ユウ先生のお気楽日記

加賀市を中心に小松、能美、白山、金沢市で活動する税理士・行政書士です。税金対策や、創業・起業を目指す方を応援しています!

記帳の適時性

2017年05月18日 | Weblog
記帳の適時性とは何かご存知でしょうか?
商売の帳簿は、まとめていっぺんにではなく、その都度すべきというものです。

数年前に中小企業の決算書をつくるルールである、「中小企業の会計に関する基本要領」が制定され、国が準拠を推奨しています。その中の項目の一つが「記帳の適時性」です。

帳簿はまとめてではなく、その都度記帳集計で業績管理をするのが、経営の基本中の基本です。
また遡及しての会計伝票の加除修正は、不正の温床となる恐れもあります。

では、その「記帳の適時性」をどうやって証明するのか?

弊事務所ではすべてのお客様に、その証明として「記帳適時性証明書」をお付けしています。



これは第三者である(株)TKCが、記帳の適時性及び遡っての会計伝票の加除修正がないことを証明するものです。
もちろん、単純ミスの伝票は修正できます。その場合であってもその痕跡を残すシステムをあえて採用しています。

これにより、この「記帳適時性証明書」のついた決算書、申告書は、金融機関や税務当局から絶大な信頼を得ています。

ぜひ、皆さんの会社もTKCシステムによる月次決算をお勧めします!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iDeCoセミナー | トップ | ガス欠か? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。