唯我独尊ブログ

富良野 唯我独尊のマスター・独鱒の日記

今は神戸

2017年05月20日 | 日記
イランカラプテェ。
「七番、ピンチヒッター宮田独鱒」 神戸そごうの北海道物産展にきています。
こんなに、予定が狂うのも記憶に無いくらい、来週は、札幌道庁前でイベントに参加の予定が、神戸そごうに来ています。 選手のアクシデントで選手交代、飛行機に飛び乗りました。
札幌の皆さん、申し訳ない。
メニューも特別 に考えて、頑張っていたのですが!! 神戸に来いと言う力が、強かったんですね。
梅田大丸では、私の釣り仲間、今井先生が「風.水.土」をやっていて、先生に会わせるためかな何てね、明日は、「山荷葉」でのイベントお誘い、今日は、「串の家」さんで、串頂きました。
初めて、今井先生と橋村さんに誘われドイツで待ち合わせお会いしたのがもう25年前、早いものです。
ヘルマンスドルフで世界の最先端のエコ農場、見てオーナーと話してきたのが夢のようです。 チェロ弾いてますか。
なんやかんや、神戸が いや「堂賀」安藤さんが笑顔で、蕎麦三杯出してくれた思いが強いのかな。
皆に感謝(イヤイライケレ)
はたして、ヒットは打てるのか? シタッケ 独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の催し案内

2017年05月14日 | 日記
イランカラプテェ。
富良野の桜も今日が散り時かな。あちこち、野山の花が先に咲き、庭の花はスイセン、チューリップなんかがさいてます。
となりの独尊からのチューリップとさくらんぼのはなです。
春の催しも最後になります。
神戸そごう
5月17日〜5月25日(火)まで
札幌道庁前
5月23日から26日まで
福岡岩田屋
5月31日〜6月5日 いずれもイートインです。
今人気の、日本初。味噌生ハムも登場。
お楽しみに。
イヤイライケレ 独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅前がふらの?

2017年05月11日 | 日記
イランカラプテェ
緑の無いところに、人や動物なは集わない。
そう思う。
農協の為の駅前開発、駅前センスなし役所にセンスはいらない、期待しても無理。
給料どるぼう。仕事評価システム、人べらし、働かんやつは市長にかつけなさい。
階段を大きな荷物持ち上がり下がりする、長期滞在者。何が、観光都市だ。美瑛、富良野広域観光素敵なポスター。
美瑛のほうが素敵。
富良野は、作らなければ、魅力。何、やってる。 市長、職員。
市民が給料払ってる。勘違いするな、市長に貰ってる訳か?
市職員上がりの市長は口ばかり旨い、市職員にはうけがいい。だって給料上げてくれた。
今までの、富良野を良くしようと全国、世界に発信してきたこと、やめるときかな。 今まで
イヤイライケレ 独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あいらぶ富良野

2017年05月11日 | 日記
イランカラプテェ。
2016"8月去年の台風は、「俺が何故ここに住んでいる。」の原点、布礼別川と、東大演習林の二股本流より下流に、大きな被害をもたらした。
国や道、市は「百年に一度」と言うらしい。
水害体験で床上浸水し、畑や池が流されたのが56年前、何が百年だ。 管理を任せる北海道はこの地区の管理は今まで何もせず自然を守る意味では機能してきた。ただ、ここで今までの、ツケが目を向いた。
滝里ダムに沈む農地の補填にこの布礼別川上流に国は約400haの原野や山林を農地に変えた。
市が先導し、土地取得に動いた、高原ゴルフ場。 無計画な森林伐採。
ダムの役割がどんどんなくなり、その後も短絡的に何も考えず、状況の変化に対応せず。
カワシンジュ貝も、殆どいなくなった。 町の近くの素晴らしい自然、宝物に気が付かぬ馬鹿な見にも来ない、北海道管理者、道議、市長、市議。 世界に通じる、富良野作りは、センスのない今の金しか見えない市長の将棋しか頭にないクリエイターマーケットを赤平に持って言った。
責任。市は恒枝を呼んで、追い出した。責任とれ。
道議も、何年もやればいい。のかな!!富良野オリジナルの絵をどう描けるかのセンス。 市長も道議も市議も、見にもこない。
市の財産、財産作りが判ってない。
道に、国に、被害届出してないのでは?
市道の林道格下げは議会に諮ったのか?
寂しい。こんな富良野は。
あいらぶ富良野。イヤアライケレ 独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

独尊の冷珈琲

2017年05月06日 | 日記
イランカラプテェ
北海道も昨日、一昨日と、暑かった!!北見なんと30度超え、ふらのも、27度。
街中の桜も一機に咲いてきました。
こんなとき、飲みたいのが、「レーコー」「冷珈」なのだ。
冷珈しっとる世代。アイスコーヒーは関東の言い方。
関西では皆「冷珈」。
ただ、それだけではない。
特に関西ではアイスコーヒー用豆にチコリが入れられていた。
アンデーブの根の乾燥したもの。
安く、増量材として使い儲けていた。
近年、原材料表示の為、チコリが姿を消した。
大手は手を引いた。
だから、当時の名前だけの、冷珈は飲めても、本物の「冷珈」は、飲めなくなった。
7年前から、この「幻の冷珈」をだしている。 日本で只一軒、世界でも、一軒かも知れない。
何も知らず、健康にも良い。「冷珈」を飲んでいる。
俺の話を聞かない、俺を輕んじる君達。
こんな、珈琲屋に言うと、ビル一軒建つ話し、皆に話せて気持ちいい。 世の中、オリジナルを、いかに創るか、それを、地域と結ぶ、ここで生活し、ここに来てもらえば、いい。 宮田塾生募集ハッハッハッ。やめた。 いつも、その真実、中身を知ろうとする姿勢、今のマスコミ、経済に流されない。
それを創る。
イヤイライケレ。 独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加