湯原修一の歓喜悦慶,聊かの慷慨憂愁, etc.

いつとはなしに眠りにおち微風を禿頭に感じて目が覚める。
このような生活に変わったらブログが更新されないかもしれません。

◇ 可愛い蜘蛛とカワイクナイ蜘蛛

2016年10月30日 12時17分35秒 | 日常・その他
   【クモ(蜘蛛)が苦手な方は画像に注意】

家でパソコンをいじっているとき、
周りをチョロチョロして邪魔する虫がいました。

  最近は毎日のように出没しています。

液晶ディスプレイにはり付いたクモ


キーボード上のクモ


  ピョンピョン跳んだり、
  すばしこい動きをします。

  ハエトリグモ(蠅捕蜘蛛)の一種だと思います。
  小さくて人間には害を及ぼさないので可愛いもんです。

Wikipediaには
 「ハエトリグモはクモ類最大の種数を抱え、
  5000種が知られる」と書かれていました。
写真のハエトリグモが何という種なのか、
調べるのを諦めました。

Wikipediaにはこのようにも書かれていました。
 「PCのモニタ画面上にいるハエトリグモの
  周囲でマウスポインタを動かすと、
  画面のマウスポインタを餌と誤認して
  狩猟態勢に入る」
今度ディスプレイにはり付いたときには、
おちょくってみることにします。



一方、こちらのほうは
勤務先の舎監室にいた
「アシダカグモ(足高蜘蛛)」です。

【カワイクナイのでクリック(拡大)注意】


やっとムカデが出なくなったと安心していたら
デカイ蜘蛛が棲みつきました。
近づくと慌てふためいたように
かなり早いスピードで動くので
方向を間違えて飛びかかってくるのではないかという
恐怖心があります。
(蜘蛛の方が人間を怖がっているはずですが ・・・)
カワイクアリマセン。

  今日は宿直勤務です。
  寝ている布団の上に落ちてくるのだけは
  勘弁してもらいたいところです。
  顔などに落ちてきたら卒倒するかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇ 火の国熊本のビール | トップ | ◇ 「世界勤倹デー」によせて »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。