ニッキ-通信 ~盲導犬ニッキ-のお母さんより~

盲導犬ニッキ-と私の日常。要援護者・障害者の防災について紹介します。

春めいた午後の横浜にて

2017年02月26日 | 日記

春めいてきた日

横浜のホテルで昼食を食べた。若い友人の誕生日のお祝いだ。
 日曜日なので、家族連れやカップルでレストランは大勢の人で。それぞれが静かに食事をしている。大声で談笑することもなく、私達も落ち着いておいしいフレンチを賞味。
 駅に隣接しているホテルでは ウエディング姿の花嫁さんを何組か見かけたと同伴の彼女。まだ 彼女には恋人がいない。
 ちょっと酷だったかなと思ったが、今は新たな資格を得るために勉強すると明るい顔。そう 縁はいつか、必要な時にやってくる。焦っても仕方ないわ。

 ジャネットは出かける前に何度試みても排泄はないと言う。そんなことはないはずだが 頑固にしない。時間切れで排泄をしないままに外出。すると 
 帰りに敷いてあったシートがほんのり濡れている。おかあさんが恐れていたことだ。
 食後、ホテルのユニバーサル トイレに直行。
伊豆旅行では2回も部屋のユニバーサルトイレですんなり出来たので ホテルでもトライしたが、まるっきり駄目。
 仕方なく、外に出て静かな場所を探したら 、あっと言う間にするっとしてくれた。よくも 耐えられたこととあきれてしまった。

 
 段々とジャネットがどうしてほしいのかが 理解できるようになったが、排泄は 今田に 不可解。どうして したい筈なのに、しないと言って頑張るのだ?

ジャネットは 騒音がある場所では出来ないらしく、繁華街での排泄は難しい。
 ロボットではないから 仕方ないが、出着るだけ出崖にお願いします。

 ジャネットも3歳7ヶ月を超えて、動きに無駄が無くなり、良い盲導犬らしくなってきたと友人からお褒めを頂いた。おかあさんもそう思える。と言っても 駄目なときもあるけれど、これこそ ロボットじゃないのだから当たり前かもね。

 

 電車内でも おかあさんの足の会田にスッポリ納まって 静かにシットできるようになった。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者がどんどん増える

2017年02月16日 | 日記

今 最高齢の人は116歳ですって?

 世界の高齢者の年齢を見ていると 117歳の日本人がいた。しかし まだ 存命かどうかは分らないがやはり女性の方が断然覆い。
人類は120歳くらいまでは生きられるそうだからそれに匹敵するような方々は、本当に
人生を全うしたことになるのだろう。
女性では アメリカ人の名前が多く。

 今 日本には6万5千人を超える100歳以上の方がおられる。年齢を逆算してみると、彼らの生きてきた時代は決して豊かな時代ではなかったはず。
 それなのによくぞ ご無事でと感嘆の声をあげたくなる。
 先日 今の若者が高齢者になった時、日本人の寿命はもっと延びて 平均寿命は107歳くらいになるだろうと言っていた。。

 これは 本当に大変。一人の人が一生で使うお金の総額がどのくらいか、考えても分らないが、余程 副詞面で豊かにカバーしてくれないと、老いて物乞いをしなければならなくなるのではと恐ろしくなる。

 何でも適当がいいなと思う。
 先日遺言の中身を決定した子供のいないおかあさんは出着るだけ虐待児童のためにと思うが どこにどういう方法で支援できるのか分らない。
 
 もっと熟慮の必要ありだね。
 おかあさんは適当な所でこの世にお別れしたいな。さて 適当とはいくつくらいかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日遅れのバレンタイン チョコ

2017年02月15日 | 日記

一日遅れのバレンタイン チョコ

 日本のバレンタイン デー は 本末転倒で チョコレート業界の巧みな戦術に乗っかって踊らされているとの意見もある。

 硬く言うとそうだろうが、社交下手の日本人が、他と交わることが出着る一つの媒体がチョコレートだと考えると 満更 でもない。
 今では 自分へのごほうびとして 世の中には、チョコを購入する人も多い。今ではチョコレート売り場に男性が現われて、買ってゆく。
 こんな世相が当たり前になってきた。

 さて、義理チョコの世界ではほんの少しだが変化が出てきた。義理チョコを買うためのお金をユニセフに寄付をするとのことだ。会社全体をあわせると、100万円にもなるという。これは 女性だけではなく、貰う側の男性もホワイトデーのお返し文として寄付するのだ。。
 これは 素晴らしいアイデアだと思う。おかあさんも毎月ユニセフに寄付をしている。吟行からの自動引き落としだから、何のテマもいらずにちょっとした人助けが出来ている。
 チョコレートは手元にあると、疲れたときの疲労回復剤になるので、おかあさんは 冷蔵庫に入れてある。用意したのに 貰い手が無かったものはおかあさんの口に入る。
 ああ、もっと、高くて おいしいチョコにすればよかったわ と思うときもあるのだが。

 今日は 一日遅れのチョコを差し上げた。それから ジャネットと一書に 植物センターに出かけた。今 早咲きの玉縄桜が5部咲きだ。。色はクリスタル ピンク。もう 大木になっており、上品なたたずまいであった。。それから、梅林を覗いてみたら とってもいい匂いがした。梅もまだまだ 観賞できる。
 ジャネットはグッドでよく歩いてくれた。来た頃に比べたら、体力が増している。
 チョコレートを差し上げて、植物園への散歩を引き受けてくれたSさん。ありがとう。お陰で9000歩歩けました。
 人それぞれのバレンタイン デー。みんな どうしているのかしら?

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜もぼたん雪

2017年02月10日 | 日記

横浜に雪

 午前中は晴れていたが、出かける頃に黒くもが出現。西のほうから来襲の模様。風邪は雪を通過してきたような冷たい日田風邪だ。
 それから20分後の関内駅では既に霙が降っていた。
 これから行く社交ダンスの先生の新しいスタジオは地下道を通って行けば すぐ近くまで濡れずに行ける。おまけにいままでよりも近くなった
 場所は馬車道という横浜が150年以上前に多くの外人が闊歩した所だ。
 暖かくなって もう少し余裕が出てきたら ちょっとブラブラしてみたい所。
 隣のビルは有名なトンカツ屋さん。そして 徒歩2分の近くに生徒さんの一人のおすし屋さんがあるとのこと。知り合いのおすし屋さんなら安心して食べに行ける。早速行ってみよう。
 他にも色々あるだろう。これからが楽しみだ。。

洋光台に着いたら雪は降ったり止んだり。ぼたん雪だ。きれいに言うと 花びら雪 と表現するらしい。さして濡れることも無くクリニックへ寄る。待合室にナポリ民謡がかかっていて、男性歌手が随分ねばっこく歌っている。先生に聞いたら、先生と奥様がそれぞれ本を出版して、記念パーティをするが、その時 帰れソレントへかマイ ウエイを歌うので 景気づけに掛けているのだと言う。
 でも 具合の悪い患者さんには評判が悪いとの事。
 反対に 先生はいいご趣味です;ね と褒めてくれる患者さんもいるよですって。
でも 待合室にはテレビがあるので 高齢者には あまり聞こえないのではないだろうか。先生はカメラも趣味で 休みのたびに出かける海外で撮影した写真が沢山貼られている。

 今頃は 近くのカラオケに出かけて 歌の練習をしているとのこと。おかあさんは 誰でも歌うマイウエイより いたりあ語で 帰れ ソレントへ を歌うほうがインパクトがあっていいと奨めた。
 先生は まんざらでもなく 帰れ の方に決めようかなと言った。
 来月 横浜 ニューグランド ホテルのパーティの余興でで歌って 参列者を驚かせるのだそうだ。

 そうそう 先生 私は薬が切れたから来たのよ。先月の血液検査の結果はどうだったのでしょ。
結果は良好。この結果は薬をきちんと飲んだ上での結果なのだから きちんと飲んでください。はーい。
 ジャネットさんも先生にさよならを言って診察室を出た。

外へ出たら 雪は激しくなっていた。ジャネットは特急で橋って帰った。

横浜に雪

 午前中は晴れていたが、出かける頃に黒くもが出現。西のほうから来襲の模様。風邪は雪を通過してきたような冷たい日田風邪だ。
 それから20分後の関内駅では既に霙が降っていた。
 これから行く社交ダンスの先生の新しいスタジオは地下道を通って行けば すぐ近くまで濡れずに行ける。おまけにいままでよりも近くなった
 場所は馬車道という横浜が150年以上前に多くの外人が闊歩した所だ。
 暖かくなって もう少し余裕が出てきたら ちょっとブラブラしてみたい所。
 隣のビルは有名なトンカツ屋さん。そして 徒歩2分の近くに生徒さんの一人のおすし屋さんがあるとのこと。知り合いのおすし屋さんなら安心して食べに行ける。早速行ってみよう。
 他にも色々あるだろう。これからが楽しみだ。。

洋光台に着いたら雪は降ったり止んだり。ぼたん雪だ。きれいに言うと 花びら雪 と表現するらしい。さして濡れることも無くクリニックへ寄る。待合室にナポリ民謡がかかっていて、男性歌手が随分ねばっこく歌っている。先生に聞いたら、先生と奥様がそれぞれ本を出版して、記念パーティをするが、その時 帰れソレントへかマイ ウエイを歌うので 景気づけに掛けているのだと言う。
 でも 具合の悪い患者さんには評判が悪いとの事。
 反対に 先生はいいご趣味です;ね と褒めてくれる患者さんもいるよですって。
でも 待合室にはテレビがあるので 高齢者には あまり聞こえないのではないだろうか。先生はカメラも趣味で 休みのたびに出かける海外で撮影した写真が沢山貼られている。

 今頃は 近くのカラオケに出かけて 歌の練習をしているとのこと。おかあさんは 誰でも歌うマイウエイより いたりあ語で 帰れ ソレントへ を歌うほうがインパクトがあっていいと奨めた。
 先生は まんざらでもなく 帰れ の方に決めようかなと言った。
 来月 横浜 ニューグランド ホテルのパーティの余興でで歌って 参列者を驚かせるのだそうだ。

 そうそう 先生 私は薬が切れたから来たのよ。先月の血液検査の結果はどうだったのでしょ。
結果は良好。この結果は薬をきちんと飲んだ上での結果なのだから きちんと飲んでください。はーい。
 ジャネットさんも先生にさよならを言って診察室を出た。

外へ出たら 雪は激しくなっていた。ジャネットは特急で橋って帰った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立演芸場

2017年02月06日 | 日記

国立演芸場へ行く

 2月4日 一関に住んでいる盲導犬のユーザーと奥様とユーザーKさんと一緒に落語を聞きに行った。
 国立演芸場では、かって、端唄の発表会で舞台に上がったことがある。
 まだ志ん朝さんが存命の頃、「いくよ」餅を1時間以上も語って聴衆を泣き笑いさせたこともあった。
 この時の舞台は落語の真髄を聞かせてもらった感があり、いつまでも記憶に残っている。

 今回は
3頭の盲導犬と一緒だったので、大いに周りの方々をうならせたものだ。それに 2頭の黒ラブがいたのだから、珍しかったと思う。
 
 落語は独演会で無いので 一人ひとりの時間が短く やはり 物足りない。ウクレレ万段が笑わせてくれた。
 
 親が子供に向かって 「勉強しろ、それが子供の仕事だ。」と言ったら、子供は
「僕は仕事を家庭に持ち込まない。」と応えたのがおかしかった。
 これは ハーネスを外した盲導犬が、家の中でユーザーの命令することにちっとも従わないので 理由を聞いたら、もしかして
同じ答えが返ってくるかしら と想像して、更に笑えた。

 国立演芸場のチケット代金はとても安い。たった 2100円が一般。シルバー割引が1300円 障害割り儀引きは1370円であった。これは 税金から出ているのだから、大いに感謝しなければならない。

 5日の日曜日は 盲導犬ユーザーの会の新年会。
27等の盲導犬の勢ぞろいだ。まだまだ 盲導犬に向かって行って 挨拶をしようとするが、半年前に比べると、随分おとなしくなってきた。強い力でおかあさんを引っ張ることもしなくなってきている。
 やはり こうして 出かけてきて様子を見ると、パートナーの成長振りがよく分る。

以前は50頭近く集まったかな。年々、参加率が低下しているが、今回のワークショップはフードに関する講演であった。
 日ごろ大切なパートナーに食べさせているフードだけに、参加者の関心も強かった。
 5年前にペットフードの安全基準が法令化されて 厳しくなっているのとのこと。総合栄養だが 一部の療養食はそうではないものがあり、獣医師ととのコンタクトが必要だ。
 ジャネットは4ヶ月前から今のフードに落ち着いた。特に便通のリズムが毎日同じなので助かる。たとえ、日に3回しても苦にならない。

 2日間外出していたのですっかりと疲れたジャネット。今日は良く眠っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加