yukaの読書・音楽・旅行日記

好きな本や曲、旅先での出来事などを、マイペースで綴っていきます。

宗像三女神

2017-07-13 | 神社とお寺

 福岡県の宗像大社と、広島県の安芸国一宮・厳島神社を筆頭に、日本各地に祀られている美人の三姉妹の神様です。御分社は、江の島弁天で有名な江島神社等……。

武蔵国一宮・大宮氷川神社の境内にも祀られています。

 厳島神社は、都が置かれていた畿内から九州へ行く道筋に鎮座していますね。住吉三神と併せて、特に瀬戸内海沿岸部に御分社があるのも自然な感じがします。あとは、上記の写真のように、須佐之男命が祀られた神社の摂社に祀られていたり……。この姉妹は、天照大御神・須佐之男命の誓約でお生まれになったので。須佐之男命の剣を天照大御神が噛み砕き、息を吐かれたら霧の中から三人の女の子が姿を現した、と……。

 さすがは遣唐使が安全を祈願した神様だと、個人的にいたく感心したのが、2014年の九州旅行時でした。帰りの飛行機が仙台空港の濃霧により、中部国際空港へ廻される可能性があると、チェックイン時に言われました。飛行機のダイヤの乱れで、翌日は出勤できない可能性があることを連絡し、福岡空港の出発ロビーでぼんやりしていたところ、横のテレビからこのようなセリフが聞こえました

「沖ノ島祭祀遺跡……」

 この記事に書いた通り、沖ノ島は宗像大社の境内地です。

「沖ノ島?!……もしかしたら、名古屋送りにならずに帰れるかもしれない!!」

あわてて撮影したテレビ画面

 目の前がパーッと明るくなったのを、今でも覚えています(笑)。この顕著な御印が示す通り、飛行機は15分遅れで無事に仙台空港へ着陸しました。職場では私の九州旅行中、

「仙台空港発着の飛行機が、霧でかなり欠航してるんだけど、無事に帰れるの?」

と、心配されていたそうです。着陸後、改めて職場へ無事に到着したことを知らせました。もちろん、翌日は出勤しました。羽田ならともかく、中部国際空港で降ろされたら新幹線乗継ですから。

 芸事の上達はもちろん、旅行(特に海外)の安全を祈願も、受け入れてくださると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都祇園祭・山鉾巡行の写真から | トップ | 私は反・一口頂戴族! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神社とお寺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。