ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

走り回る鍼灸師・ハリ天狗を操るマネージャーの日々奮戦

「フランス人は10着しか服を持たない」ジェニファー・L・スコット著 読了しました♪

2017年04月15日 | 
今まで「欧米人」として、
西洋の方をフランス人もアメリカ人も一括りにして認識していた
ハリマネでした(笑)。

この作者がアメリカの女性であり、学生時代にパリに留学をして
そのフランスの魅力に魅せられ、、、
そんな感想が書かれているお話で、
まさしく認識を新たにさせてもらいました。


読んでいて大まかに感じたのは、
アメリカ人は大雑把でガサツで賑やかで。
フランス人は上品で格調高く誇り高い。。
この作者はそんなフランスの「シック」な装いと心がけに
とても惹かれたんだなぁと。

与えられたものに満足し、どれだけ手を加えて楽しむか、
普段、家にいる時ですらキチンと過ごすことの気持ちの良さ。
自分を知り、どうしたら輝く自分でいられるかを工夫する感覚。
質素、というのともまた違ったフランス人の日常を
紹介してくれてありました。

憧れるぅ〜ψ(`∇´)ψ

私たちもこういった上品で格調高い(高級な、という意味ではありません)
日常。
繁雑にならず、選び抜かれたものだけと暮らす、
スッキリとしたスマートな日常を送れたら幸せだなぁと
心から思いました。

無理かなぁ(^◇^;)

でも「無理」って思っちゃったら最後だからなー
がんばってみよう!!


ただね、「シックに生きるにはミステリアスな部分が必要で、
自分をさらけ出さずに秘密な感じにしておく方が魅力的に見える」
って指南があったけど、、、
コレばっかりは。。。私には無理〜(爆)





「ハリ天狗の日々奮戦」はこちら -->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お花見漬け♪ | トップ | 宮古島ミーハー応援記☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL