yukaの読書・音楽・旅行日記

好きな本や曲、旅先での出来事などを、マイペースで綴っていきます。

クアラルンプールの一件があったからでしょうか

2017-07-18 | 日記

 5月に飛行機で伊勢に伺うために仙台空港へ来たら、保安手続ゲートの向こうに、本物のお巡りさん(ちゃんと制服着用)がいました。この空港は子供のころから使っていますが、お巡りさんが保安手続エリアにいるようになったのは、私が経験した限り、つい最近ですね。

 さて、我が国には空港を管轄している警察署(交番ではありません)が5つあります。

 警視庁東京空港警察署

 千葉県警成田国際空港警察署

 愛知県警中部空港警察署

 大阪府警関西空港警察署

 福岡県警福岡空港警察署

この看板のすぐ横で、警察官が台の上に立って睨みを利かせていました。

 看板のキャラクターは、“ふっけい君”と言います。こちら宮城県警は“みやぎくん”。ふっけい君看板を撮影したのは2014年ですが、この時は仙台空港の保安手続エリアに“警備員”はいても“警察官”はいなかったです。

 この5か所の空港は、色々な国からの飛行機が離着陸するし、利用者の数も多いので、普通の所轄署の交番では確かに対応がきついですね。英語が達者なお巡りさんも、かなり配置されているのでしょう。……知人の一人が航空関係の業種にいるので、クアラルンプール空港の一件は、背筋が寒くなりました。

 祈・航空安全!!順調運行!!

 たまに空港内部で、トランシーバーを持っている係員の方が、血相を変えて走り回っていることがあります。

「○○便で搭乗手続きをされた○○様!どちらへおいでですか?保安手続きを早く……」

9.11以降、ただでさえセキュリティに空港関係者は神経をすり減らしているのに……。このような飛行機関係の遅刻って、正直、迷惑なことこの上ないですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それ、なんてとんでもない罰... | トップ | お清め画像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事