チャッチのお散歩

いろいろ歩いた足跡を残していこう!

あの藤園はそうだったのかぁ(*'▽')

2017-04-29 23:40:15 | ぽてぽて

2日に渡って訪れた、嘉定紫藤園。

実は、1997年に岡山県和気町の藤本町長さんが藤の苗を寄贈して作られた藤園だそうな。

日本の品種らしきことが書いてあるなぁっと思っていたが、そういう事だったのね~

参考記事: http://j.people.com.cn/n/2015/0817/c94474-8937042.html

 

25日のことなんですが、ダンナが早く帰って来てくれたので外ご飯

どこにしよーかなぁ~っと色々考えてたら、雨が降ってきた

帰ることを考えると近場でいいかぁ~ってことで、駅上モールの≪SALE&PEPE≫ディナー

行く前に大衆ネットを見ていたら、今だと浦東店は大衆ネット経由の支払いで1割引になるし

生ハム盛合せ、サーモンマリネ、フォアグラリゾット、鶏グリルと結構ガッツリオーダーして、

白ワインで頂きます

料理が良いと、お酒も進む。グラスが空いてワインを注ごうとボトルを探すも、ボトルはどこ?

きょろきょろ探すと、あった!

遠いよ…

店員さんは忙しくて気が付いてもらえなかったので、暫くはグラスが空くとカウンターの中のBOYにグラスを指さして合図して注いでもらってました(^^;

もうちょっと傍に置いてもらえれば、自分でサーブできたのになぁ~

お蔭(?)で飲み過ぎずに済んだからまぁイイか

 

※大衆ネット支払いの割引率は、時期によって変更されているようです。

4/29現在の浦東店の割引率は、3連休だからでしょうか、5%でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友達を襲った不幸m(_ _)m

2017-04-28 21:52:48 | ぽてぽて

4月24日、月曜日。

昨日に引き続き、今日は友人と藤のお花見

昼前に徐家匯で待ち合わせて、お昼を食べてから閔行区にある古藤園に向かう。

どうやって行くかと言いますと、

地下鉄1号線で南の終点駅「莘庄」まで行き、そこから5号線に乗り換えて終点の1つ手前の駅「文井路」下車。

喉が渇いたと、友人が駅でコンビニの在処を問うと「そんなものは無い」との答えが返ってきた(^^;

そうだろうねぇ~

駅の周りは、工場っぽい建物しか見当たらない、とっても見晴らしの良いこんな場所なので…

この道を川沿いまで歩き、川に沿って歩いて行くと古藤園が現れる。

入園料は無料、さっそく門をくぐる。

きれいに整えられたこじんまりとした庭園。

さてさて、藤は何処かなぁ~っと藤棚を見ると…

あれ?なんかさっぱりとしてますけど(;・∀・)

そんなはずはない!っと園内を1周してみるも、藤棚はここしかなく

坊主よ、坊主(;・∀・)

藤は何処にいっちゃったのよ???

これでは友人に申し訳ない

昨日行った嘉定の藤園は藤てんこ盛りだったのよ

これでは、ダメだ、嘉定に行くべきだ!是非行こう!っと、友人を連れて元来た道を引き返す。

そして、5号線→1号線→11号線と乗り継いで嘉定紫藤園へ

コチラは、昨日と変わらず満開の藤が迎えてくれた。

コレよ~これこれ!

と鼻息が荒い私に比べて、友人のテンションはイマイチ…

そうだよねぇ。まさかの藤園ハシゴ…

それも上海の両極にある遠方の地

それが、どんな旅かというとー

良く分かんないかもしれないけど、直線距離でざっくり43.5km。ほぼフルマラソンのコースね(^^;

電車で32駅、乗車時間約2時間…更にバスにゆられ~(ーー;)

帰りもすっかり遅くなっちゃったし

往復で総移動時間4時間超…

藤見せたさに、後先考えずに引っ張っていっちゃってすみませんでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘉定紫藤園へ花散歩(^^♪

2017-04-26 21:27:23 | ぽてぽて

 

4月23日、お天気が良い日曜日

実は明日、友人と藤を見に行くことにしておりまして~

どうやら嘉定区 嘉定紫藤園(藤の種類が多い)、閔行区 古藤園(470年以上の歴史がある)が見頃らしい。

この2箇所はどちらも中心からの遠さ加減はどっこいどっこいなんですが(^^;

比べると20分ほど近い閔行区 古藤園に行くことになっておりまして~

 

が、地図を見ていると

嘉定にある藤園は、濠に囲まれた旧城郭にあるよう。

良く見ると、孔子廟や老街まである。

こっちも行ってみたいなぁ~っと思いながら、ダンナが起きてくるのを待っていると、11頃に布団から出てきた

では、行っちゃいますかね

 

支度をしてまずはお腹を満たしに東昌路の西安麺屋へ。

私:番茄鶏蛋麺+油潑(18元)、ダンナ:bianbian麺(22元)を平らげ、

 

地下鉄2号線→11号線で嘉定西駅まで28駅(約1時間)移動。

 

駅前から出るバス嘉定11路に乗り込み8停留所目の「博楽路金沙路」で下車。

バス停を降りて、横断歩道を渡れば紫藤園に到着です。

入場料は無料。

ここからでも藤の良い香りが漂ってきてる

入園すると、わぁー藤も凄いけど、人も凄い(^^;

しかし、藤の回廊に近づくと見事以外の何物でもない光景が待っていた

※写真提供はダンナ

藤の天井絨毯が続く回廊をゆっくりと歩いて行く。

一番綺麗だったのは、種類の違う藤のグラデーション(*´▽`*)

人も蜂もみんな藤の花の虜です

綺麗だった~

23日16時現在の入園者数は、約47600人な~り。

--

藤園を離れ、孔廟に時間ぎりぎりで滑り込み入場。

コチラも入園料無料、17時まで公開(入館時間は16:30迄)

廟の中に上海中国科拳博物館があって、結構しっかりした展示がされてました。

孔廟を観終って、南大街を通り洲橋老街に向かう。

小さな水郷の老街。

街並みは、特に特徴なく普通に商店街になっているけど、塔と橋があるだけで風情がある。

このまま北大街を進み、北北西に進路を取って、地下鉄11号線の北の終点、嘉定北駅から乗車して帰ってきた。

 

地下鉄11号線は、花橋方面は安亭まで。

嘉定北方面は、馬陸までしかいったことがなかった。

地下鉄の線路沿いは、今では高層マンションをバンバン建てており、新しい街へと変貌している中、

嘉定西駅から向かった、城中路x塔城路エリアはちょっと蘇州に似た街並みで、緑が多く、史跡も残ってる土地。

久々に楽しい週末散歩ができました

 

◆◆嘉定北駅◆◆

嘉定北駅周辺は、綺麗な駅前モールを含み日月光を中心に街の開発が進んでいます。

But、まだゴースト状態です(^^;

駅前の日月光中心は7月10日OPEN予定と書かれていました。

駅周辺に住む人はまだ少なそうでしたが、嘉定北駅の利用客はそれなりにいて、始発でもかなり席が埋まってました

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快点儿好嗎(ーー;)

2017-04-26 17:28:51 | ぽてぽて

4月22日の土曜日。

お天気も良く、絶好のゴルフ日和の中、優勝してご機嫌なダンナと仲間たちに混じって夕食へ。

遅かったので、ラーメンでも~っと浦電路を撈山路に向かう曲がり角。

浦西から移ってきた≪照ノ谷≫が目に入り、今日はここを開拓してみるかと入店。

店内は、カウンター席と2名掛机が3、4席あるだけの小さな店舗。

もちろん、メインメニューはチャンコだが、最近ちょっと暖かいからね(^^;

  

チャンコはパスして、単品をアレコレ頼んで待つことしばらく…

店には我々の他に顧客は無く、厨房2名、お運び1名体制。

なのにハイボールがなかなか出て来ない…

慢性的に寝不足&今日は3時起きでゴルフの人々は「帰ろうか?」と言い出す始末。

まぁまぁ、とナダメテ乾杯をし、単品を待つが、料理が出てくるのも遅い。

これはまずいっと思い、焼きそばや餃子など〆料理もツマミと合わせて注文。

 

確か頼んだのは、

サラダ、ポテトフライ、葱明太子玉子焼き、鶏から、エビマヨ、餃子2枚、焼きそば。

これが出てくる間に、ハイボールを4杯/人飲んじゃった(^^;

決してガブ飲みしてたわけではなく、時間がもたないのよ…

最後に、味噌汁6杯と、細巻物(沢庵、梅、納豆)を頼んだら、これがまた出てこない(-_-)

待ち疲れて寝てしまう人がでてしまったよ(^^;

 

ちょっとひどいなぁ。。

西であんなに長くお店やっていたんだから、回せないわけでもなかろうにと思い、

「オーナーってたまにはココに来るんですか?」とお運びさんに聞くと、厨房にいた女性に声を掛けた。

そう、厨房にいた彼女がこの店のオーナーさんで、浦西店オーナーの奥さんの妹さんなんだそうな。

親方は、日本に帰っちゃったんですかね?

 

帰り際に、「1人で来るときは定食がありますよ」っと定食押しだったのが、また謎で(ーー;)

1人でのんびりしに来るにはいいかもしれんが、このスピードだと宴会はキツイっす

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔はなかった場所へ(^-^)

2017-04-24 22:00:06 | ぽてぽて

4月21日、金曜日。

日本から上海に遊びに来た友人と、むか~し良く行った豫園の麻紐屋さん前で待ち合わせて白昼デート☆

レンタル自転車のオレンジと黄色を借りて、豫園を突っ切り、中華路周回中に方向が分からなくなり(^^;

多少遠回りしながら向かったのは、建国東路10号の≪麟籠坊≫。

葱油拌面、海苔錦糸スープ、全家福小籠包、鮮肉蟹粉小籠包、ビール2本を2名でペロり(^^♪

食べた~!

食後のお散歩に、新天地の上海博物館ショップなど見ながら花園飯店まで。

そこから、また自転車をレンタルして、巨鹿路を静安寺まで

喉が渇いたので、ReelのCafeでお茶

どこか行きたいとこない?と聞いても特になさそうなので、

本が見たいとの一言で、取り敢えずReelの本屋さんをのぞいて

その後、地下鉄7号線に乗って錦綉路にある浦東図書館へご案内。

図書カードが無くても館内に入れるので、一般図書エリアを適当に見て回る。

電車で老西門まで戻って、そこでお別れ。

 

上海生活が長かった彼女、上海を違った角度で、違った交通手段で少しは楽しんでもらえたかな?

上海でも日本でも2人だけでお話ししたことなかったから、貴重な白昼デートでした☆

残りの日も楽しんでいってねぇ~

 

☆☆こんなところにKUMA CAFE☆☆

友人と別れた後、買物目的で馬当路を歩いていたら≪KUMA CAFE≫を見つけた!

いつOPENしたんだろ?!

SHOPに売っているケーキが可愛いんですけど( *´艸`)

プリンのクマモンカップが欲しいけど58元/個…

手を出せませんでした

参考までにMENUはこちらでーす→

コメント
この記事をはてなブックマークに追加