ニッキ-通信 ~盲導犬ニッキ-のお母さんより~

盲導犬ニッキ-と私の日常。要援護者・障害者の防災について紹介します。

高額なインソールだが...

2017年05月18日 | 日記

高額なインソールだが

 伊豆高原で開催される盲導犬のワークショップの参加を断念したおかあさん。原因は膝の痛み。昨年の半月版の断裂?から卒業して膝の痛みは忘れていたのに、身体の方はしっかりと覚えていて、ちょっとした捻挫で又痛みが出現。しかし 前回と違うのは痛みの部分が広範囲になってきたこと。
 ああ このようにして 人は弱ってくるのかなと思っていたが、又 少し筒快復してきたように思える。
 一つは、膝に良いと言うサプリメントを取り始めたこととモウ一つは大枚をはたいて作ったインソールを使い始めたところ、膝が楽に動かせるようになってきたのだ。
 ねっかんも退いて腫れも引いた。

 ただし、午後、ジャネットのシャンプーを風呂場でした時、どうしても膝を床につくので、又少し痛んできた。
まだまだ、使いすぎは厳禁だ。

 さて、インソールだが、測定器に足を乗せた時、右脚は測定全面に力がかかっているのに、右脚は何箇所かに分散して過度に体重がかかっていて、それが原因で靴だこができていたらしい。
 90歳近いダンスのお仲間も使い始めていて、身体が楽になったとのこと。使い始めは筋肉痛がどこかに出てくるよと言われたけれど、それもほんの少しだけで、使い始めてたった一日で左足の土踏まずに自然と力がかかって
立ち居に変化を感じた次第。
 普通に作って貰うと10万円はするとのことでびっくりしたが、7万5千円ちょっと。
 たかがインソールである。随分高額棚とは思ったけれど、これで骨格と筋肉の正しいバランスが取れるなら、安いものだと思う。
されどインソールだ。
 おかあさんはそれ程外出は好きではないが、今はインソールの効果を試したくてジャネットと出かける毎日だ。
 そして 今日の昼間、雷雨にあってしまった。

 明日からは熱くなるとの天気予報。ジャネットとっては辛い季節がやってくる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思いがけないカーネーション | トップ | ほえる小型犬 制止しない飼い主 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む