湯原修一の歓喜悦慶,聊かの慷慨憂愁, etc.

いつとはなしに眠りにおち微風を禿頭に感じて目が覚める。
このような生活に変わったらブログが更新されないかもしれません。

◇ 傾いて見えた非常階段

2017年02月13日 13時40分52秒 | 日常・その他
昨日(11日)
熊本県立美術館分館で開催されている
「しんか展」を観に行きました。

知的障害があるひとの絵画展です。
チラシには「一部の作品を除き購入可能」の
旨が書かれてありました。

 「このような絵を描きたい」と思っても
 なかなか描くことができない欲しい絵が
 何点かあったので、事務局へ申し込んで
 みる予定です。


絵画展から自転車で帰っている途中で、
非常階段が傾いているマンションを見かけ
ました。

自転車に乗っていてチラットそのビルが
目に入ったとき、何だか不自然な感じが
したので、
わざわざUターンして確認しました。

そのマンション


違和感を覚える元は非常階段です。
全体的に少し右に傾いているのです。

はじめは、昨年4月の熊本地震でそうなった
のかと思いましたが、よくよく見てみると
傾いてはいないようでした。
錯視だったのです。

 ※現地で見たときは写真よりも
   もっと傾いて感じました。
   私だけがそう見えるのではないはずです。
   もし、私だけの問題でしたらドクターに
   診てもらわなければなりません。

 ※画像上の1階と最上階の位置に
   同じ長さのピンクの横線を書き
   加えています。
   横線の両端位置にある2つの棒
   (パイプ(?))を比べると
   同じ間隔(平行)であることがわかります。


以前、拙ブログに
「北岡明佳の錯視のページ」にあった
錯視の例を載せたことがありますが、
これだけ大きい実例を見たのは初めてです。

 幸せをもたらす(?)錯視<2015.3.29>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇ 尾岱沼で見た異形(イギョ... | トップ | ◇ 白い熊本城 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。