アトムの子のスピリチュアリズム日記/埼玉シルバーバーチ読書会感想

     
      この地上人生を生きる目的は、『霊界』という本来の世界へ帰るための準備期間です。

『迷える霊との対話』(5月の読書会より)

2017年06月13日 19時14分57秒 | 日記

続き…

 今回の学習で、特に大きな罪を犯している人間でなくとも、簡単に「地縛霊」なってしまうことが分かりました。地上への思いが強い人、盲信的に宗教にしがみついて生きてきた人や、物質中心に生きてきた人ほどそうなってしまいます。地上人生を真面目に一生懸命生きることは、立派なことかもしれません。真面目に生きてきたことで、亡くなってから「死の自覚」が多少なりとも早まるかもしれません。しかし、死後の世界の知識がないということは、それだけで多くの無駄な時間を霊界で費やすことになってしまいます。

 「死」は決して悲しみではありません。本来の場所に帰るだけです。寂しく感じるのは、残された(地上人)こちら側の気持ちです。私たちスピリチュアリストであっても、すべての「死」に対して素直に喜べるかと言われれば、どうしても個人差があります。ただ「霊的知識」を手にしているので、一般の人たちよりは遥かに早く立ち直れるはずです(それだけでも大きなこと)。ただ問題なのは、亡くなった大切な人が道に迷わないかということです。少しでも早く「幽界」にたどり着けるのか、それとも地上に一番近い下層界で「地縛霊」になってしまうのか…。
 どうか、、、少しでも早く「幽界」に行けるよう、死んだあとは「自分を守護してきた人」、または先に亡くなった「自分のお母さんや家族」の言葉を信じてついていって欲しいと思います。守護霊や先に亡くなった愛する人は、決してあなたを不幸にはしません。生前に正しい「死後の世界」の知識を持つことはもちろん大切ですが、(万が一)間に合わず霊界入りしたとしても、地上で作り上げたものに執着せず、また進むべき道を間違わないように、最初に出会った守護霊や愛する家族の言葉を信じてしっかり手をつないで、その先に向かって行って欲しいと思います。

 これから紹介する本『迷える霊との対話』は、1861年~1945年、米国の精神科医である「ウィックランド・カール・A」の30余年に渡る膨大な治療の記録を著したものです。異常行動で医学の手に負えなくなった精神病患者を、霊媒である自分の妻を使い、霊(スピリット)と交信しながら治療していきました。精神病を発症する原因のほとんどが、死後「地縛霊」となった低級霊による憑依だということが分かっています。死後の世界への知識がないことが、死んでなお地上人を苦しめることになろうとは誰も想像しなかったことです。

それでは、『迷える霊との対話』の一部を抜粋していきたいと思います。


★最初のスピリットは、トルコ領事を務めたこともある「ドクターピーブルズ」。彼は60年に渡ってスピリチュアリズム普及に尽くしてきた人物で、99歳で他界した。
「死ぬ時はうれしいくらいでした。霊界入りして、私は大変な栄光と幸せと美しさを見出して、本当にうれしく思いました。地上にいた時から、霊界についての一通りの理解はありましたが、実際に見た美しさはとても言葉では表現できません。霊的理解力が目覚めた人にとって、その美しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。
 私は、地上時代はスピリチュアリズムをずっと信じていましたが、それでも、あるドグマにしがみついておりました。キリスト教から完全に脱け切っていなかったのです。
 どうか、この地上界が小学校に過ぎないことを知ってください大学ではありません。高等学校でもありません。生命についての基礎を学習するところに過ぎません。その小学校でロクに勉強しない者が、大勢いるのです」(13章 誤った再生思想に囚われているスピッリト)

輪廻転生の説で世界的に有名なマダム・ブラバツキー女史の話。彼女は霊能者で『神智学の教祖』で、多くの芸術家たちにインスピレーションを与えただけでなく、その後のニューエイジ思想やオカルティズムへの影響も大きかったと言われている。その誤った考えに気づいた彼女のメッセージです。
「私は、なぜもっとこうした霊界とのつながりについて説かなかったのか、なぜもっと深く勉強しなかったかと、残念に思われてなりません。その事実については知っていたのです。さまざまな霊現象を見ていたのです。今は、何もかも打ち明けますが、私はとにかく”リーダー”になりたかったのです」13章)

地球圏には、地上を去ったあとでも地上的波動から抜け切れずにいるスピリットが、地獄さながらの悲惨な境遇の中で、無益な生活を続けております。
 朝から晩まで讃美歌を歌い、神に祈ることばかりしている集団があります。一種の自己催眠にかかった状態で、はたから声をかけることすらできないほどです。
 別の集団へ行ってみると、そこには金の亡者が集まっています。朝から晩まで金を数えることばかりをしております。彼らにとっては金こそが神なのです。この者たちにも声はかけられません。
 さらには、地上で身を破滅させた者たちが集まっているところがあります。世を恨み、心が鬼と化して、仕返しをすることばかり考えております。愛と優しさはカケラもありません。その魂は、まるでドロ水に浸したスポンジのように、汚らわしい感情に満ち、愛も情も受けつけようとしません。うっかり近づいて神だの愛だの親切心だのを説こうものなら、唾を吐きかけられ、笑い飛ばされます」13章)

※地縛霊は、地上人に憑依して永遠と悪事を働くのです。

★ウィリアム・イェイツ霊(ウィックランド博士と一緒に活躍した人)
「今夜は、こうして皆さんと対座してお話ができることを、大変うれしく思います。それに何よりも、このサークルがずっと活動を続けておられることが有り難いです。招霊会(※)が開かれる時は必ず来ております。今夜も、勉強のために、大勢のスピッリトを連れてきております。そのにぎやかな情況をお見せしたいくらいです」14章 実在に目覚めたスピリットからの助言)

※読書会や、公開ヒーリングにも当てはまります。

「暗黒街の様相は、実際に見ていただくほかありません。(略)自殺者ばかりが集まってる境涯(きょうがい)、狂信者が通う協会ばかりが立ち並ぶ境涯、スラム街、拝金主義者ばかりの街などなど、それはそれは凄絶(せいぜつ)をきわめております。しかし、その事実自体も問題ですが、もっと問題なのは、そうした境涯のスピリットの出す波動が、地上の類似した人間の波動と合致(憑依)して、生活を破綻に追いやっている現実です。(略)どんなに善人であっても、どんなにまじめな人生を送っていても、ただこれだけでは十分ではありません。死後の世界についての知識がないと、目覚めたあとしばらくは暗闇の中にいます。そのあと、いつ霊的覚醒が訪れるかは、その人が地上で培った霊性の程度(霊格)いかんによります」14章)

※憑依のことであり、特に地縛霊と波動が合ってしまう霊媒体質の人たちは、自分が特殊な体質ではないことをまず自覚する必要があります。霊媒体質は、特別な体質でも他人に自慢できることでもありません。生きずらい体質であっても、それはあくまでも「カルマ」であり、なにより霊に関心を持たないことが重要です。

★Mr.ルートの出現(ウィックランド博士の除霊治療サークルの指導霊)
「この地上に生きているうちに、地上生活のことだけでなく、死後の世界について勉強しておくべきです。聖職者になりたいとか、医者になりたいとか、弁護士になりたいと思えば、誰しもその道の勉強をしなくてはなりません。それと同じで、こうして生きている自分とは何なのかについて勉強するのが当たり前ではないでしょうか。
 死後のことは、死んでからではなく、この地上にいるうちに学んでおくことが大切です。そうすれば、肉体から離れた時に迷うことなく、あらかじめ用意されている場所に落ち着き、いつまでも地上の我が家をうろつきまわるようなことがなくて済みます。死後のことを知らないまま死んだ人の中には、すでに肉体がなくなっていることにまったく気がつかない人が意外に多いものです。そういう人は相変わらず地上の家族と一緒に暮らしているつもりでいます。そのうち家族の中の感受性の強い者に憑りついてしまいます」14章)



※参考資料;スピリチュアリズム普及会発行「ニューズレター39号」
      カール・A.ウィックランド(著)「迷える霊との対話」

※なお、これらの引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月の読書会に参加して… | トップ | 6月の読書会に参加して… »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。