yukaの読書・音楽・旅行日記

好きな本や曲、旅先での出来事などを、マイペースで綴っていきます。

やっぱり遠い熊野三山

2017-08-04 | 旅行

 この記事に刺激され、もし明日の朝、仙台駅から熊野三山方面へ出向くのなら、どれが一番早いルートなのかを調べてみました。到着地を、交通の便が一番いいと思われる(?)、熊野速玉大社(公式HP)に設定しました。

  仙台駅(6時36分発) → 東京行はやぶさ2号 → 東京駅(8時7分着・21分出発) → 京浜東北線 →

  浜松町駅(8時27分着・34分出発) → 東京モノレール → 羽田空港第1ビル(8時56分着)

  → 空港にて搭乗手続き → 10時25分発・日航215便南紀白浜空港行 → 11時40分に南紀白浜空港到着

  → 空港・白浜駅間連絡バス → 白浜駅(12時50分着・13時37分発) → 特急くろしお9号 →

  新宮駅(15時20分着) → 徒歩 → 熊野速玉大社(15時40分頃)

 現在の交通手段でも、移動だけでまるまる1日つぶれます!

 熊野三山を全て参拝しようと思ったら、最低でも3泊4日は見ないといけないですね。最初と最後の1日は、どうしても移動で費やされますが……。

 『名取ノ老女』に登場する媼は、どんな交通手段で東北地方と熊野を行き来していたことやら……。陸路だけでは相当な日数がかかりますし、海路を利用した場合、黒潮は流れが速いので、遭難のリスクが馬鹿になりません。ロシアから初めて帰国した漂流民・大黒屋光太夫も、伊勢から江戸へ行こうとしたところが、カムチャッカ半島よりさらに遠く、アリューシャン列島(!)まで流されています。それでも毎年参詣したという設定が凄いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地震・台風…… 続き | トップ | 伊雑宮(いざわのみや) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中部経由が楽 (ぬりかべ)
2017-08-05 11:16:57
仙台空港⇒中部国際空港…高速船⇒津港⇒JR津=特急南紀⇒新宮の方が楽かも?
特急南紀 (yuka)
2017-08-05 11:26:06
確か名古屋から新宮へむかう特急でしたね。そのルートもあるか!<熊野三山への交通機関

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。