変わってる・・・

びっくりしたよ。



さて、変なコメントだと思うんだけど、

yukacanのおうちなんかきれいだね。

ぴかぴかじゃん。



で、私が今度イズミルに行ったら、

私にもそのチャイダンルックで濃いぃの入れてください。
へえ~! (turkuvaz)
2005-12-01 00:17:34
電気式のそんな今風サモワールもあるんですね~。知らなかった!

我が家はドリップコーヒー党なので、チャイは来客があるときだけ。それも時間がないときはネスカフェやドリップコーヒーの方に誘導してしまう(←悪いホストだねえ)ので、買い置きの茶葉も時間が経って香りが飛んでしまうほど。



ところで、ピカピカのチャイダンルックに小さく歪んで写ってるらしいのが、yukacanさんですか?(チャイダンルックって、どうしても映り込んじゃうんですよね~)
メリークリスマス! (zeynep)
2005-12-01 03:11:52
・・・というのにはまだ早かった。

テンプレートの変更、今回はyukacanさんのほうが早かったですね!

もうすぐ2006年なんだなぁ・・・。しみじみ。

 私も写真をみて、まず、なんてピカピカなお台所なんだろうって驚きました。主婦の鑑です!

 ところで、サモワール!私も結婚時にほしくてほしくて駄々をこねたけれど、却下されてしまいました。使いやすさはどうですか?浅田飴もチャイ党なのでお茶っ葉の減りが早くて大変です!
こんばんは (yukacan)
2005-12-01 05:36:27
けいこさん

体調はいかがですか?早く寝た成果があるといいですね。お大事に。私も日本にいた頃はトルコのチャイの味が恋しくてチャイの葉っぱを買ってきて飲んでいましたが、やっぱりこの2段式で蒸らして淹れないとあの味は出ないみたいですねえ。



takoomeさん

12月になったら変えようと思っていたのに、1日間違えました。でももう明日から師走なんですねえ。早いわー。日本にいたら今頃ボーナスとか年末調整で忙しいだろうなー。でもちょっと懐かしい。マサラティー美味しいですよね。私も大好きです。でもチャイも美味しい。チャイダンルク復活の日を待つ!



moshihoさん

ぴかぴかって、ただタイルとコンロだけじゃないですかあ。気のせいです。イズミルへ4人で来て下さいねー。「濃いぃ」の淹れさせていただきます!夫がシンガポール経由で日本へ帰る時にはmulayimさん、面倒見てくれるだろうかと言ってますのでよろしく。





turkuvazさん

買い置きの茶葉の香りがとんでしまう程、チャイは飲まないのですか。安売りをしているとつい買ってしまうので1キロ入りが3袋くらい合ってもいつの間にかなくなってしまうんですよ。このサモワールもキレチがすぐついちゃいます。



ところで、しーっ!です。写らないように色々な方向からカメラ構えたんですけど無理でした。そんな自分の姿を1人で笑っていました。



zeynepさん

これ写した時、スポットの明かりをつけてたから光っているように見えるのかなあ。でもこのファイアンス、不思議と汚れがつかないのよー。

サモワール、使いやすいですよ。でもトルコのキッチンはシンクが小さいでしょ。だから洗うのが少し面倒。私はシャワールームで洗ってます。

そう言えばtomurcukチャイはいかがでしたか?
セーフ! (musmula)
2005-12-01 06:03:48
yukacanさんとこのブログ見てよかったぁ。

チャイを火にかけたまますっかり忘れてました。



台所、おされ~。



家ところもサモワールあったけど、石灰であっという間に蛇口がガビガビになってしまった。

イズミルはそんなことないですか?

チャイダンルックの石灰を落す薬品があるけど、あれ、あんまり使いたくない。



チャイの葉っぱ洗うんですか・・・。

やっぱり洗ったほうがいいのかな?



チャイって待ちすぎると渋みが出るから、熱湯入れたらさっさと出しますよ。

トルコ人にとっては渋い方が良いのかもしれませんけど。
Unknown (musmula)
2005-12-01 06:13:52
付け足しごめんなさい。

イズミルでも石灰が直ぐに付くんですね。



紅茶は熱湯入れてさっさと出しても駄目やったんや・・・。
yukacanさんへ (ジョシュクン)
2005-12-01 10:43:18
その機械、とっても便利そう。



これで、タバコもチャイも我慢しなくていいね。よかったよかった。

こんにちは (yukacan)
2005-12-01 19:40:08
musmulaさん

随分遅い時間にチャイを淹れていたのですね。オットちゃんは夜更かしなのかしら?

チャイの葉っぱは茶漉しみたいなのに入れて水をさっとかけます。じかにチャイダンルクに入れる場合は少しだけ水を入れて蒸すから、目的としては「洗う」と言うよりも「蒸らす」為です。熱湯入れてすぐにサービスするとcig(生)だって言われます。確かに最低15分くらい我慢してからの方が香りもよいようですよ。うちは夫が一度沸かしたチャイで10杯くらい飲むので、一旦沸かしたあとはすぐに中のチャイ葉っぱを取り出します。そうすると結構長い間tazeを保つと、夫が薀蓄披露してました。

キレチチョズジュ、私もあれを使うといつも苦しくなります。超毒薬かも!気をつけようね!



ジョシュクンさん

これは見たことなかったでしょ?チャイダンルク持参でお邪魔しようかしら。

メフは、日本へチャイ1.5キロ、砂糖3キロ持って行く、と張り切っています。砂糖3キロって…。

コメントを投稿

関連するみんなの記事