yukaの読書・音楽・旅行日記

好きな本や曲、旅先での出来事などを、マイペースで綴っていきます。

常陸国一宮 鹿島神宮 2

2017-07-23 | 神社とお寺

カラフルな本殿!

 現在の本殿は、徳川幕府の二代目・秀忠が寄進した建物です。初代・家康が本殿として寄進した建物は、現在は奥宮となっています。

奥宮で参拝の順番を待っています

 下鴨神社の糺の森のように、こちらも素晴らしい鎮守の森が広がっています。歩くだけで、爽やかな気分になりますね。境内のあちこちに、『塚原朴伝(つかはらぼくでん)ロケ地』なる表示がありました。主人公は鹿島神宮の神官の家の出で、めっぽう強い剣客だったそうで。

 石の柵の中には……

 江戸時代によく作られた鯰絵に、こちらの御祭神様が登場されますが、セットで必ずと言っていいほど出てくるのがこちらの要石。311後の五所川原立佞武多でも、暴れる鯰を要石で抑えようとする、こちらの御祭神様の像が作成されました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常陸国一宮 鹿島神宮 | トップ | 常陸国一宮 鹿島神宮 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神社とお寺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。