悩みは同じ境遇の人を助ける為にある

自分が悩んでいたことで、克服したことなどを書くブログ!

薬との付き合い①

2018-01-15 00:16:37 | 健康、アレルギーなど
私は薬が大好きだ
でも大嫌いでもある



薬とのエピソードは
いくつもある


夜な夜な考えが止まらないので書くことにした。

今は薬はたまには使うかもしれないけど
基本的には嫌いという立場かな?


そもそも薬を絶対神と思っていた理由について


私が10代の時は
薬は大好きだった


薬さえ飲めば何でも治ると思っていたからだ

そして謎の健康意識の高さ
美意識の高さ
実験好き、探究心が旺盛なことから

薬にハマっていった。

薬物じゃないよ。市販の薬ね。笑



薬を飲むシチュエーションといえば
困っている時だ
何かに悩んでいる時だ


特に私は謎の美意識の高さから

肌荒れが許せなかった。
美意識とか関係なく思春期の肌荒れは嫌だよね。


薬局に行って
肌に効きそうなサプリメントは
買っては飲みを繰り返した。
いろんなサプリメントを飲んだ。
ニキビは治ったり治らなかったりだった。笑



化粧品も山ほど試した。

ダイエットも沢山した。

健康食品も沢山試した。

薬に頼るのは悩んでたから
楽していいとこ取りしたかったから

そんな欲望まみれの私は
薬と相性が良かった


そして、自分の体を使って
人体実験が好きだった。


これを飲んだら綺麗になるかな?
とか
これを食べたら痩せるかな?

とか
期待や希望があるから
サプリメントや薬を飲むことは
楽しい事だった。


今でも物は選ぶけど
ビタミン剤とかは飲むけどね。



そこから私の謎の歪んだ
探究心が始まった。




でもね、闇を知るから光も知れる
じゃないけど

薬の泥沼に片足突っ込んだからこそ
今こうして正しい知識や正しい探究心
が見えたと思う。

悩んだからこそ
答えは見つけられたし
日々模索中だけど、
結果や答えが導かれた時の
達成感はすごく気持ちが良い。


そして
なぜか色んな泥沼に片足を突っ込むけど

帰ってこれないほど
抜けられなくならないのが
私の特徴でもある。

なんでかわからないけど
本当に危険な道は歩かないように
守られているのだ。


そして
薬を取り巻くのには

性格だったり
家庭環境だったり
色んなことが複雑に絡んでくる

人生体験そのものだけどな。






私が1番最初にランクの高い薬に手を出したのは

男性ホルモンを抑える薬だ。

なんか女なのにとか笑えるけど。笑


当時の私は偏った思考になりがちで
若い特有の視野が狭い
知識の幅が狭すぎる

どっかから情報をつなぎ合わせた結果


男性ホルモンが多いから
ニキビが出来るんだ!


と謎の方程式を理解し
盲信していた。

ある意味間違いではないけど

自分の中の血液を調べたわけじゃないし
毛深くもない
むしろ女性らしい体つきだ

でもその時の私は

自分の身体の中の男性ホルモンが悪いんだ!

男性ホルモンを駆逐せよ!
とばかりに躍起になっていた。笑


豆乳ブームあったり
プエラリアとかの食品も食べてたなー


今思うと
ホルモンバランスの乱れだと思うけど


昔の私はおバカさんなので
そんなの知りもしない
というか

自分が信じたらゴー!!
みたいな性格だった



個人輸入で手に入れた


母親が海外から来た小包を見て
何これ?
と怪訝そうにしていたのを今でも
覚えている。笑



初めての個人輸入
薬って本当に海外から来るんだ
という経験した。


とは言え飲むのは緊張した

医者の処方ではない


個人が勝手に飲んでいるのだ
市販薬ではないものを

だから
これを飲んで私がどうなろうと
誰も保証はしてくれない

何故かそれだけは
高校生の私でも理解できた。





飲んで見た。


結果は
特に変化なしだった。笑


私はガッカリした。


男性ホルモンさえいなくなれば
肌は綺麗になると思っていたから

むしろ
男性ホルモン抑制してるのに
効かないなら
最初から分泌量は正常かそれ以下だったのかもしれない



とりあえず第1段目の
投薬実験は
失敗に終わった。

でも楽しかった。


個人輸入のサイトを見るのが
とても楽しかった。

色んな薬がある。

病院に行かなくても
欲しい薬が買えるんだもん


それから
先に言うと

プレマリンクリーム
ハイドロキノン
レチノール
ゼニカル
名前忘れたけど頭が良くなる薬!笑

多分忘れてるだけで他にも
飲んでたのかな?
色々試した。



まぁ人の悩みは
ビジネスになること

人の欲望や
悩みに漬け込む商売は
めちゃくちゃ儲かるなと思った


自分の意思でやってるから
あれだけど
今思うとすげー散財してるんだよ。


もしかして
この世の中には
たった一つの
健康法とか
美容法があるにも関わらず


それを教えたら
ビジネスにならなくなるから

誰も教えてくれないのかとも思った


話はそれたけど
これが始まり。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« レプティリアから学ぶ個人思想 | トップ | 楽しい人体実験 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。