ニッキ-通信 ~盲導犬ニッキ-のお母さんより~

盲導犬ニッキ-と私の日常。要援護者・障害者の防災について紹介します。

絶滅したのか 月見草

2017年08月05日 | 日記

絶滅したか月見草

平成の時代に入った頃までは確かに存在した月見草。記憶の中では黄色から薄いクリーム色の花色で存在感のある薫り高い花であった月見草。
 雑草であったのか、鉄道の線路沿いに夜咲く花であった。
 この花の存在を意外と知っている人が少なように思うが、理由は、夜 線路沿いなどで見かける花だったからだろうか。
 おかあさんは この月見草と青い色が実に清らかな露草が大好き。
 いずれの花も清らか過ぎて、この汚濁の世の中では生きてゆけないのかもしれない。

 おかあさんは 、今光り以外は知覚することができないが、色彩に関する記憶は、一切薄れてはゆかない。見知っていた友人や知人、又、俳優さんたちの顔は、もう ぼんやりしていて、自分の顔さえ分らないと思う。どこかで自分に出会っても知らん顔なんているのは悲しいけれど仕方ない。

 さて、唱歌に 月見草の花 がある。花と同じく歌詞も曲も美しい。
 ちょっと季節外れにはなるが、、12月2日に予定している我が家でのホームコンサートで歌おうと考えている。
 
号外
話は変るが、横浜の住宅地に住んでいるおかあさんは、 今日も又、うぐいすの鳴き声を聞いた。
 7月中旬に暑くなってから聞かなくなっていたが、このところの涼しさで、再び鳴いてくれる。完全に地域に留まっている。留鳥だ。毎年、同じ場所で鳴いているので同じ鳥なのだろうか。一度、お目にかかりたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャネットの4歳の誕生日です。 | トップ | 知らないのは罪 原爆忌 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事