湯原修一の歓喜悦慶,聊かの慷慨憂愁, etc.

いつとはなしに眠りにおち微風を禿頭に感じて目が覚める。
このような生活に変わったらブログが更新されないかもしれません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◇ 聴こえてこなくなったウグイス(鶯) の囀り

2017年04月21日 13時09分55秒 | 日常・その他
3月中旬頃から4月にかけて、
ときどき家の近くでも
ウグイス(鶯)の囀りが聞こえていました。

 ホーーーキョケコケキョ
 ホキョケコケ  とか

 ケキョケキョ ホーーキョケ
 ホーーキョケ ケキョ などと
 (私にはこのように聞こえました)

 上手くなろうと練習していたのでしょうが、
 聞き苦しいものでした。

  ※ちなみに、「ホーホケキョ」と囀るのは
    繁殖期間中(春から夏にかけて)の雄
    だけだそうです。
    雌への求愛や縄張りを宣言するための
    囀りといわれています。
   
囀りの指導者に恵まれなかったのか、
はたまた張り合いが出るような美しい鶯が
周りにいなかったからなのか、
今年の鶯は上達が遅いように思えました。

下手な鶯ばかりと馬鹿にしていたら、
パッタリと鳴き声さえ聞かれなくなりました。
拗ねて藪の中に引っ込んでしまった
のでしょうか?

 「ホーーーーー ホケキョ」という
 良く透る冴えた囀りを聴けるのは
 いつになることやら ・・・


---------------------
ギャラリー 065
         ウグイス(鶯)の絵
--------------------↓

    ライセンス: (パブリック・ドメイン)


 ■タイトル:梅鶯

 ・画家:土屋光逸 (風光礼讃)
      (Tsuchiya Koitsu)
 ・制作年:1940年


 ※理想の情景を描いたこのような絵がある
   ので私も昔は勘違いしていましたが、
   「梅に鶯」というのは、
   梅の枝にとまった鶯を表しているもの
   ではなく、
   春を代表する「梅の花」と「鶯の囀り」
   との調和した美しい組み合わせを
   意味しているものだそうです。

   ウチの梅の花に来るのは
   断然メジロが多いようです。
   梅の花の蜜を吸うメジロ <2017.3.6>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇ 回っている皿が少ない回転寿司 | トップ | ◇ ブルーインパルスのテスト飛行 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。