como siempre 遊人庵的日常

見たもの聞いたもの、日常の道楽などなどについて、思いつくままつらつら書いていくblogです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

風林火山 第30話「天下への道」

2007-07-31 00:09:47 | 過去作倉庫07~10
Story 信濃守護・小笠原長時を敗走させた晴信は、甲斐を一枚岩とするため、家臣たちに新たな誓いを述べる。越後の長尾家では、家督争いのすえ、景虎が兄・晴景から当主の座を譲り受ける。分裂し、諸勢力が乱立する越後で、国内統一の鍵を握るのは前越後守護の重臣・宇佐美定満だった。その頃勘助は紀州の根来寺に赴き、鉄砲百挺を買付ける。運搬に必要な港を借用するため、今川義元と寿桂尼を訪ねた勘助は、長尾景虎が関東管 . . . 本文を読む
コメント (2)

オープニング映像を解析してみる

2007-07-26 18:44:46 | Cafe de 大河
ドラマも後半になってきました。 このあたりで、いつも見慣れたオープニングの映像を、くわしく解析してみたいと思います。こまかく見ていくと意外な発見があったりするもの。では、いってみましょう。 1 「疾きこと風の如く 徐かなること林のごとく…」と内野聖陽の声でナレーション。乳白色の雲が流れる映像に、「其疾如風 其徐如林 侵略如火 不動如山」の墨書が現れる。 2 音楽が鳴り響きオープニング開始。 . . . 本文を読む
コメント (11)

風林火山 第29話「逆襲!武田軍」

2007-07-23 22:34:21 | 過去作倉庫07~10
Story 板垣・甘利の両雄を失った晴信は、上田原から撤退しようとせず、大井夫人の説得を受けてようやく兵を引く。両名の死は道を誤りかけた自分への諫死であると母に諭され、晴信は正気を取り戻す。武田軍の敗戦に勢いづいた諏訪の西方衆は反乱を起こし、高遠頼継が小笠原長時を頼って挙兵。武田軍も出陣するが、勘助は、あえて攻撃を控える作戦にでる。十分に敵をひきつけた上で、油断と暑さで緊張を切らすのを待った武田軍 . . . 本文を読む
コメント (11)

戦国の城とはいかなるものか?

2007-07-20 22:25:40 | Cafe de 大河
人は城 人は石垣人は堀 情けは味方 仇は敵なり  有名な武田信玄のスローガンでございます。第28回では、まだこの悟りにまで到底いたらぬ晴信が、若気の暴走のはてに家を支えた両雄・板垣信方と甘利虎泰の両老臣を死なせてしまうという痛恨の展開でした。 で、ここらでそろそろこの当時の「城」とはいかなるものであるかということを、学んでみたいと思います。  ドラマを見ていると目を引くのは、この時代の領主の城 . . . 本文を読む

風林火山 第28話「両雄死す」

2007-07-16 22:29:34 | 過去作倉庫07~10
Story 武田勢は信濃に出陣、村上義清も同時に挙兵して、上田原で合戦の火蓋が切って落とされる。板垣信方と甘利虎泰は先陣を切って、村上の本陣に迫る。その夜、甘利はひそかに陣幕を抜け出し、村上本陣に駆け込む。甘利の裏切りを知った晴信は激怒するが、勘助はこれが甘利の策だと見抜く。甘利は捨て身で村上の首を取ろうとするが、失敗し捕えられる。板垣は村上本陣に寡兵で突撃、双方総攻めの激突の隙に甘利は逃亡し、盟 . . . 本文を読む
コメント (5)

風林火山 第27話「最強の敵」

2007-07-09 22:42:29 | 過去作倉庫07~10
Story 晴信いよいよ村上義清討伐に乗り出した。勘助は思い上がった晴信を諫めようとするが、聞き入れられない。甲斐に潜入していた平蔵は、偽の出陣情報を持って信濃に向かうが、途上で襲われる。襲ったのは甘利虎泰の手の者だった。平蔵を通じて矢崎十吾郎に会った甘利は、村上義清に面談し、来る戦で村上に内応すると申し出る。年が明け、晴信は家臣を集め村上討伐を宣言する。しかも、今後は占領地を恩賞として家臣に与え . . . 本文を読む
コメント (4)

風林火山 第26回「苦い勝利」

2007-07-02 22:04:17 | 過去作倉庫07~10
Story 佐久・志賀城の笠原清繁が、関東管領の後ろ盾を受け、反武田の兵を挙げた。晴信は信濃先方衆に先鋒を命じ、相木市兵衛をつかって村上義清を調略して、志賀城を孤立させる。作戦から意図的に排除された勘助は、籠城を続ける志賀城に降伏を勧告するよう進言し、自ら使者を買って出るが、晴信は許さず、討ち取った援軍の首三千を並べて城内を威嚇するよう命じる。志賀城内は逆上し、抗戦に転じて、城主ともども総討ち死に . . . 本文を読む
コメント (2)