yukaの読書・音楽・旅行日記

好きな本や曲、旅先での出来事などを、マイペースで綴っていきます。

それ、なんてとんでもない罰ゲームですか???

2017-07-18 | 昨今のニュースから……

 京都・祇園祭関係の記事を立て続けにアップしましたが、最近の心配事のひとつである、眞子内親王殿下の誤婚約について、率直に書きたいと思います。既に色々なHPで、小室圭なる人間の胡散臭さ等が取りざたされていますが……。速報を見て第一印象からして、

「この人、眞子内親王殿下とまるで釣り合わない」

と、思っていました。この記事を読んで、私の直感は誤りでなかったと確信しました。

 【下郎・小室圭を斬る】恐るべき性犯罪者、凶悪犯罪者の命式、創価の逆ハニトラ要因 無限拡散(伏見顕正の時を斬るブログより)

 私自身、自分の命式をこちらの管理人・伏見様に鑑定していただきまして……。結果メールを見て、あまりの的中ぶりに笑い転げました。こんな方の鑑定が『凶悪犯罪者並』だなんて!江の島の(以下自粛)と、早速ネットに流れていましたね。

 命式以前に、この誤婚約には突っ込みたいことがあります。

①過去の内親王・女王殿下の御降嫁とは、まるで相手が釣り合わない

 かつて、五摂家(鷹司家と近衛家)・大名関係者(岡山藩主池田家と薩摩藩主島津家)・出雲大社の社家・茶道の家元(この降嫁は嫁ぎ先のマルサ対応と、だらしない行動で評判の悪い内親王を片付ける、一挙両得の意味があったとか)、そして兄君の親友(ちゃんとした都庁職員)が降嫁のお相手でしたが、

 なんで筆頭宮家の大姫様が、実質的なフリーターへ嫁がなけらばならないんですか????眞子内親王殿下は、何と言っても将来の天皇陛下の長姉であらせられます。

②相手の家はかなりの因縁(しかも悪い方)もち←これは大事!

 父親と父方の祖父が、立て続けに自殺しているとか。

 それ、なんて横溝正史の作品ですか???

 この人の作品は『犬神家の一族』等が何度も映像化されていますが、私は生理的にだめです。出雲へも1億円以上の持参金を付けられているので、眞子内親王殿下は、それ以上の持参金を付けられてもおかしくありません。しかし、その相手が深刻な一族間のトラブル持ちなのは、正直いかがなものでしょうか。仮にも、そんな魔窟のような家へ降嫁されたら、大袈裟でなく眞子内親王殿下の生命が心配です。

 この誤婚約への感想は、題名の通りです!

 伏見様、末筆ながらリンクを快諾していただき感謝します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎮守の森や防風林 | トップ | それ、なんてとんでもない罰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

昨今のニュースから……」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。