como siempre 遊人庵的日常

見たもの聞いたもの、日常の道楽などなどについて、思いつくままつらつら書いていくblogです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

彦根城をたずねて

2008-05-31 00:00:31 | Cafe de 大河
井伊様のお城拝見&花の生涯の跡をたずねる。  校外学習、今回は大ネタ企画「彦根城」。琵琶湖のほとりの名城に、大老・井伊直弼のあとを訪ねていってまいりました。 彦根城天守閣です。 彦根城は、彦根藩35万石井伊家の居城です。藩祖井伊直政いらい、譜代筆頭の大名として名を馳せた井伊家にふさわしい、すばらしいお城。  井伊直弼像です。地元では「開国の父」として尊敬されています。  大老・井伊直 . . . 本文を読む
コメント (8)

篤姫 第21話「妻の戦」

2008-05-26 22:03:16 | 過去作倉庫07~10
 皆さん、今週は、このドラマ始まって以来のことが起こりました。オープニングクレジットを見たときから激震が(ひとりで)走っていたのですが、そ、それは!  尚五郎の欠番!  先週、無理な出番を作って出すなとか、ちょっと休んでキャラ変えて出直せとか、キッツイことを突っ込んだせいかと、ちょっと悪いような気持ちになっちゃった。いや、寂しいとかじゃないんですがね。今週は、ほんと、前回以上に尚五郎お呼びでないし . . . 本文を読む
コメント (8)

篤姫 第20話「婚礼の夜」

2008-05-19 21:34:58 | 過去作倉庫07~10
「一橋慶喜様を将軍継嗣に」という重大なミッションを帯びて大奥入りした篤姫。夫になる家定にはなんで何も期待されないのか、疑問に思わないのが不自然だった先週までの展開でしたが、あっわかった!世界征服の野望を抱く島津斉彬の手によって送り込まれた篤姫が、真の将軍と出会うとき、姫の体に仕込まれた朱雀の神器がドビャアーッと発光して火柱が上がり、江戸城が炎上するのだな! …って某韓国ドラマと混同してはいけません . . . 本文を読む
コメント (19)

「篤姫」出直し学習会VOL14

2008-05-16 23:03:56 | Cafe de 大河
将軍継嗣問題とはなんだ!(2)  さて、前回の学習会で、英邁プリンス一橋慶喜を将軍にしよう!運動で盛り上がった外様の藩主連合と、水戸の徳川斉昭の同盟が、篤姫を大奥入りさせ、野望の実現に一歩前進したところまで見ました。  まだうら若い乙女の双肩に、こんなミッションを丸投げして背負わせた殿様たちもどうかと思われますが、実は、彼女を鉄砲玉にするくらい、大奥工作というのは大変だったんですね。  というの . . . 本文を読む
コメント (9)

篤姫 第19話「大奥入城」

2008-05-12 21:07:59 | 過去作倉庫07~10
 先週のラストから登場したミステリアスな美女・大奥御年寄「滝山」ですが、学習会の調べもの中「鉄砲百人組の伊賀組与力の娘で、文政5(1822)年、16歳で大奥の侍女にあがり…」とあるのを見ました。  なので年を計算すると50歳です。50歳ー!!ありえねえ!…とも言い切れないのが厚化粧の稲森いずみが漂わす凄み、というか妖気。しかも彼女は服部半蔵の流れを汲む伊賀の者であったのか。どうりで…。  いままで . . . 本文を読む
コメント (12)

「篤姫」出直し学習会VOL13

2008-05-09 22:29:30 | Cafe de 大河
将軍継嗣問題とはなんだ!(1)  幕末の混乱をますます混乱させた「将軍継嗣問題」は、単に「慶喜と慶福(よしとみ=のちの家茂)、お世継ぎ候補はどっちがいいだろう~」、という二択の問題じゃなくて、実にいろいろのものが絡まりついています。ズルズル、ベッタリとしたさまざまのしがらみを逐一点検していくと、浮かび上がるのは、人の欲。露骨な権力欲。  ということで、どうもあんまり楽しい話題じゃないですが、こ . . . 本文を読む
コメント (2)

篤姫 第18話「斉彬の密命」

2008-05-05 21:14:54 | 過去作倉庫07~10
 先週のラストは、大地震と「おどぅぐがあぁぁぁぁ~~~っっっ!!!」という幾島の悲壮な絶叫で終わったのでしたが、今週、すべてスルーして薩摩屋敷の修繕かで始まったので、カクッと脱力しました。  いやー、地震ネタでもうちょっと引っ張れると思ったんだけどなー。っていうのは、この安政の地震って、下々の庶民からお大名まで均等に襲った天災ということで、幕末の世相とか、漠然とした不安感、もっと言えば終末観を、う . . . 本文を読む
コメント (16)