喫茶・野菊

ゆるく書いています。

あまくち。

2017年06月16日 | 日記
時に、
親にきちんと躾けをされた子どもをみると
実に清々しく気持ちがいいものだ。

きちんと躾けのされた子どもは
「子どもらしさ」という宝刀を
そう簡単に見せない。

集団のなかにおいても
さっと空気を読んで、
黙る時は黙り、
話すタイミングをわきまえている。

突然何かわけのわからないことを言い出して
大人を困らせたり、
教室の静寂をつんざくような発言はしない。

「子どもらしく」振る舞う前に
「他人様に迷惑をかけない」という
躾けが行き届いているのだ。

大人は毎日忙しく働いて、
子どもに向き合えない時もある。

けれど
躾けができていれば、
子どもは寂しがることはない。

「せめて親に迷惑をかけないようにしよう」と
小さな頃からの躾けが進化し
自分を律するようになる。




自由は無料ではないし
その辺から湧いてくるものではない。
まして家のなかにころんと落ちているものでもない。

誰にでも該当するチャリティなものではないのだ。

自由は

働いたあとの対価として
与えられるものなのだと
躾けのひとつとしておしえてあげよう。

イクメンだ何だと騒ぐ時代。
「しつけ」という言葉は
とっくの昔にお亡くなりになったようだ。

こういうことをいうと
子どもがかわいそうだとか
大日本帝国主義かと揶揄されるが、

躾けの入ってない子どもの行く末たるや。

私は生まれつき不謹慎なので
子どもを犬に例えるが
躾けの入ってない犬は悲惨極まりない。

手に負えなくなって
ジモティーに出したりされる。

自分の子どもを甘やかすのは
「自分の家でやってくれ、見てるのも不快だ!」と言ったのは
私の友人である。

「あの母親、子どもが大人になるってことを忘れてるんでしょ」と
吐き捨てるように私は返した。

「やだねぇ」
「やだよぉ」

子どもに甘口カレーばかり食べさせていると
大人になって
「こんなの辛くて食べられない」とか言い出しますよ。

「じゃあ、喰うな」

いっけんらくちゃく~♪









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何度目かの大津波。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む