Yuka's Kitchen

Cooking lifts your spirits
Let's cook with me !

新ホームページ用(英語版)写真撮影☆

2014-02-06 17:53:16 | Diary 日々のこと

皆さま、こんにちは☆

あっという間に2月ですね。

この1カ月は一年で一番寒いときではありますが

逆に一年で一番「希望」を持ち、「期待」をして乗り切るひと月でもありますよね。

春まであと少し・・・。楽しみですね^^

 

さて今日は、春まではまだまだ先が長いロシアから(春は5月)

一足早く、沖縄の春をお届けします(あれ?)♪

 

話は少し時間をさかのぼって、今年の年明けのことです。

沖縄は20度前後、1月といっても春の陽気でした。

かねてから英語版のホームページを作った方がいいよと友人達に言われていて

(今、ロシアで私の教えている生徒さん達は日本語版のホームページを

グーグル翻訳を使って見ているので・・・!申し訳ない!><)

生徒さんの数が増えるにつれ、その必要性をますます感じるようになり

また今後、外国人向けの日本食レッスンを継続していくことも視野に入れて

英語版ホームページ用の写真を撮ることにしました。

 

外国人向けになるので、場所は日本で、しかも日本らしい背景で

着物を着て撮る写真。

今までは友人に撮ってもらうことが多かった私のプロフィール写真ですが

今回は世界中の誰が見るかも分からないので、しっかりプロの方にお願いすることにしました。

 

※ 現在までに私の日本食レッスンを受講した生徒さん達の国籍は

アメリカ、アイルランド、アルゼンチン、イギリス、イラン、インド、インドネシア、

ウクライナ、オーストラリア、オランダ、カナダ、タイ、セルビア、

フィリピン、ブラジル、マレーシア、メキシコ、ロシア、韓国、中国など

思いつくだけで20か国を超えます(自分でも数えてみて驚き^^;)

 

そのプロのカメラマンとは仕事外でも大変お世話になっている、沖縄在住のBravoさん。

※ Bravoさんのブログはこちら。 http://photobra7.exblog.jp/

ツィッターアカウントは  さんです。

 

Bravoさんとは写真をお願いする前から、仲良くというか、大変お世話になっていて^^

お会いしていく中で、この人ならきっと素敵な写真を撮ってくれる、と思ってお願いしました。

 

出来上がった写真は、どれもため息が出るほど素敵で。

ああ、写真とは芸術なんだな。。この一枚一枚が絵と同じ「作品」なんだと

改めて深く気づかさせて頂きました。

 

今日はその写真の一部を皆さまに大公開!!

というか、ホームページ用に使うもの以外にも、あまりに素敵な写真が多すぎて

このまま私一人でこの作品を抱えていくのが、申し訳なくすら思えて。

是非皆さんにもご一緒にBravoさんの素敵な「作品」をご鑑賞頂けたら、幸甚です。

 

まずはこちら。

現在FB、ツィッターのアイコンに使用している写真です。

器を持っている写真を撮ろうとしていたのですが、途中、Bravoさんが

レンズか光の調整をされている間、私はふと外を見ていて。

「その光景がいいから」と撮って下さった一枚です。

屋内から外を見る。その外の明るさがとても綺麗で大好きな一枚。

 

お次はこちら。

塀沿いに枝垂れていた緑。何かしら?と気になって、手に取ってみていたところ、

やはり「それいいね!」と撮って下さいました。

 

塀の色と着物の色、緑の色が本当に綺麗。

実は、撮影時に着る着物の色をずっと自分では決めきらなくて。

最終的にこの青い着物と紫がかったピンクの着物の二択にして

これはもう友人達に聞くしかないと、外国人友人達にFBにて

投票を行ってもらったところ、この青い着物が断トツの人気で決めた経緯があります^^

これも既に良い思い出・・・!

 

こちらはお庭を歩く私をBravoさんが中から撮影。

左手の緑は影になることで陰影がはっきりし、外の明るい緑との差がよりはっきりとして

美しく映ります。

構図の美しさ、さすがです。

そのとき一瞬の風景を一枚の写真に切り取る。

その一瞬はもう二度と戻らない一瞬。

写真家の仕事はその一瞬を常に待つものなのかしら。

鋭い感性、一瞬を逃さない目を写真家は持っている、そんな気がしました。

(料理家?もっとのーんびりしてますね^^;あははは・・)

 

 

そして悪戯っ子のBravoさんは、こっそりこんな一枚も!!!

(失礼!目上の方です!)

撮影の合間に襟を直しているのをしっかり撮られました^^;

このほかにも、そのまんま化粧を直している写真も撮られてました(爆笑)

でも、この写真、好きなのです。

気を抜いている感じがおかしいでしょう^^?

 

そしてこちらも大好きな写真。

Bravoさんが「ここに何かあるから開けてみて!!」とカメラを構えて。

それはもう知ってますよ~、炉が入ってるんでしょう?

ほおらーやっぱり~♪

と大喜びの写真です(笑)。。←私も子供。。

本当にうれしかったので、思いっきり笑ってますが、作り笑いではないので

見ていて私も嬉しくなる写真。

この後、しっかり灰を形づくるのにはまりました。

 

最後はこちら。

全身のプロフィール写真を撮っていたときの一枚ですが

写真を撮りながらBravoさんが言う言葉がツボにはまって

思いっきり笑いたくなった写真。

たぶん、この後、大口を開けて「あはははは」と笑っていたはずです(笑)

ここまで笑ってしまっているので、プロフィールにはまた別の

真面目な顔をしているバージョンを使用させて頂きますが

この写真も好きな一枚です。

 

女優さんやモデルさんでもない限り(そうだとしても)

誰もが自分にコンプレックスは持っていると思います。

私も同じ一人です。

自分の顔がもう少し丸くなかったらなあ・・とか、ロシア人を見るたびに

金髪碧眼っていいのに。。。とか。

自分の写真を見るたびに、少し残念な気持ちになったりもします。

 

でも今回の写真は違いました。

本当に嬉しかったし、今でもあの時の楽しい気持ちが続いています。

きっとそれは、撮ってくれた人の温かさだったり

撮ってくれた人と私の感性の近さだったり

そんなことが関係しているのかもしれません。

 

ホームページには、今回ご紹介していない写真も掲載します。

しっかり時間をかけて作りたい(しかも英語なので何度も添削が必要!)ので

お披露目にはまだ少し時間がかかると思いますが

どうぞ他の写真も楽しみになさって下さい。全部、ため息ものです!!

 

※ Bravoさんへの写真ご依頼はこちらです → photobra7@gmail.com

沖縄在住の方はもちろん、沖縄へご旅行の方、沖縄でご結婚式をあげられる方、
写真撮影をされるのなら、Bravoさんをとってもとってもお勧めします。
腕の良さは私が太鼓判を押します☆
 
※ 近々那覇で写真展も開かれるようです。詳細決まられたら
私もツィッターでご紹介しますね♪
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記ランキングに参加中です♪

クリックして頂くとランキングに反映され、大きな励みとなりますので
どうぞよろしくお願いいたします♡

 

記事に頂くコメントやランキングへのクリック、
皆さまの応援が、私の何よりの励みになっています。

心より日々の感謝をこめて・・・ありがとう!!

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄☆石垣牛焼肉 | トップ | メルマガ第17号『簡単☆美味し... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵 (Ten)
2014-02-06 21:03:46
先生、素敵

割烹着に着物姿
ザ・日本です。 私も着て写真を撮ってみたくなりました。
そして、たくさんの国の方々を一緒に参加したい!!
ありがとうございます☆ (水野佑香)
2014-02-06 21:26:02
Tenさん、ありがとうございます^^
まさにその「The 日本」が欲しくて撮影して頂いたものです。
Tenさんもお着物似合うと思いますよ。是非チャレンジしてみて下さい♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人物撮影の仕事 (フォトブラセブン)
昨日、料理研究家・水野佑香さんへサイト制作用の写真を納品したら、さっそくその写真を使ってブログ記事にして下さいました。内容は撮影時の出来事とその時感じたことをうまくまとめて伝えて下さっています。写真家として嬉しい言葉ばかり並んで恐縮してしまいますが...