ニッキ-通信 ~盲導犬ニッキ-のお母さんより~

盲導犬ニッキ-と私の日常。要援護者・障害者の防災について紹介します。

オペラ座の怪人

2017年05月26日 | 日記

 一昨日は演劇会へ。昨日はニュージカル 劇団四季のオペラ座の怪人を見に行ってきた。
 毎回で驚くことは舞台の演出だ。最初から最期まで音が大きい。
 歌も叫びも高温であった。
 ジャネットは思いのほかじっとしていて、恐れていたヒーの声も一切発せず。
 おかあさんの高温ではあんなにブウーイングを発したノンに、。
 プロの素晴らしい高温は許せるのか。
 今日、高い声で歌ったら、又 ヒーと言った。
 これを読んだ人はおかあさんの歌がひどいものだろうと想像するかも。
 さてどうでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ座の怪人

2017年05月26日 | 日記

 一昨日は演劇会へ。昨日はニュージカル 劇団四季のオペラ座の怪人を見に行ってきた。
 毎回で驚くことは舞台の演出だ。最初から最期まで音が大きい。
 歌も叫びも高温であった。
 ジャネットは思いのほかじっとしていて、恐れていたヒーの声も一切発せず。
 おかあさんの高温ではあんなにブウーイングを発したノンに、。
 プロの素晴らしい高温は許せるのか。
 今日、高い声で歌ったら、又 ヒーと言った。
 これを読んだ人はおかあさんの歌がひどいものだろうと想像するかも。
 さてどうでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高い音が出きっていないんじゃないのの指摘

2017年05月24日 | 日記

 今日、ジャネットはおかあさんの声楽のレッスンの最中に雄たけびをあげた。
 4曲歌ったうちの3曲に、2おくたーぶのソが出てくる。最初はヒーヒーというブーインングだったが、次第に興奮してきたのか雄たけびをあげた。
おかあさんは、今日は正確なソの音が出ないで苦しんだのだが、おかあさんの苦しみを考慮せずに、駄目押しをしているらしい。
 辞めなさいと言ったら叫ばなくなったが、横になっていた姿勢から座りなおして叫んでいたのだから、余程つらかったのかな。
 何しろ、ジャネットはコロラツーラの声の持ち主なのだから、おかあさんは 低姿勢になる。

 どのように歌えば、ジャネットからOKが出るのか。


 5月28日に、アカペラでトスティの「ラ セレナータ」、6月10日に グノーのアヴェマリアをやはりアカペラで歌うことにしている。アヴェマリアはニッキーの納骨四季の最期に歌ってあげたいので、練習してきた。

 今日は歌っているうちに 音程が下がってくるという欠点も指摘された。
 絶対音感の無い凡人のおかあさんは 全く気がついていなかった指摘。
 普段から家出歌うときは無伴奏だからね。
 要するに お風呂で鼻歌を歌っているのと大差ないのである。
 レッスンを受けるということは、こうして 悪い点を指摘されて伸びてゆくのだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほえる小型犬 制止しない飼い主

2017年05月20日 | 日記

ほえる小型犬 制止しない飼い主

 最近の街の中。小型県を連れて歩いている人が多い。
 と言ってもおかあさんは全盲なので実際に見ているわけではない。
 では どうして分るのかと言うと、あちらこしらで吠え立てられるからだ。
 それに応じてジャネットは無関心でいるので害は無いが、おかあさんは見えない分 精神衛生に悪影響を与えられる。
 犬が単独で歩いているわけは無いから、必ず飼い主がリードを引っ張っているわけだが、ほえた犬を制止したり、ほえないようにと声賭けをする声を殆ど聞いたことが無い。
 あまりにひどい時、おかあさんは立ち止まって犬のほうを凝視してつぶやく。
「何と躾 しつけの悪い犬だこと。可愛そうに」嫌味だと思うが、そう言いたくなる。
しつけはどうなっているのよ。その犬の家では犬が飼い主より頂点に立っているのだ。
 犬は飼い主を目の前にいる敵から守ろうとして、吼えるのだと聞いたことがある。
 しつけという字は身を美しくすると書く。
 少なくとも小さい声でほえてちょうだい。
 おかあさんをびっくりさせないように。
 小鳥も小型権も赤ちゃんもそうだけど 小さいのに やたら声が大きい。何か理由があるのかしら?

 トランプ大統領のようにツイッターは大声で言わなければ聞いてもらえないのかしら?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高額なインソールだが...

2017年05月18日 | 日記

高額なインソールだが

 伊豆高原で開催される盲導犬のワークショップの参加を断念したおかあさん。原因は膝の痛み。昨年の半月版の断裂?から卒業して膝の痛みは忘れていたのに、身体の方はしっかりと覚えていて、ちょっとした捻挫で又痛みが出現。しかし 前回と違うのは痛みの部分が広範囲になってきたこと。
 ああ このようにして 人は弱ってくるのかなと思っていたが、又 少し筒快復してきたように思える。
 一つは、膝に良いと言うサプリメントを取り始めたこととモウ一つは大枚をはたいて作ったインソールを使い始めたところ、膝が楽に動かせるようになってきたのだ。
 ねっかんも退いて腫れも引いた。

 ただし、午後、ジャネットのシャンプーを風呂場でした時、どうしても膝を床につくので、又少し痛んできた。
まだまだ、使いすぎは厳禁だ。

 さて、インソールだが、測定器に足を乗せた時、右脚は測定全面に力がかかっているのに、右脚は何箇所かに分散して過度に体重がかかっていて、それが原因で靴だこができていたらしい。
 90歳近いダンスのお仲間も使い始めていて、身体が楽になったとのこと。使い始めは筋肉痛がどこかに出てくるよと言われたけれど、それもほんの少しだけで、使い始めてたった一日で左足の土踏まずに自然と力がかかって
立ち居に変化を感じた次第。
 普通に作って貰うと10万円はするとのことでびっくりしたが、7万5千円ちょっと。
 たかがインソールである。随分高額棚とは思ったけれど、これで骨格と筋肉の正しいバランスが取れるなら、安いものだと思う。
されどインソールだ。
 おかあさんはそれ程外出は好きではないが、今はインソールの効果を試したくてジャネットと出かける毎日だ。
 そして 今日の昼間、雷雨にあってしまった。

 明日からは熱くなるとの天気予報。ジャネットとっては辛い季節がやってくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加