yukaの読書・音楽・旅行日記

好きな本や曲、旅先での出来事などを、マイペースで綴っていきます。

龍の都!

2017-06-28 | 神社とお寺

 題名は福岡市博多湾の入り口を守る、志賀島にある志賀海神社の別名です。黄泉の国から戻った伊耶那岐命(イザナギノミコト)が、穢れを清めるために禊をしたところ、綿津見三神様が住吉三神様と共に生まれた場面が神話にあります。この神社は綿津見三神の総本社とされています。

参道から博多方面を見てみました。海の中道が見えます。

 博多湾を挟んで、住吉三神を祀った筑前国一宮・住吉神社が鎮座しています。志賀島は金印が発見された島であると同時に、元寇の戦場(蒙古塚が実際にあります)となったりと、大陸との関係でかなり大きな地位を占めています。この神社ももちろん、神功皇后と縁があります。

 神話に示された通り、御祓いと深い関係のある神様が祀られているので、鳥居の前にお清めの砂があります。もちろん、私も参拝前に砂で身を清めました。

愛用のデジカメで撮影。オーブが写っています。

こちらはスマートフォン

 海の傍なので、潮騒がよく聞こえる気持ちいい場所でした。志賀島自体が、福岡市のオアシスと言えるようなのんびりした雰囲気なので、機会があれば1日過ごしてみたいですね。

 福岡空港に着陸する飛行機は、海の中道真上を通過することが多いので、この神社も空の安全を護っているかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏越の大祓 | トップ | 住吉三神 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神社とお寺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。